シラバス参照

科目名 創造設計工学特論2 
科目名(英字) Advanced Creative Design Ⅱ 
担当者氏名

吉川 泰晴

対象研究科・専攻 理工学研究科機械工学専攻修士課程 
講義学期 後期 
単位数



準備学習・事後学習
学部の塑性加工学,材料力学,機械材料を理解しておくこと.事前に該当する授業内容に関する国内外の資料や文献を収集し,読んでおくこと.また,関連する用語などを理解しておくこと.授業時間の2倍以上の準備学習・事後学習時間を必要とする.課題の解説およびプレゼンテーションについては授業内で解説,講評する. 
授業の概要と目的
塑性加工およびその周辺技術(金型,表面処理,トライボロジー等)に関する知見を得るために,専門書や学術雑誌などの文献からこの分野に影響を与えた技術を学び,金型・工程設計に応用する. 
該当するCP(カリキュラム・ポリシー)およびDP(ディプロマ・ポリシー)
本授業はCP2およびDP1.4に該当する。 
科目ナンバリングコード
GTM11306 
到達目標
社会から求められる技術・製品の要件を理解し,具体的な製品の工程・金型設計ができる 
授業内容
番号 【項目欄】 【内容欄】
1. イントロダクション  塑性加工とその周辺技術に関する動向と基礎的な塑性加工技術について紹介し,製品設計に必要となる知見の一端を学ぶ.



レベル:基礎的な塑性加工技術について理解できる 
2. 鍛造加工における革新技術(1)  熱間鍛造とその周辺技術に関する既存技術のうち,革新的と評価されている技術について学ぶ.



レベル:熱間鍛造に関する革新的技術を理解できる 
3. 鍛造加工における革新技術(2)  冷間鍛造とその周辺技術に関する既存技術のうち,革新的と評価されている技術について学ぶ.



レベル:冷間鍛造に関する革新的技術を理解できる 
4. 鍛造加工における革新技術(3)  温間鍛造とその周辺技術に関する既存技術のうち,革新的と評価されている技術について学ぶ.



レベル:温間鍛造に関する革新的技術を理解できる 
5. 鍛造加工における革新技術(4)  板鍛造とその周辺技術に関する既存技術のうち,革新的と評価されている技術について学ぶ.



レベル:板鍛造に関する革新的技術を理解できる 
6. 板成形における革新技術(1)  深絞りとその周辺技術に関する既存技術のうち,革新的と評価されている技術について学ぶ.



レベル:深絞りに関する革新的技術を理解できる 
7. 板成形における革新技術(2)  せん断とその周辺技術に関する既存技術のうち,革新的と評価されている技術について学ぶ.



レベル:せん断に関する革新的技術を理解できる 
8. 板成形における革新技術(3)  曲げとその周辺技術に関する既存技術のうち,革新的と評価されている技術について学ぶ.



レベル:曲げに関する革新的技術を理解できる 
9. 板成形における革新技術(4)  しごきとその周辺技術に関する既存技術のうち,革新的と評価されている技術について学ぶ.



レベル:しごきに関する革新的技術を理解できる 
10. 金型,工程の設計(1)  ここまでに学んだ革新的技術を踏まえ,実際の製品形状を得るための工程について検討する.



レベル:実際の製品形状を得るための工程を考案できる 
11. 金型,工程の設計(2)  実際の製品形状を得るための工程で必要となる金型を設計する.



レベル:必要となる金型の設計ができる 
12. 金型,工程の設計(3)  実際の製品形状を得るための工程で問題点を探し,その対応について検討する.



レベル:必要となる金型の設計ができる 
13. プレゼンテーション(1)  金型設計,工程設計した結果について発表し,討論によって結果を検証し,修正点を学ぶ.



レベル:設計の結果を発表し,考案した設計を見直すことができる 
14. 金型,工程の設計(4)  発表した金型・工程設計の結果に対して討論によって得られた意見を基に金型・工程を修正する.



レベル:意見を踏まえて金型・工程の設計を改善できる 
15. プレゼンテーション(2)  見直した金型,工程について発表し,討論によって修正結果を検証する.



レベル:修正した設計の結果を発表し,考案した設計を見直すことができる 
その他(履修条件・関連科目など)
創造設計工学特論1を修得していること.機械材料,塑性加工について理解しておくこと. 
授業形態・方法
講義,輪講,グループワーク(対面授業) 
成績評価方法
課題60%,プレゼンテーション40%で総合的に評価し,60%以上を合格とする. 
成績評価基準
C(合格)となるためには,到達目標を最低限達成することが必要である. 
テキスト
番号 【書籍名】 【著者】 【出版社】
1. 講義時に指示する     
参考資料文献等
番号 【書籍名】 【著者】 【出版社】
1. 60 Excellent Inventions in Metal Forming  A. E. Tekkaya, et. al.  Springer 
参考URL
画像
ファイル
更新日付 2022/01/31 17:04


PAGE TOP