シラバス参照

科目名 発達心理学 
担当者氏名

原田 知佳

全開講対象学科 人間学部人間学科
年次 1年次 
クラス  
講義学期 前期 
単位数
必選区分 選択科目 
学期・曜日・時限  
部門 専門教育部門-心理系 
備考  



準備学習・事後学習
各回の一つ前の授業の配布資料に目を通し、復習しておくこと。疑問に思ったことは自ら調べる癖をつけること。準備学習・事後学習として、参考文献や授業中に紹介する本を読むなど、講義時間の2倍の自学自習をすること。 
課題・定期試験に対するフィードバック
履修上の留意
普段から「発達」に関わるニュースに関心を持つこと。授業中の課題には積極的に取り組むこと。 
授業の概要と目的
本科目はCP2およびDP2、DP3に位置する。
人間は生まれたその時から周囲の人との関わりを持ち、大きく変化・成長していく生き物です。この授業では、そうした発達の様相を、乳児期から老年期まで各発達段階における発達課題および心理的特徴を見ていくことで読み解きます。また、社会性の発達や発達上の問題など、重要な心理的機能を取り上げて解説しながら、発達への支援を考察していきます。学校現場での実務経験を生かし、学校現場で重要となる発達心理学的知見の概説や、発達障害児への対応など、実践に関わる内容も積極的に取り入れていきます。(科目ナンバリングコード:HH11101) 
該当するCP(カリキュラム・ポリシー)およびDP(ディプロマ・ポリシー)
実務経験と授業内容の関係
科目ナンバリングコード
サブタイトル
到達目標
1)発達心理学の研究手法を理解し、説明できる。 2)発達心理学の理論や研究知見を理解し、説明できる。3)発達心理学の研究知見を日常生活と絡めて理解し、考察ができる。 
授業計画
【項目欄】 【内容欄】
1. 発達心理学とは  胎児から高齢者までの発達とは?発達をどのように研究するのか? 【古典的研究の問題点について議論し、理解を深める】 
2. 発達のしくみと様相(1)  発達に影響を与える要因は遺伝?それとも環境?文化の影響とは? 【研究で実際に用いられた課題を体験することで理解を深める】 
3. 発達のしくみと様相(2)  エリクソンの発達段階,フロイトの発達理論 【研究で実際に用いられた課題を体験することで理解を深める】 
4. 乳児の世界(1)  胎児期の特徴とは?乳児の世界の主要な出来事とは何か? 
5. 乳児の世界(2)  赤ちゃんはなぜ微笑む?情動によるコミュニケーション、共同注意の重要性 【研究で実際に用いられた課題を体験することで理解を深める】 
6. 言葉と認識による世界の構築(1)  幼児期に入ると…?ピアジェの発達理論からみえる外界認知の特徴 
7. 言葉と認識による世界の構築(2)  発達の最近接領域とは?自閉症児は心の理論を持つのか? 
8. 自己の成長  自己の発達,幼児のつくウソとは? 【研究で実際に用いられた課題を体験することで理解を深める】 
9. 親子関係から仲間関係へ  愛着はどう形成される? 
10. 学校への移行と対人関係の広がり  9歳の壁?児童期・青年期に展開される対人関係の特徴 
11. 社会性の発達(1)  道徳性の発達,道徳性は理性的なもの?【研究で実際に用いられた課題を体験し、議論することで理解を深める】 
12. 社会性の発達(2)  社会性発達における古典的研究と最新の研究知見 
13. 発達上の問題(1)  発達障害(自閉スペクトラム症・ADHD・限局性学習症)とは? 
14. 発達上の問題(2)  発達障害の子どもへの対応 
15. まとめ  これまでの授業の総括 
テキスト
【書籍名】 【著者】 【出版社】
1. 授業中に資料を配布する。     
参考文献
【書籍名】 【著者】 【出版社】
1. 問いからはじめる発達心理学   坂上裕子・山口智子・林創・中間玲子  有斐閣ストゥディア・ISBN-13 : 978-4641150133 
2. 発達と教育  井上智義・山名裕子・林創  樹村房・ISBN-13 : 978-4883671991 
3. 他者とかかわる心の発達心理学  清水由紀・林創(編)  金子書房・ISBN-13 : 978-4760828319 
4. 発達心理学再入門  アラン・M・スレーター、ポール・C・クイン(編)加藤弘通・川田学・伊藤崇(監訳)  新曜社・ISBN-13 : 978-4788515215 
5. おさなごころを科学する  森口佑介  新曜社・ISBN-13 : 978-4788513747 
授業方法の形式
講義 
成績評価方法
授業への参加度(小課題および受講態度)20%,定期試験80%
※3分の1以上欠席した場合は欠格とする。C(合格)となるためには、到達目標を最低限達成することが必要である。 
成績評価基準
受講生へのメッセージ
単に講義を聞くだけではなく、自分自身や身近な人の発達を振り返ったり、日常事象と絡めて講義内容を理解できるよう、疑問に思ったことや考えたことは、大福帳(教員とやりとりをするための用紙)に積極的に記入してください。 
参考URL
画像
ファイル
更新日時 2021/01/30 14:32


PAGE TOP