シラバス参照

科目名 卒業研究ゼミナール 
担当者氏名

伊藤 俊一

全開講対象学科 人間学部人間学科
年次 4年次 
クラス  
講義学期 通年 
単位数
必選区分 必修科目 
学期・曜日・時限  
部門 専門教育部門-ゼミナール 
備考  



準備学習・事後学習
教員の指導を受けながら、自主的に文献を探索して読み込み、必要であれば現地調査を行い、レジュメを作成して発表し、最終的には卒業論文を執筆する。
毎回授業時間の2倍の自学自習をすること。 
課題・定期試験に対するフィードバック
履修上の留意
やむをえず欠席する際は必ず事前に連絡すること。 
授業の概要と目的
本科目はCP3およびDP1、DP2、DP3に位置する。日本の歴史、社会問題、地域文化に関する卒業論文の指導(科目ナンバリングコード:HH41601) 
該当するCP(カリキュラム・ポリシー)およびDP(ディプロマ・ポリシー)
実務経験と授業内容の関係
科目ナンバリングコード
サブタイトル
到達目標
卒業論文の作成 
授業計画
【項目欄】 【内容欄】
1. ガイダンス  ガイダンスを実施 
2. 論文テーマの設定  論文テーマの設定を行う 
3. 論文テーマの設定  論文テーマの設定を行う 
4. 資料収集の指導  資料収集の指導を行う 
5. 資料収集の指導  資料収集の指導を行う 
6. 資料収集の指導  資料収集の指導を行う 
7. 中間報告と討議  中間報告と討議を行う 
8. 中間報告と討議  中間報告と討議を行う 
9. 中間報告と討議  中間報告と討議を行う 
10. 中間報告と討議  中間報告と討議を行う 
11. 分析・考察の指導  分析・考察の指導を行う 
12. 分析・考察の指導  分析・考察の指導を行う 
13. 分析・考察の指導  分析・考察の指導を行う 
14. 論文概要の報告  論文概要の報告を行う 
15. 論文概要の報告  論文概要の報告を行う 
16. 論文概要の報告  論文概要の報告を行う 
17. 論文概要の報告  論文概要の報告を行う 
18. 論文概要の報告  論文概要の報告を行う 
19. 論文執筆の指導  論文執筆の指導を行う 
20. 論文執筆の指導  論文執筆の指導を行う 
21. 論文執筆の指導  論文執筆の指導を行う 
22. 論文執筆の指導  論文執筆の指導を行う 
23. 論文執筆の指導  論文執筆の指導を行う 
24. 論文執筆の指導  論文執筆の指導を行う 
25. 論文執筆の指導  論文執筆の指導を行う 
26. 論文提出  論文提出 
27. プレゼンテーション  プレゼンテーションを実施する 
28. プレゼンテーション  プレゼンテーションを実施する 
29. プレゼンテーション  プレゼンテーションを実施する 
30. プレゼンテーション  プレゼンテーションを実施する 
テキスト
【書籍名】 【著者】 【出版社】
1. 授業時に指示     
参考文献
【書籍名】 【著者】 【出版社】
1. 授業時に指示     
授業方法の形式
ゼミナール(対面授業) 
成績評価方法
ゼミへの出席・経過報告(20%)、卒業論文(70%)、卒業論文発表会(10%)での発表によって評価する。C(合格)となるためには、到達目標を最低限達成することが必要である。 
成績評価基準
受講生へのメッセージ
参考URL
画像
ファイル
更新日時 2021/03/08 09:00


PAGE TOP