シラバス参照

科目名 フィールドサイエンス特別実験 
科目名(英字) Advanced Experiments in Plant and Animal Science 
担当者氏名

森田 隆史

中尾 義則

林 義明

森田 裕将

対象研究科・専攻 農学研究科農学専攻修士課程 
講義学期 通年 
単位数



準備学習・事後学習
植物と動物の生育成育生育・形態・含有成分ならびに生産物の品質、成長過程で生じる諸現象を理解するとともに、学部で学んだ基本的な測定具、実験器具、実験操作等を準備しておく。準備学習すると共に事後学習を欠かさず,前後期通じた毎日の学習が大切である。疑問点を放置しないこと。 
授業の概要と目的
各自の選択分野(果樹、蔬菜、花卉園芸学及び畜産学)の知識を広く修得することを目的として、専門書や学術論文を読み進める。また実際の作物や家畜を十分に観察できるように平素から対象物の観察を行い、データの収集を怠ることないよう、研究を実際に行うときには研究倫理を意識し、実験を遂行してゆく。本実験はフィールドサイエンス専修分野の科目であり、DP(1)と(2)、CP(2)と(3)に位置づけられる。 
該当するCP(カリキュラム・ポリシー)およびDP(ディプロマ・ポリシー)
科目ナンバリングコード
到達目標
植物や動物の成育課程で起こる種々の現象について実験的なデータの取り方、何をデータ化すべきかの考察力、自ら計画し実行していく能力、専門的に纏める総合力等を養う。実際に研究を行いながら研究者倫理を身に着ける。 
授業内容
番号 【項目欄】 【内容欄】
1. 果樹・蔬菜・花卉・畜産学分野
(オリエンテーション) 
主に果樹、蔬菜、花卉の栽培や貯蔵、品質管理、家畜の飼養管理、飼養環境改善への取り組みに関する研究。研究者倫理の意識付け。 
2. 研究課題の決定  研究課題の決定と内容の検討 
3. 実験計画  具体的な研究計画を立てるための内容の吟味 
4. 果実の着色1  着色に関与する代謝産物の分析 
5. 果実の着色2  着色に関与する遺伝子発現 
6. 光合成(果樹)  光合成に関与する同化産物の分析 
7. 成長1(果樹)  樹体成長と果実成長にともなう形体形成 
8. 成長2(果樹)  樹体成長と果実成長に関与する代謝産物 
9. 統計解析1  有意差検定の各手法。適切な統計手法の選択 
10. 統計解析2  分散分析、重回帰分析、多変量解析 
11. 組織培養  茎頂培養、カルス培養、試験管内播種、in vitro における実験系 
12. 養液栽培  養液栽培の各手法。養液栽培による実験系 
13. 品質評価(野菜)  糖度・酸度、障害発生程度、形態に関する評価、官能試験 
14. 遺伝子発現解析1  Total RNA 抽出とcDNA合成及びPCRによる遺伝子の発現解析法の習得 
15. 遺伝子発現解析2  定量的なRT-PCR法の習得と遺伝子発現量の評価について 
16. 遺伝子構造解析1  ゲノムDNAの抽出とPCRによるゲノム断片の増幅 
17. 遺伝子構造解析2  DNAシーケンサーを用いた塩基配列情報の取得方法の習得 
18. 遺伝子情報解析  遺伝子発現情報及び塩基配列情報の解析と評価手法の習得 
19. 飼料の解析  飼料の成分測定と評価 
20. 畜産物の解析  畜産物の成分測定と評価 
21. 家畜の代謝産物の解析  家畜の代謝産物の測定と評価 
22. 家畜の免疫能の解析  家畜の免疫能の測定と評価 
23. 家畜の抗酸化能の解析  家畜の抗酸化能の測定と評価 
24. データの整理・集計・図表の作成  研究で得られた結果を整理,解析,所属学会の様式に従い図表にする 
25. 参考資料と引用文献の収集、内容理解  研究の遂行と論文作成に必要な資料の収集 
26. 中間報告1  得られたデーターの結果をまとめ、研究の進行を確認 
27. 中間報告2  得られたデーターの結果をまとめ、研究の進行を確認 
28. 中間報告3  得られたデーターの結果をまとめ、研究の進行を確認 
29. 修士論文作成  緒言、材料及び方法、結果について文章を作成し、その結果から参考資料も考慮して考察分を作成し、さらに要約と引用文献を付して論文を完成 
30. 修論研究発表会  口頭発表用原稿とポスター発表用原稿を作成し、ポスター発表後に口頭発表する 
授業形態・方法
各自の選択分野(果樹、蔬菜、花卉園芸学及び畜産学)の専門書、学術論文を可能な限り読んで、各分野の知識を広く修得しておく必要がある。また実際の作物や家畜を十分に観察できるように平素から対象物の観察を行って欲しい。また実際の生き物を扱うことが多いので、データの収集を怠ることないようにして欲しい。研究を実際に行うときには研究倫理を意識し、遂行を重ねていくようにすべきである。
修士論文作成に必要な研究を各部門で実施し,その内容について討論する。(対面授業) 
その他(履修条件・関連科目など)
※2019年度以降入学者のみ履修可能 
成績評価方法
平素からの研究の取り組み、積極性、きちんと実験材料を管理しデータを漏れることなく取っているか、自分の課題を正確に理解し、計画し、確実に実行しているかを評価したうえで、データを正しく理解し提出論文の内容に十分引用文献等によって吟味されたうえで作成し、その内容を要約して十分に発表できたか(80%)、質疑に十分応答できたか(20%)を総合的に評価する。C(合格)となるためには、到達目標を最低限達成することが必要である。 
成績評価基準
テキスト
番号 【書籍名】 【著者】 【出版社】
1. 特になし     
参考資料文献等
番号 【書籍名】 【著者】 【出版社】
1. 園芸学、畜産学関連専門書、学術雑誌全て     
参考URL
画像
ファイル
更新日付 2021/02/10 13:42


PAGE TOP