シラバス参照

科目名 植物病理学 
担当者氏名

荒川 征夫

全開講対象学科 農学部生物資源学科
年次 2年次 
クラス A・B 
講義学期 後期 
単位数
必選区分 必修科目 
学期・曜日・時限  
部門 専門教育部門-専門教育科目群必修 
備考  



準備学習・事後学習
1年次開講の微生物学を復習した上で、上位年次開講の農業環境微生物学・農薬学・植物感染制御学等の応用的内容の理解に備えるようにする。配布プリントの穴埋め箇所を中心に、専門用語等を正確に理解・使用できるよう毎回、講義時間の2倍の自主学習をして下さい。 
課題・定期試験に対するフィードバック
本科目で過去実施した定期試験問題、あるいは国家・地方上級公務員(農学)で出題された試験問題を随時課題として提示し、授業進行内容に合わせそれらの解答のポイントを紹介・解説します。また定期試験終了後、希望者に対し、個別の解答に対する採点の概要を個別に解説するので、オフィスアワー等を利用して下さい。 
履修上の留意
受講に必要あるいは参考となる既習科目または関連科目として、微生物学、農業環境微生物学、農薬学、植物感染制御学があげられます。 
授業の概要と目的
微生物の感染が原因となる植物の様々な病気を題材に、微生物分類、発病に関わる植物-微生物間の相互作用(病原性と抵抗性)、病気の伝染の仕組みなどの理解を目標とする。 
アクティブ・ラーニング
特になし 
該当するCP(カリキュラム・ポリシー)およびDP(ディプロマ・ポリシー)
本科目はDP2生物保護、CP2に位置します。 
実務経験と授業内容の関係
特になし 
科目ナンバリングコード
AA21401 
サブタイトル
植物の病気の原因をつきとめ、発生や伝染経路を明らかにし、発病の仕組みを解明することで、病害の防除対策の糸口を掴む。 
到達目標
卒業後の関連分野(植物防疫官・農業試験場・病害虫防除所などの公務員、防除薬剤の製薬・流通会社、種苗会社、公設・私設の衛生検査機関、大学院等)で求められる専門知識や技術体系を総合的に深く学ぶ。 
授業計画
【項目欄】 【内容欄】
1. 植物病理学とは  植物病害の発生が人類史に与えた影響、現代の収穫における損失率等を概説したうえで、現代士社会における当該学問分野の意義・役割について説明(GAP関連項目) 
2. 植物の病気と原因  植物の病気の定義、病気の原因、病気の成立要因などについて解説(GAP関連項目) 
3. 感染と発病  病原体が植物に侵入し、栄養を取って生活できるようになるまでの過程・要因・条件等について解説 
4. 真核生物ドメイン(プロトゾア界・クロミスタ界・菌界)の微生物を原因とする植物の病気1  プロトゾア界・クロミスタ界に属する微生物による植物の病気を題材に、それらの生活・増殖様式や植物に与える被害の特徴を解説 
5. 真核生物ドメイン(プロトゾア界・クロミスタ界・菌界)の微生物を原因とする植物の病気2  菌界に属する微生物(おもに子のう菌門)による植物の病気を題材に、それらの生活・増殖様式や植物に与える被害の特徴を解説 
6. 真核生物ドメイン(プロトゾア界・クロミスタ界・菌界)の微生物を原因とする植物の病気3  菌界に属する微生物(おもに不完全菌類)による植物の病気を題材に、それらの生活・増殖様式や植物に与える被害の特徴を解説 
7. 真核生物ドメイン(プロトゾア界・クロミスタ界・菌界)の微生物を原因とする植物の病気3  菌界に属する微生物(おもに担子菌門)による植物の病気を題材に、それらの生活・増殖様式や植物に与える被害の特徴を解説 
8. 原核生物による植物の病気1  原核生物(細菌)による植物の病気を題材に、病原細菌の細胞特性を解説 
9. 原核生物による植物の病気2  原核生物(細菌)による植物の病気を題材に、病原細菌の種類や発病の特性を解説 
10. 原核生物による植物の病気3  原核生物(細菌)による植物の病気を題材に、病原細菌の植物に対する感染機構を解説 
11. ウイルス・ウイロイドによる植物の病気1  ウイルス(ウイロイドを含む)による植物の病気を題材に、おもにウイルスの種類・増殖様式の特性について解説 
12. ウイルス・ウイロイドによる植物の病気2  ウイルス(ウイロイドを含む)による植物の病気の伝搬・診断と同定技術について解説 
13. 線虫・寄生植物による植物の病気および生理障害1  線虫・寄生植物その他による植物の病気を題材に、それらの生活・増殖様式や植物に与える被害の特徴について解説 
14. 線虫・寄生植物による植物の病気および生理障害2  植物が示す生理的な障害について解説 
15. 授業のまとめ  これまでの授業で学んだことについて総括 
テキスト
【書籍名】 【著者】 【出版社】
1. 新植物病理学概論  白石友紀 他編  養賢堂 
参考文献
【書籍名】 【著者】 【出版社】
1. 特になし     
授業方法の形式
配布資料をもとにした講義および定期試験 
授業の実施方法
指定の教室で対面授業 
成績評価方法
出席日数が授業日数の3分の2を超えていることを原則とし、定期試験の点数を100%として評価します。授業開始後20分以降の入室は遅刻とし、2回の遅刻を1回欠席として加算する。出席記録がありながら教室に不在が発覚した場合は、3回欠席とします。C(合格)となるためには、到達目標を最低限達成することが必要である。 
成績評価基準
定期試験の点数を100%として成績評価するため、60点以上が単位認定基準となります。 
受講生へのメッセージ
1年時開講の微生物学(選択科目)を充分に理解した上で履修して下さい。講義中の積極的な質問・意見を歓迎する。ただし私語は慎んで頂きたい。 
参考URL
1. 特になし   
画像
ファイル
更新日時 2024/01/16 17:56


PAGE TOP