シラバス参照

科目名 設計・生産特別演習・実験1B 
科目名(英字) Advanced Seminar and Experiments in Design and Manufacturing ⅠB 
担当者氏名

吉川 泰晴

対象研究科・専攻 理工学研究科機械工学専攻修士課程 
講義学期 後期 
単位数



準備学習・事後学習
準備学習として,塑性加工だけでなく機械加工やリソグラフィなどの加工技術の基礎に関する知見を得ておくこと.また,機械の設計と製図について修得しておくこと.論文や参考書を精読しておくこと.事後学習として,各自の研究課題に関する調査結果をまとめるとともに,ディスカッションの内容を復習し,理解を深めておくこと.

毎回、演習・実験の半分の自学実習が求められます。 
授業の概要と目的
各研究課題の目的を達成するための研究計画を立て,実験や解析を実施する.データを処理し結果をまとめ,報告書を作成とプレゼンテーションにより伝える技術の基礎を学ぶ. 
該当するCP(カリキュラム・ポリシー)およびDP(ディプロマ・ポリシー)
本授業はCP4およびDP2.3.4に該当する。 
科目ナンバリングコード
GTM11310 
到達目標
塑性加工を中心とした各自の修士論文の研究テーマおよびその周辺技術や課題について理解し,成果として報告書にまとめ,プレゼンテーションすることができる. 
授業内容
番号 【項目欄】 【内容欄】
1. 研究計画の立案,設計(1)  各研究課題の目的を達成するための実施内容を考案し,研究計画を立案する.また,それぞれの実施内容に対して具体的な取組み時期をスケジューリングする. 
2. 研究計画の立案,設計(2)  各研究課題の目的を達成するための実施内容を考案し,研究計画を立案する.また,それぞれの実施内容に対して具体的な取組み時期をスケジューリングする. 
3. 研究計画の立案,設計(3)  各研究課題の目的を達成するための実施内容を考案し,研究計画を立案する.また,それぞれの実施内容に対して具体的な取組み時期をスケジューリングする. 
4. 研究計画の立案,設計(4)  各研究課題の目的を達成するための実施内容を考案し,研究計画を立案する.また,それぞれの実施内容に対して具体的な取組み時期をスケジューリングする. 
5. 実験技術の習得(1)  金型の構造,組立て,調整方法,有限要素解析方法について実際に行えるようにする. 
6. 実験技術の習得(2)  実験装置(アムスラー型万能試験機や圧延機,切断機,旋盤,フライス盤,ボール盤,研磨機など)の使用方法を習得し,安全に実験ができるようにする. 
7. 評価技術の習得(1)  計測機器やセンサー類(ノギス,マイクロメーター,ハイトゲージ,ロードセル,ひずみゲージ,アンプ,データロガーなど)の使用方法を習得し,正確な計測・評価が行えるようにする. 
8. 評価技術の習得(2)  組織観察のためのエッチングやレーザー顕微鏡による表面性状測定,電子顕微鏡による表面観察などの方法を習得し,正しく使用できるようにする. 
9. 各研究課題における実験・解析および進捗報告(1)  各研究課題の実験や解析を行い,その結果と進捗について報告する.報告内容に対して議論する.また,データの処理方法や資料の作成方法について学ぶ. 
10. 各研究課題における実験・解析および進捗報告(2)  各研究課題の実験や解析を行い,その結果と進捗について報告する.報告内容に対して議論する.また,データの処理方法や資料の作成方法について学ぶ. 
11. 各研究課題における実験・解析および進捗報告(3)  各研究課題の実験や解析を行い,その結果と進捗について報告する.報告内容に対して議論する.また,データの処理方法や資料の作成方法について学ぶ. 
12. 各研究課題における実験・解析および進捗報告(4)  各研究課題の実験や解析を行い,その結果と進捗について報告する.報告内容に対して議論する.また,データの処理方法や資料の作成方法について学ぶ. 
13. 各研究課題における実験・解析および進捗報告(5)  各研究課題の実験や解析を行い,その結果と進捗について報告する.報告内容に対して議論する.また,データの処理方法や資料の作成方法について学ぶ. 
14. 研究課題の中間成果発表  自身の研究課題についてこれまでに得られた結果について客観的に評価し,研究課題の目的に対する達成度,今後の実施内容についてまとめたものを発表,議論する. 
15. 研究計画の修正・更新  自身の研究課題に関する中間成果発表を踏まえ,研究計画を修正および更新する.また,学会発表についても計画に含める. 
その他(履修条件・関連科目など)
創造設計工学特論Ⅰ・Ⅱ,生産加工システム工学特論Ⅰ・Ⅱ,マイクロマシニング特論Ⅰ・Ⅱを履修することが望ましい. 
授業形態・方法
ゼミナール形式,個別指導(対面授業) 
成績評価方法
論文の精読,課題の取組み,テーマごとの成果報告におけるディスカッション,報告書,プレゼンテーションで総合的に判定(100%)する.学会発表や論文発表も加味する. 
成績評価基準
C(合格)となるためには,到達目標を最低限達成することが必要である. 
テキスト
番号 【書籍名】 【著者】 【出版社】
1. 研究課題に関する最新論文     
参考資料文献等
参考URL
画像
ファイル
更新日付 2022/01/31 17:04


PAGE TOP