シラバス参照

科目名 基礎演習1 
担当者氏名

平井 亮輔

全開講対象学科 法学部法学科
年次 1年次 
クラス  
講義学期 前期 
単位数
必選区分 選択科目 
学期・曜日・時限  
部門 専門教育科目-演習部門 
備考 学生便覧に基づき全体として講義時間の2倍程度の事前・事後学習が必要です。 



準備学習・事後学習
テキストに即して予習と復習を行うこと。予習についてはテキストの次回部分をよく読んで自身の意見や疑問を携えて演習に臨むように努め、復習に際しては自分の法理解を問い続けること。毎回の予習と担当章の報告をもって課題とする。 
課題・定期試験に対するフィードバック
課題についての講評は授業中に行う。 
履修上の留意
演習は、講義とは異なり、各自が積極的な姿勢で参加することによって成立するものであるため、ひとりひとりが演習の主役であることに留意すること。 
授業の概要と目的
法学の入門書をテキストに用いて少人数で自由な討論を交わすことを通じて、法の基礎的な素養と思考法を身につけるとともに、自分の疑問や考えを相手に伝える、相手の意見に耳を傾け理解と自己反省に努めるといった対話の姿勢をはぐくむことをめざす。 
該当するCP(カリキュラム・ポリシー)およびDP(ディプロマ・ポリシー)
本授業はCP3およびDP1に該当する。 
実務経験と授業内容の関係
科目ナンバリングコード
LL11101 
サブタイトル
法と法学へのいざない 
到達目標
法の基礎的な知識と法の考え方を習得し、また自分なりの法のイメージをもち、それをきちんと説明できる。 
授業計画
【項目欄】 【内容欄】
1. はじめに(1)  ガイダンスとして演習のねらいと進め方を説明した上で、自己紹介、報告分担の決定などを行う。 
2. はじめに(2)  具体的な訴訟事件を題材にして、「法的に考えること(リーガル・マインド)」について考える。 
3. 法学入門を読む(1)  テキストについての担当者の報告と討論を行う。 
4. 法学入門を読む(2)  テキストについての担当者の報告と討論を行う。 
5. 法学入門を読む(3)  テキストについての担当者の報告と討論を行う。 
6. 法学入門を読む(4)  テキストについての担当者の報告と討論を行う。 
7. 法学入門を読む(5)  テキストについての担当者の報告と討論を行う。 
8. 法学入門を読む(6)  テキストについての担当者の報告と討論を行う。 
9. 法学入門を読む(7)  テキストについての担当者の報告と討論を行う。 
10. 法学入門を読む(8)  テキストについての担当者の報告と討論を行う。 
11. 法学入門を読む(9)  テキストについての担当者の報告と討論を行う。 
12. 法学入門を読む(10)  テキストについての担当者の報告と討論を行う。 
13. 法学入門を読む(11)  テキストについての担当者の報告と討論を行う。 
14. 法学入門を読む(12)  テキストについての担当者の報告と討論を行う。 
15. 法学入門を読む(13)  テキストについての担当者の報告と討論を行う。 
テキスト
【書籍名】 【著者】 【出版社】
1. 開講時に指示する。     
参考文献
【書籍名】 【著者】 【出版社】
1. 法律の学び方  青木人志  有斐閣 
2. 法学入門  田中成明  有斐閣 
授業方法の形式
演習 
成績評価方法
演習への出席を前提して、テキストの分担報告(60%)、討論における発言の積極性と発言内容(40%)を総合した平常点により評価する。平常点とは別にレポートや試験は行わない。 
成績評価基準
C(合格)となるためには、到達目標を最低限達成することが必要である。 
受講生へのメッセージ
楽しく、でもまじめに法を学びましょう。 
参考URL
1. 特になし   
画像
ファイル
更新日時 2022/02/17 13:17


PAGE TOP