シラバス参照

科目名 建築構造工学特別演習・実験2A 
科目名(英字) Advanced Seminar and Experiments in Structural Engineering Ⅱ A 
担当者氏名

武藤 厚

対象研究科・専攻 理工学研究科建築学専攻修士課程 
講義学期 前期 
単位数



準備学習・事後学習
学部での構造関係科目について十分に理解しておくこと。また、本講義の各回の終了後には、適宜関連する各種設計規準類や数値解析に関する文献を調査し、次回講義時に質問等をするようにしておくこと。

毎回、演習・実験の半分の自学実習が求められます。 
授業の概要と目的
構造物の構造設計手法のベースとなる事項の理解を中心に、特に鉄筋コンクリートの連続体構造の基礎~弾塑性挙動を理解し、静的な弾塑性解析を適切に実施できる為の基礎知識を得る。
本授業はDP3およびCP2に該当する。 
該当するCP(カリキュラム・ポリシー)およびDP(ディプロマ・ポリシー)
科目ナンバリングコード
到達目標
鉄筋コンクリート構造による連続体構造を中心に、その弾塑性挙動を理解し、静的な弾塑性解析を適切に実施できる素養を身に着ける。 
授業内容
番号 【項目欄】 【内容欄】
1. ガイダンス  基本事項の確認(連続体構造の基礎) 
2. 基礎事項(1)  連続体の有限要素解析に関する事項の解説(1) 
3. 基礎事項(2)  連続体の有限要素解析に関する事項の解説(2) 
4. 基礎事項(3)  連続体の有限要素解析に関する事項の解説(3) 
5. 演習(1)  連続体構造の応力解析に関する演習(1) 
6. 演習(2)  連続体構造の応力解析に関する演習(2) 
7. 演習(3)  連続体構造の応力解析に関する演習(3) 
8. 中間報告  連続体構造の応力解析に関するまとめとプレゼン 
9. 基礎事項(4)  RCの床板の応力解析に関する事項の解説 
10. 基礎事項(5)  RCの曲面板の応力解析に関する事項の解説 
11. 基礎事項(6)  RCの3次元立体の応力解析に関する事項の解説 
12. 演習(4)  RCの床板の応力解析に関する演習 
13. 演習(5)  RCの曲面板の応力解析に関する演習 
14. 演習(6)  RCの3次元立体の応力解析に関する演習 
15. まとめ  演習の結果のまとめとプレゼンテーション 
その他(履修条件・関連科目など)
授業形態・方法
講義と演習 
成績評価方法
提出レポートとプレゼンテーションによる評価(100%)
C(合格)となるためには、到達目標を最低限達成することが必要である。 
成績評価基準
テキスト
参考資料文献等
参考URL
画像
ファイル
更新日付 2021/11/22 16:42


PAGE TOP