シラバス参照

科目名 法哲学特殊研究1 
科目名(英字) Topics in Philosophy of Law Ⅰ 
担当者氏名

平井 亮輔

対象研究科・専攻 法学研究科法律学専攻博士後期課程 
講義学期 前期 
単位数



準備学習・事後学習
進捗に応じて次回の講読部分をよく読んで報告準備を行い(1時間程度)、講読と討論をふまえて法とは何かを自身の研究と関連づけて考えること(1時間程度)。 
授業の概要と目的
法哲学の主要問題領域のうち、主に法の一般理論に関する古典的著作の講読・討論を通じて、法の原理的理解を深め、受講者それぞれの専攻分野における法研究の理論的強化をはかる。取り上げる文献は受講者の関心も考慮して決定する。 
該当するCP(カリキュラム・ポリシー)およびDP(ディプロマ・ポリシー)
本授業はCP1、DP2に該当する。 
科目ナンバリングコード
該当なし 
到達目標
法に関する自身の基本的見方を構築し、自身の研究と関連づけて説明することができる。 
授業内容
番号 【項目欄】 【内容欄】
1. ガイダンス  講読文献を決定し、講義を進め方などについて説明する。 
2. 法理論文献講読1  文献の講読と討論を行う。 
3. 法理論文献講読2  文献の講読と討論を行う。 
4. 法理論文献講読3  文献の講読と討論を行う。 
5. 法理論文献講読4  文献の講読と討論を行う。 
6. 法理論文献講読5  文献の講読と討論を行う。 
7. 法理論文献講読6  文献の講読と討論を行う。 
8. 法理論文献講読7  文献の講読と討論を行う。 
9. 法理論文献講読8  文献の講読と討論を行う。 
10. 法理論文献講読9  文献の講読と討論を行う。 
11. 法理論文献講読10  文献の講読と討論を行う。 
12. 法理論文献講読11  文献の講読と討論を行う。 
13. 法理論文献講読12  文献の講読と討論を行う。 
14. 法理論文献講読13  文献の講読と討論を行う。 
15. 法理論文献講読14  文献の講読と討論を行う。 
その他(履修条件・関連科目など)
特になし。 
授業形態・方法
演習(講読と討論)形式で行う。 
成績評価方法
講読における担当部分の報告(60%)と討論での発言とその内容(40%)という平常点を総合して評価する。 
成績評価基準
C(合格)となるためには、到達目標を最低限達成することが必要である。 
テキスト
番号 【書籍名】 【著者】 【出版社】
1. 受講者と相談の上で決定する。     
参考資料文献等
番号 【書籍名】 【著者】 【出版社】
1. 適宜紹介する。     
参考URL
1. 特になし   
画像
ファイル
更新日付 2021/12/17 17:07


PAGE TOP