シラバス参照

科目名 心理学統計法(旧カリ名称:心理データ解析) 
担当者氏名

原田 知佳

全開講対象学科 人間学部人間学科
年次 2年次 
クラス  
講義学期 後期 
単位数
必選区分 選択科目 
学期・曜日・時限  
部門 専門教育部門-心理系 
備考  



準備学習・事後学習
参考図書などを利用して予習をしてくることが望ましい。また、授業で指定する課題をもとに、復習をしっかり行う必要がある。毎回,講義時間の2倍の自学自習をすること。 
課題・定期試験に対するフィードバック
履修上の留意
本講義は「データ解析入門」の発展科目に位置づけられているので、「データ解析入門」を履修して単位を取得していることが望ましい。統計学の基礎的な内容を理解している受講生を念頭に、データ解析の実習(SPSS、EXCELなど)を取り入れた授業を行う。また、授業資料や課題の提出はWebclassを利用する。 
授業の概要と目的
本科目はCP2およびDP2、DP3に位置する。
卒業研究でデータに基づく実証的な社会科学の研究を行うことができるよう,基本的な統計解析法とその理論を、講義と実習を通して学ぶ。実習では,主にSPSSを使用して,データ分析を行う。授業で扱う範囲のデータ解析ができるようになること,また,統計学の理論と方法の原理を(数学的に証明等はできなくとも)概念的に理解できるようになることを目指す。(科目ナンバリングコード:HH21110) 
該当するCP(カリキュラム・ポリシー)およびDP(ディプロマ・ポリシー)
実務経験と授業内容の関係
科目ナンバリングコード
サブタイトル
到達目標
1)基礎的な統計量を算出することができる。 2)授業で扱う範囲のデータ解析ができる 3)心理学の論文で用いられているデータ解析の意味を理解できる。 
授業計画
【項目欄】 【内容欄】
1. ガイダンス  講義の概要,心理学研究の特徴,基礎知識の確認 
2. 心理学研究法と測定  実証科学と統計の関係を理解する
統計の基礎知識の概説 
3. 仮説検定の考え方  有意性検定の考え方と手順を学ぶ 
4. 記述統計  代表値と散布度,度数分布表とヒストグラムの概念的理解,SPSSの基本的な使い方 
5. 相関  2変数間の関係を考える
相関係数,相関係数に関する検定 
6. 回帰分析  単回帰分析,重回帰分析 
7. カイ2乗検定(1)  質的変数に関する統計的検定,クロス表とカイ2乗検定
適合度の検定,独立性の検定 
8. カイ2乗検定(2)  SPSSによるカイ2乗検定の実際 
9. t検定(1)  等分散性の検定,2つの平均値の差の検定 
10. t検定(2)  対応のあるt検定 
11. 分散分析(1)  分散分析(1) 
12. 分散分析(2)  1要因分散分析の手法を理解する
主効果と多重比較 
13. 分散分析(3)  2要因分散分析,主効果と交互作用効果
SPSSによる分散分析の実際 
14. 多変量解析(1)  因子分析と主成分分析 
15. 多変量解析(2)  SPSSによる因子分析の実際 
テキスト
【書籍名】 【著者】 【出版社】
1. 授業プリントを配布するが、参考文献1は手元に持っておくことを薦める。     
参考文献
【書籍名】 【著者】 【出版社】
1. 本当にわかりやすいすごく大切なことが書いてあるごく初歩の統計の本  吉田寿夫  北大路書房・ISBN-13 : 978-4762821257 
2. 統計学が最強の学問である  西内啓  ダイヤモンド社・ISBN-13 : 978-4478022214 
3. よくわかる心理統計  山田剛史・村井潤一郎  ミネルヴァ書房・ISBN-13 : 978-4623039999 
4. SPSSとAmosによる心理・調査データ解析―因子分析・共分散構造分析まで  小塩真司  東京図書・ISBN-13 : 978-4489022913 
5. 心理統計学の基礎―統合的理解のために  南風原朝和  有斐閣アルマ・ISBN-13 : 978-4641121607 
授業方法の形式
講義と実習 
成績評価方法
授業への参加度(小課題および受講態度)50%,定期試験50%。
課題に対するフィードバックは授業内で解説、質問対応等を行う。3分の1以上欠席した場合は欠格とする。C(合格)となるためには、到達目標を最低限達成することが必要である。 
成績評価基準
受講生へのメッセージ
「統計」ときいて拒絶反応が出ないように、受講者全員がわかるまでゆっくり授業を進めていく予定です。統計は理論的背景が概念的に理解できれば面白い学問ですので、復習や課題にしっかり取り組んでください。つまずいたままにしてしまうと授業についていけなくなってしまうことが予想されるため、わからないところはわからないままにせずに、積極的に質問してください。予習・復習が必須の授業ですので、単位習得だけを目的とする人にはお勧めしません。 
参考URL
画像
ファイル
更新日時 2021/01/30 14:38


PAGE TOP