シラバス参照

科目名 心理学概論 
担当者氏名

伊藤 康児

全開講対象学科 人間学部人間学科
年次 1年次 
クラス  
講義学期 前期 
単位数
必選区分 必修科目 
学期・曜日・時限  
部門 専門教育部門-基礎科目 
備考  



準備学習・事後学習
次回の授業内容をまとめた資料をもとに2時間事前学習して理解に努めること。また事後学習として授業内で自身がいだいた疑問点を書籍・事典類にあたって調べ、理解した内容をノートにまとめる学習活動を2時間行うこと。 
課題・定期試験に対するフィードバック
履修上の留意
この授業は、人間学部の心理系授業の基礎となる科目であり、この後に受講する心理学系科目でさらに学び、理解を深めるよう望まれる。

各回授業で課す課題への取り組みについて、次回授業にて講評と解説を行う。定期試験の解答の講評と解説は、追・再試験期間後に配信する。 
授業の概要と目的
本科目はCP2およびDP1、DP2、DP3に位置する。心理学の幅広い領域のうちからいくつかを取り上げ、日常生活の例と結びつけて理解したり、クイズの正解を考えたり、グループワークに取り組んだりする学習活動を通して、人間のこころの働きに目を向ける姿勢、心理学の立場にたった考え方・ものの見方を養う。(科目ナンバリングコード:HH11002) 
該当するCP(カリキュラム・ポリシー)およびDP(ディプロマ・ポリシー)
実務経験と授業内容の関係
科目ナンバリングコード
サブタイトル
こころの働きの基礎を幅広く学ぶ 
到達目標
心理学系授業に興味・関心を持って受講しようとする姿勢と、それらの内容を理解する知的枠組みを形成できる。 
授業計画
【項目欄】 【内容欄】
1. 心理学へのいざない  この授業の目標や進め方などについて説明したうえで、心理学のアウトラインと関連する分野の授業科目を紹介します。さらに、抽象的なこころというものを科学的に捉える心理学のあり方にも触れます。 
2. こころは天使に似ている?  大学で心理学を学んでも霊は見えませんし、宝くじの当せん番号も予言できません。皆さんの多くが抱く心理学のイメージを検証しながら、人間というもののあり方、心理学のアウトラインをスケッチし、さらに心理学の過去と歴史を紹介します。 
3. 恋の秘密
 -人間の欲求- 
なぜ人は人に恋ごころをいだくのか? この難問に心理学の立場からチャレンジします。欲求の分類について復習し、欲求の社会的基盤、文化的基盤についても論じます。 
4. 多重人格
 -無意識を意識しよう 1- 
話題の解離性記憶障害(いわゆる多重人格)。これを題材に自分でとらえられる意識の流れとこころの奥底の働きとのかかわりを探り、他方ではふだん人格と呼んでいるもののあらましを改めて考えます。 
5. ヒステリー
 -無意識を意識しよう 2- 
ことばはよく知られたヒステリー。その症状と発症の仕組みを題材に無意識と呼ばれるこころの奥底の働きに光を当てます。心の健康、心の病への医療の支援についても扱います。 
6. こころの奥底の働き  こころの奥底の働きがわたしたちを左右している、と見抜いた人の考えを紹介します。この考え方に立つ心の発達、およびその過程で家族や社会が果たすきわめて大きな役割についても解説します。 
7. キミは自転車に乗れるか?  自転車に乗れるのは、練習を重ね、経験を積んだからです。練習と学習にかかわる基本事項を解説し、動物の学習プロセスと比較・検討します。 
8. 技(ワザ)は盗めない  ある機械メーカーの社長さんは、「ワザは盗めない」と語ります。技能がわたしたちのからだにどのようにきざみこまれるかを、脳・神経系の働きにも目を配りながら調べます。 
9. わたしたちは本当に「考える人」か?  ロダンの有名な彫刻「考える人」は、何をどのように考えているのでしょうか。考えるとはどういうことか、考えます。 
10. IQ400の天才  知能指数の高い人がすなわち天才というわけでもなさそうです。知能と知能テストについて学び、話題のAIについても考えましょう。 
11. お笑い芸人さんたちの「頭のよさ」  いわゆる「頭がいい」ということについて、近年、先進社会での考え方が大きく変わってきました。これからの社会で期待される頭のよさを紹介します。 
12. 脳はいつ完成するか?  こころの働きを直接支えている脳。年齢や経験により脳がどう変化するか、脳と言語のかかわりがいかに強いかを、近年の脳科学の成果も踏まえて扱います。 
13. 脳の機能障害と記憶  交通事故の後遺症で記憶障害になった若者がいます。脳の障害からくる感覚や認知、行動の異常について、あらましを知っておいてください。 
14. わたしがわたしであるとの実感  若者の記憶障害や高齢者のボケ症状は、わたしという人間の自覚を記憶が支えていることをうかがわせます。記憶のシステムをトータルに解説します。 
15. 改めて、心理学へのいざない  この授業の内容を振り返り、文系・理系のさまざまな学問分野と心理学との関連を紹介する一方、今後の心理学系科目の学習に向けてオリエンテーションを行います。 
テキスト
【書籍名】 【著者】 【出版社】
1. 使用しない。     
参考文献
【書籍名】 【著者】 【出版社】
1. 授業中に紹介する。     
授業方法の形式
講義(グループワークを中心とする) 
成績評価方法
各回授業における課題への取り組み状況40%、課題の成績20%、定期試験の成績40%、これらを総合して評価する。
出席回数が授業回数の3分の2に満たない場合は欠格とする。
成績評価のグレード(A、B、C)づけは到達目標の達成度により行う。C(合格)となるためには、到達目標を最低限達成することが必要である。 
成績評価基準
受講生へのメッセージ
心理学はこころの働きをだれもが納得できる表現で説明しようとしています。折り目正しい心理学のものの考え方、表現のしかたになるべく早く慣れてください。 
参考URL
画像
ファイル
更新日時 2021/01/30 14:33


PAGE TOP