シラバス参照

科目名 卒業研究ゼミナール 
担当者氏名

伊藤 康児

全開講対象学科 人間学部人間学科
年次 4年次 
クラス  
講義学期 通年 
単位数
必選区分 必修科目 
学期・曜日・時限  
部門 専門教育部門-ゼミナール 
備考  



準備学習・事後学習
各回の演習内容をもとに、1時間の探究活動をすること。 
課題・定期試験に対するフィードバック
履修上の留意
人間学科におけるこれまでの学習を発展させ、テーマを学術的に探究して、その成果を公表を前提とした卒業論文にまとめる。 
授業の概要と目的
本科目はCP3およびDP1、DP2、DP3に位置する。事実に基づく学術的探究を個人で進めつつ、履修生同士の討論を通じて探究を深める。探究の成果を卒業論文にまとめ、その概要を発表会で報告する。これらの学習を通じて、学術研究の全体像を体得するよう導く。(科目ナンバリングコード:HH41601) 
該当するCP(カリキュラム・ポリシー)およびDP(ディプロマ・ポリシー)
実務経験と授業内容の関係
科目ナンバリングコード
サブタイトル
到達目標
考え、調べ、まとめ、発信する、という知的創造の能力を体験を通じて習得し、卒業後の進路において活躍する実践的教養人としての自覚と自信をもつ。 
授業計画
【項目欄】 【内容欄】
1. ガイダンス  授業の目標、スケジュール、推奨される学習行動や探究活動、学習成果の発表方法について解説を行う。 
2. テーマの明確化 (1)  履修生の探究したいテーマを出し合い、学術研究の出発点となる問題意識を明確化するよう促す。 
3. テーマの明確化 (2)  研究を通じて主張したいことがらを明確化するよう促す。 
4. 仮説の定立と研究計画の策定 (1)  履修生の主張したいことがらを検証可能な仮説の形に練り上げる。 
5. 仮説の定立と研究計画の策定 (2)  仮説を検証するための事実の収集計画を具体化する。 
6. 仮説の定立と研究計画の策定 (3)  仮説をさらに練り上げ、仮説検証のための研究計画を具体化する。 
7. 仮説の定立と研究計画の策定 (4)  仮説をさらに練り上げるとともに、研究計画の適切さを検討する。 
8. 文献や資料の収集 (1)  仮説検証のため、文献やデータの収集を行う。 
9. 文献や資料の収集 (2)  仮説検証のため、文献やデータの収集を行う。 
10. 文献や資料の収集 (3)  仮説検証のため、文献やデータの収集を行う。 
11. 文献や資料の収集 (4)  仮説検証のため、文献やデータの収集を行う。 
12. 文献や資料の収集 (5)  仮説検証のため、文献やデータの収集を行う。 
13. 文献や資料の収集 (6)  仮説検証のため、文献やデータの収集を行う。 
14. 事実にもとづく考察 (1)  履修生が収集した事実を持ち寄り、分析・検討を加えながら、理論的考察を深める。 
15. 事実にもとづく考察 (2)  収集した事実に分析・検討を加え、理論的考察を深める。 
16. 事実にもとづく考察 (3)  収集した事実に分析・検討を加え、理論的考察を深める。 
17. 事実にもとづく考察 (4)  収集した事実に分析・検討を加え、理論的考察を深める。 
18. 事実にもとづく考察 (5)  履修生が試みた論理的に首尾一貫した論文の構成を検討する。 
19. 事実にもとづく考察 (6)  論理的に首尾一貫した論文の構成を検討する。 
20. 卒業論文の作成 (1)  論文草稿を持ち寄り、討論を行って、よりよい学術論文に仕上げる。 
21. 卒業論文の作成 (2)  論文草稿をもとに討論を行い、よりよい学術論文に仕上げる。 
22. 卒業論文の作成 (3)  論文草稿をもとに討論を行い、よりよい学術論文に仕上げる。 
23. 卒業論文の作成 (4)  論文草稿をもとに討論を行い、よりよい学術論文に仕上げる。 
24. 卒業論文の作成 (5)  論文草稿をもとに討論を行い、よりよい学術論文に仕上げる。 
25. 卒業論文の作成 (6)  論文草稿をもとに討論を行い、よりよい学術論文に仕上げる。 
26. 卒業論文の作成 (7)  論文としての格を整える。 
27. 卒業論文の作成 (8)  論文としての格を整え、仕上げる。 
28. 発表会の準備  卒業論文研究の概要を簡潔にわかりやすく、見やすく伝えるための準備を行う。 
29. 発表会における成果の発表  研究成果を簡潔でわかりやすく、見やすく発表する。 
30. まとめの討論  学術研究のポイントを改めて確認するとともに、この学習経験を卒業後の活動に生かす工夫と心がまえについて討論し、考えを深める。 
テキスト
【書籍名】 【著者】 【出版社】
1. 使用しない。     
参考文献
【書籍名】 【著者】 【出版社】
1. 授業中に紹介する。     
授業方法の形式
ゼミナール 
成績評価方法
授業中の学習活動および討論20%、教室外の学習活動20%、発表会における成果発表20%、卒業論文40%、これらの成績を総合して評価する。
成績評価のグレード(A、B、C)づけは到達目標の達成度により行う。C(合格)となるためには、到達目標を最低限達成することが必要である。 
成績評価基準
受講生へのメッセージ
長く曲がりくねった道のりをたどることになりますが、峠を越えた地点に立ったときの見晴らしのすばらしさ、気分のすがすがしさは、これからの人生を生きる支えとなりましょう。 
参考URL
画像
ファイル
更新日時 2021/01/30 14:50


PAGE TOP