シラバス参照

科目名 健康心理学特論 
科目名(英字) Advanced studies on Health Psychology 
担当者氏名

畑中 美穂

対象研究科・専攻 総合学術研究科総合学術専攻博士前期課程 
講義学期 後期 
単位数



準備学習・事後学習
各授業において予習課題および復習課題を課すので、毎回、4時間を目安に取り組むこと。
課題(レポート、プレゼンテーションなど)について、授業内で継続的に講評、質問対応等を行う。 
授業の概要と目的
本科目はCP1、CP3、CP4およびDP1、DP2に位置する。健康心理学とは、健康の維持・増進、疾病の予防・治療について、その原因や対処を心理学的観点から究明し、健康教育やヘルスケアシステム、健康政策の構築に対する心理学からの貢献をめざす学問である。医学や保健、看護、福祉などと関連をもつ心理学の応用分野であり、この分野の研究知見は、近年、世界的に注目を集めている。本授業では、健康心理学の基本的な理論や研究知見、研究方法について学ぶとともに、健康を軸に展開されている様々な関連領域の研究成果について理解する。具体的には、健康心理学の研究知見を理解するために必要な身体的・生理的基礎知識について学んだ上で、ストレスや健康関連行動に焦点を当てた理論や研究を概観する。この際、代表的な研究をいくつか取り上げて講読する。また、健康を支える要因となる運動や食行動、および医療場面・教育場面での健康問題への取り組みなど応用・実践的な研究にも触れる。授業の中で、健康の心理学的な規定因を知り、その増進または悪化のプロセスを理解することによって日常の健康問題を捉え直す手がかりを得ること、また、健康問題に対して心理学がどのように役立つのかを理解することを目指す。授業は、受講生のプレゼンテーションとディスカッションを中心に進める。また、テーマを設定して各自で調べ学習をした上でプレゼンテーションやディスカッションを通して学を深める課題解決型学習も行う。 
該当するCP(カリキュラム・ポリシー)およびDP(ディプロマ・ポリシー)
科目ナンバリングコード
到達目標
健康の心理学的な規定因と、その増進または悪化のプロセスを説明できる。健康問題に対して心理学がどのように役立つのか、心理学的知見と日常の問題とを関連づけて説明できる。 
授業内容
番号 【項目欄】 【内容欄】
1. オリエンテーション、健康心理学とは  健康心理学の役割、関連する分野と領域、健康心理学の発展の経緯について学ぶ。授業内で取り上げる文献を紹介し、プレゼンテーションとディスカッションの分担を決める。 
2. 認知・感情と健康との関連(1)  健康の基盤となる認知および感情について、健康との結びつきを軸に学ぶ。特に、感情と健康との関連のメカニズムについて取り上げる。 
3. 認知・感情と健康との関連(2)  健康の基盤となる認知および感情について、健康との結びつきを軸に学ぶ。特に、認知のメカニズムについて取り上げる。 
4. ストレス(1)  ストレスの基本的な理論やモデルについて学ぶ。 
5. ストレス(2)  ストレス研究における近年の動向と今後の課題について検討する。 
6. 怒り・攻撃性と健康  怒り・攻撃性と健康との関連について学び、その対処法について検討する。 
7. うつ・不安と健康  うつ・不安症状の規定因とその予防について学ぶ。 
8. 社会的感情と健康  種々の社会的感情と健康との関わりや、感情の共有と健康との関連について学ぶ。 
9. 心的外傷体験(1)  心的外傷性ストレスとその介入アプローチについて学ぶ。 
10. 心的外傷体験(2)  心的外傷体験からの回復を支える要因、レジリエンス、心的外傷後成長について学ぶ。 
11. 生活習慣と健康(1)  喫煙、飲酒、食習慣と健康との関連について学ぶ。 
12. 生活習慣と健康(2)  睡眠と健康との関連について学ぶ。 
13. 健康と医療  健康寿命の延長に向けた予防的取り組み、患者-医療者コミュニケーションのあり方について学ぶ。 
14. 健康と文化  健康に対して文化の果たす役割、異文化適応について学ぶ。 
15. まとめ  授業内容を振り返り、特に予防的アプローチの観点から健康心理学が果たす役割について再び考える。 
授業形態・方法
講義・討論・発表を組み合わせて実施する。 
その他(履修条件・関連科目など)
特になし 
成績評価方法
予習・復習課題(30%)、発表(40%)、討論への参加度(30%)で評価する。C(合格)となるためには、到達目標を最低限達成することが必要である。 
成績評価基準
テキスト
番号 【書籍名】 【著者】 【出版社】
1. 保健と健康の心理学 ポジティブヘルスの実現  大竹 恵子 (編著)  ナカニシヤ出版 978-4779511127 
2. 健康心理学の測定法・アセスメント  鈴木 伸一(編著)  ナカニシヤ出版 978-4779512933 
参考資料文献等
番号 【書籍名】 【著者】 【出版社】
1. 授業内で適宜紹介する     
参考URL
画像
ファイル
更新日付 2021/02/05 14:03


PAGE TOP