シラバス参照

科目名 生命の多様性 
担当者氏名

山岸 健三

全開講対象学科 経営学部経営学科
経営学部国際経営学科
年次 1年次 
クラス  
講義学期 後期 
単位数
必選区分 選択必修科目 
学期・曜日・時限  
部門 教養教育部門-自然と生きる 
備考  



準備学習・事後学習
高校時代に「生物基礎」を履修しているはずですが,しばしば理解できない部分があるかと思います.高校の生物学の図説,ないしは図表を手に入れることができたら,それらを参考にしてください.また,この講義内容は前後で内容が関連しています.毎回,講義時間の2倍を目安に復習し,レポート形式にまとめておいてください.定期試験については,模範解答と講評をフィードバックする. 
課題・定期試験に対するフィードバック
履修上の留意
毎回講義資料をお渡ししますが,講義資料を受け取ると講義室から退出する学生が目立ちます.教養科目の目的は学生自身の知識と考え方を豊かにするためのものですから,退出したのでは何の役にも立ちません.期末試験では厳しく採点しますので,そのような学生は不合格になる可能性も高い.文系の学生にとって自然科学は苦手でしょうが,自分自身の教養を高めるためにも,ぜひ最後まで講義に付き合ってください. 
授業の概要と目的
本科目はDPの1に位置し,文系学部の学生を対象に自然科学,特に生物多様性の基礎的知識を身に付けていただくことを目的としています.この授業では,生物の多様性について講義を行い,生物の体のつくりや生活戦略,さらには生物間の相互関係をを理解していただくと共に,人類が生物多様性に大きな影響を与えていることについて考えてください.(科目ナンバリングコード:経営学科BB10302,国際経営学科BI10302) 
該当するCP(カリキュラム・ポリシー)およびDP(ディプロマ・ポリシー)
実務経験と授業内容の関係
科目ナンバリングコード
サブタイトル
生物多様性と日本の里山環境の理解,生物多様性の保全. 
到達目標
地球上には多様な生物が住んでいて,様々な生活をしていることを理解し,あらゆる生物に対して彼らの存在を尊重する心を持つ.里山の生物多様性は農業活動によって形成・維持されてきたことを理解し,里山環境の破壊や農業の衰退に対して問題意識を持つ. 
授業計画
【項目欄】 【内容欄】
1. 生物多様性とは何ぞや  皆さんは他人から「存在価値がない」と言われたら腹が立つでしょ.でも大部分の生物は,人間から「存在価値がない」と思われています.これは人間の身勝手です.あらゆる生物はその存在が尊重されなければなりません.これが生物多様性の出発点です. 
2. 性と生殖と種の多様性  生物には自分と同じものを複製できる能力(増殖力)がありますが,大部分の生物はオスとメスによって受精卵が作られ,親とは異なる子が生まれます.なぜ生物には性があるのか.どうして自己複製(クローン)ではいけないのか? これ以降の話題と関連しますのでしっかり復習をしておいてください. 
3. 遺伝的多様性と生物の種分化  皆さん1人1人が微妙に違いますが,これが遺伝的多様性で,個体変異です.遺伝的多様性が累積し,ある一線を越えると種が分かれていきます.地球上には何でこんなにたくさんの種類の生物がいるのでしょうか.これ以降の話題と関連しますのでしっかり復習をしておいてください. 
4. 生物の起源と進化  地球は40億年以上前に誕生しましたが,38億年前に生命も誕生したと推定されています.その後,様々な生物が誕生し,絶滅してゆきましたが,6億年前には現在我々が見ることができる生物の祖先がすべて誕生しています.主要な生物の起源と進化について解説します.これ以降の話題と関連しますのでしっかり復習をしておいてください. 
5. 花と蝶:敵対か共生か  植物は虫や動物に食われないように毒で防衛しています.一方,虫媒花は蜜で虫を呼び寄せて受粉を手伝わせています.植物と昆虫は敵対関係でもあり共生関係でもあるのです.生物はお互いにどこかでつながっているのです. 
6. 弱肉強食は正しいか?  生物の世界は食うか食われるかの戦いです.一般的にはトラやライオンなどの肉食獣が最強と思われていますが,実は獲物となる草食動物の個体数の増減によって肉食獣の個体数も増減します.見方によっては,弱肉強食の立場が逆になるのです. 
7. 哺乳類の改善とサルの進化  哺乳類は哺乳(母乳)と胎生(体内で赤ちゃんを育てる)を完成させ,恐竜が滅んだ後,爆発的に発展しました.森林環境に適応したサル(霊長類)の体制の改善点と,原猿類からゴリラやチンパンジーまで解説します.次回の話題と関連しますのでしっかり復習をしておいてください. 
8. 人類の進化と苦難の道  類人猿の中で森から草原に追い出された人類の祖先は食糧難など,幾多の苦難の道を歩むことになりました.狩猟生活を続けてきた人類は,火の使用と言葉の発達によって進歩し,世界中に広まっていきました.次回の話題と関連しますのでしっかり復習をしておいてください. 
9. 狩猟時代から農耕時代へ  人類は1万年前くらいから農耕を始め,爆発的に人口を増やし,自然を破壊し,生物の多様性までも激減させました.四大文明に象徴されるように,人類は農業と人口爆発により,あらゆる動植物を絶滅させましたが,やがて人類自身も崩壊しました.次回の話題と関連しますのでしっかり復習をしておいてください. 
10. 里山の生物多様性  農業は確かに自然破壊ですが,日本列島は雨の多い特殊な気候のため,農業によって新しい自然環境が形成されました.稲作を通して,人間が自然に手を加えることによって多様性の高い生態系「里山」が作られました.次回の話題と関連しますのでしっかり復習をしておいてください. 
11. 森の生物多様性  人々は炊飯用や暖房用に森林を伐採し「薪炭林」という里山を形成しました.薪炭林では草原・低木林・高木林といった多様な環境が用意されることで,副次的に草花の個体数が増加し,草や若葉を好む昆虫も個体数が増加し,多様度性が上昇した.次回の話題と関連しますのでしっかり復習をしておいてください. 
12. 落葉と地中の生物多様性  森林の中では生の植物だけが食物連鎖の出発点ではありません.林床にたまった落葉や朽木は新しい食物連鎖の出発点となり,菌類(キノコやカビの仲間)が落葉をおおい,ミミズや土壌性昆虫が増殖し,さらにそれらを食べる鳥や小動物など多様な生物が維持されているのです.次回の話題と関連しますのでしっかり復習をしておいてください. 
13. いなくなると生態系が崩壊する生物  ある1種類の生物を絶滅させてしまうと,食物連鎖に重大な影響が出て,生態系が崩壊することがあります.そのような生物をキーストーン種と呼びます.オオカミ,ラッコ,オオコウモリ類などがそれに当たります.では,日本の里山環境のキーストーン種は何者でしょうか? 
14. インベーダー,外来生物の脅威  ある生態系の中に,他の地域(外国)から新しい生物(外来生物)が持ち込まれることで,外来生物が爆発的に増えることがあります.その結果,在来生物が全滅することも少なくありません.人々の不注意が多様性に悪影響を与えてしまうのです.次回の話題と関連しますのでしっかり復習をしておいてください. 
15. 農業の衰退と生物多様性の崩壊  生物多様性の高い里山環境は農民の地道な活動によって維持されてきました.日本では農業が衰退してきたため,里山を維持する担い手が無くなり,その結果,生物多様性も激減しました.さらに都市の拡大により,農地そのものが消滅しつつあります. 
テキスト
【書籍名】 【著者】 【出版社】
1. 毎回プリントを配布します     
参考文献
【書籍名】 【著者】 【出版社】
1. 高校の生物学の図説(図表)    出版社を問いません 
2. 生態学から見た野生生物の保護と法律  日本自然保護協会  講談社 
3. 里山の自然をまもる  石井実,他  築地書館 
4. 脊椎動物の多様性と系統  松井正文,他  裳華房 
5. マクロ進化と全生物の系統分類  佐藤矩行,他  岩波書店 
授業方法の形式
講義 
成績評価方法
定期試験100% : 講義内容の理解度を問うと共に,里山環境の破壊や農業の衰退に対して問題意識を持っているかを問う.C(合格)となるためには,到達目標を最低限達成することが必要である.出席が講義回数の2/3に満たない場合には欠格とします. 
成績評価基準
受講生へのメッセージ
わずかこの50年の間に地球上のあらゆる地域に人類がはびこり,動植物が絶滅に追いやられています.日本においても,皆さんが知らないところで多くの生物種が消滅しつつあります.人類はこの先どこに向かうのでしょうか? 地球上の生物が人類と農作物と家畜だけになってしまったら,何が起こるか予測不可能ですが,6500万年前に起きた生物の大絶滅に匹敵する事件を人類が再現していることは確かです.私と一緒にこの問題を考えてみませんか. 
参考URL
画像
ファイル
更新日時 2021/01/21 18:33


PAGE TOP