シラバス参照

科目名 基幹ゼミナール 
担当者氏名

櫻井 龍彦

全開講対象学科 人間学部人間学科
年次 3年次 
クラス  
講義学期 後期 
単位数
必選区分 必修科目 
学期・曜日・時限  
部門 専門教育部門-ゼミナール 
備考  



準備学習・事後学習
予習的な取り組みとしては講読する文献の熟読や、報告が割り当てられた際にはその準備が、そして、復習的な取り組みとしては、毎回の授業における討論や指導などの内容を自分なりに整理し、理解しておくことが求められる。なお、毎回の授業に際して、ゼミの時間の半分の自学自習をすること。 
課題・定期試験に対するフィードバック
履修上の留意
基幹ゼミナールでは、最終的な課題として、卒業論文に向けた準備作業としてゼミナール論文を作成してもらう。他のゼミ生の研究報告も参考にしながら、どのようなテーマに取り組むかをよく考え、論文の作成に必要な資料やデータの収集にも早めに取りかかるように心がけること。 
授業の概要と目的
本科目はCP3およびDP1、DP2、DP3に位置する。各自の研究発表などを通して、卒業論文に向けた予備作業となるゼミナール論文を完成させることを目的とする。(科目ナンバリングコード:HH31601) 
該当するCP(カリキュラム・ポリシー)およびDP(ディプロマ・ポリシー)
実務経験と授業内容の関係
科目ナンバリングコード
サブタイトル
卒業論文の執筆に向けた基礎的な知識と技法の習得 
到達目標
1.卒業論文の基盤となるゼミナール論文を完成させる。



2.上記の目標を達成するのに必要な、資料の探索・収集・読解、他のゼミ生との討論、文章の作成などの作業を通して、主体的・創造的に学修する能力を身につける。 
授業計画
【項目欄】 【内容欄】
1. ガイダンス  全体の予定の確認とイントロダクション 
2. 各自の研究構想の発表(1)  各自の問題関心の確認と共有(1) 
3. 各自の研究構想の発表(2)  各自の問題関心の確認と共有(2) 
4. 各自の研究構想の発表(3)  各自の問題関心の確認と共有(3) 
5. 各自の研究構想の発表(4)  各自の問題関心の確認と共有(4) 
6. 各自の研究構想の発表(5)  各自の問題関心の確認と共有(5) 
7. 資料探索と整理について  研究に必要な資料探索と整理の技法についての解説 
8. ゼミナール論文・卒業論文の書式・形式について  ゼミナール論文・卒業論文で遵守すべき形式と書式についての解説 
9. 調査活動について  フィールド調査、インタビュー調査等の質的調査に関する注意点についての解説 
10. 文献講読(1)  ゼミナール論文に関連する文献の講読(1) 
11. 文献講読(2)  ゼミナール論文に関連する文献の講読(2) 
12. 文献講読(3)  ゼミナール論文に関連する文献の講読(3) 
13. 文献講読(4)  ゼミナール論文に関連する文献の講読(4) 
14. ゼミナール論文に向けた最終確認  進捗状況の確認と個別指導 
15. 全体のまとめ  全15回の振り返り 
テキスト
【書籍名】 【著者】 【出版社】
1. 各自の研究関心に合わせ、授業中に指示する。     
参考文献
【書籍名】 【著者】 【出版社】
1. 授業中に適宜紹介する。     
授業方法の形式
ゼミナール(対面授業) 
成績評価方法
平常点(報告内容50%)とゼミナール論文(50%)によって評価する。C(合格)となるためには、到達目標を最低限達成することが必要である。 
成績評価基準
受講生へのメッセージ
4年次に作成する卒業論文のことを常に意識し、何事にも主体的に、そして早めに取り組むことを忘れずに。 
参考URL
1. なし。   
画像
ファイル
更新日時 2021/01/30 14:33


PAGE TOP