シラバス参照

科目名 基幹ゼミナール 
担当者氏名

伊藤 康児

全開講対象学科 人間学部人間学科
年次 3年次 
クラス  
講義学期 後期 
単位数
必選区分 必修科目 
学期・曜日・時限  
部門 専門教育部門-ゼミナール 
備考  



準備学習・事後学習
各回の演習に向けて文献を読み、発表・討論の準備を行う。演習での議論の内容をノートに整理し、文献の内容と照らし合わせて理解を深め、探究活動を進める。これらの自学自習を毎回1時間行うこと。 
課題・定期試験に対するフィードバック
履修上の留意
探究活動をより高いレベルまで進め、心理学の専門的な研究を行う4年次の卒業研究ゼミナールへと接続する。 このゼミナールの履修生には、心理学実験演習の履修実績を求める。 
授業の概要と目的
本科目はCP3およびDP1、DP2、DP3に位置する。学習に向かう意欲、学校生活への満足度、幼児期の習い事の役割、環境意識を高める学習体験など、教育をめぐる多彩な心理学研究のなかからテーマを選び、論文を読みながらデータにもとづく研究の進め方について理解を深める。(科目ナンバリングコード:HH31601) 
該当するCP(カリキュラム・ポリシー)およびDP(ディプロマ・ポリシー)
実務経験と授業内容の関係
科目ナンバリングコード
サブタイトル
教育をめぐる心理学研究 
到達目標
教授活動・学習活動を心理学の立場からとらえ、この分野の心理学文献を正しく読むことができるとともに、データや資料の収集法について理解を深め、技能を高める。これらの学習成果を踏まえて、データ収集を含む研究計画を仕上げることができる。 
授業計画
【項目欄】 【内容欄】
1. ガイダンス  授業の目標、スケジュール、推奨される学習行動や探究活動、学習成果の発表方法について解説を行う。 
2. さまざまな学習活動(1)  学校、家庭、地域社会におけるさまざまな学習活動を教育心理学の立場から大づかみし、その要点を理解する。 
3. さまざまな学習活動(2)  教育心理学が探究し明らかにしてきた記憶・思考・動機づけなどの働きが日常生活における学習活動にどう作用しているか、それらの働きは年齢を重ねるうちにどう変化するか、を検討する。 
4. 実地体験学習その1  地域における教育活動の現場を訪問し、体験を通して学習活動についての理解を深める。 
5. 教授・学習をめぐる心理学研究の検討(1)  教授・学習をめぐる心理学研究の代表的な文献を順次取り上げ、その内容に検討を加える。 
6. 教授・学習をめぐる心理学研究の検討(2)  前回に続いて、教授・学習をめぐる心理学研究の内容に検討を加える。 
7. 教授・学習をめぐる心理学研究の検討(3)  引き続き、教授・学習をめぐる心理学研究の計画と成果について理解を深める。 
8. 研究計画の立案(1)  学習の成果を踏まえ、受講生各自がデータ収集を含む研究計画を立て、これについて受講生相互で討論を行う。 
9. 研究計画の立案(2)  前回に続いて、受講生の研究計画について、受講生相互で討論を行う。 
10. 研究計画の立案(3)  引き続き、受講生の研究計画について討論を行う。 
11. 実地体験学習その2  学校を訪問し、授業を参観して、学習活動についての理解を深める。 
12. 研究計画の具体化(1)  教授・学習をめぐる各自の研究計画を、実際に進めることのできる形に練り上げる。 
13. 研究計画の具体化(2)  前回に続き、各自の研究計画を練り上げる。 
14. 研究計画の具体化(3)  引き続き、各自の研究計画を練り上げる。 
15. まとめと研究計画の集約  学習活動をまとめ、立案した研究計画を電子媒体に集約して発信できる形に編集するとともに、4年次の卒業研究ゼミナールの受講に向けてオリエンテーションを行う。 
テキスト
【書籍名】 【著者】 【出版社】
1. 使用しない。     
参考文献
【書籍名】 【著者】 【出版社】
1. 授業中に紹介する。     
授業方法の形式
ゼミナール 
成績評価方法
授業中の学習活動および討論45%、教室外での学習活動25%、研究計画30%、これらの成績を総合して評価する。
成績評価のグレード(A、B、C)づけは到達目標の達成度により行う。C(合格)となるためには、到達目標を最低限達成することが必要である。 
成績評価基準
受講生へのメッセージ
学校、家庭、地域とさまざまな場で展開する教授活動・学習活動を、受講生諸君のフレッシュな感性でとらえ、探究していきましょう。遅刻や事前連絡なしの欠席はしないよう心がけてください。 
参考URL
画像
ファイル
更新日時 2021/01/30 14:33


PAGE TOP