シラバス参照

科目名 基幹ゼミナール 
担当者氏名

畑中 美穂

全開講対象学科 人間学部人間学科
年次 3年次 
クラス  
講義学期 後期 
単位数
必選区分 必修科目 
学期・曜日・時限  
部門 専門教育部門-ゼミナール 
備考  



準備学習・事後学習
各回において指示された課題(授業でのプレゼンテーションやディスカッションの準備)に取り組むこと(1時間以上)。
課題(プレゼンテーションなど)について、授業内で継続的に講評、質問対応等を行う。 
課題・定期試験に対するフィードバック
履修上の留意
心理学実験演習の単位を修得していること(今後の履修でも可)。データ解析入門、心理データ解析を履修していること(今後の履修でも可)。 心理学関連科目をできるだけ多く履修し、心理学に関する幅広い知識を習得していることが望ましい。 
授業の概要と目的
本科目はCP3およびDP1、DP2、DP3に位置する。卒業論文につながるテーマを各自で設定し、そのテーマに沿った文献の収集と発表を行う。最終的には、卒業研究で取り組むテーマを絞り込み、先行研究の知見や問題点の整理をした上で、研究計画を立案する。授業は、受講生自身によるプレゼンテーションとディスカッションが中心となる。事前にプレゼンテーションやディスカッションのための準備が求められ、授業時間外に多くの作業が必要となる。各自のプレゼンテーションや全体のディスカッションを通して、心理学的研究方法を学ぶとともに、問題点を見出し、改善・解決方法を探求する能力や、生産的なディスカッションを行う能力を習得することを目的とする。(科目ナンバリングコード:HH31601) 
該当するCP(カリキュラム・ポリシー)およびDP(ディプロマ・ポリシー)
実務経験と授業内容の関係
科目ナンバリングコード
サブタイトル
心理学の文献の講読、発表、議論を通して研究方法について知識を深め、卒業論文作成のための準備を行う 
到達目標
心理学関連の文献収集方法と論文のまとめ方を学びつつ、心理学的研究方法について知識を深める。学期終了までに各自の卒業研究のテーマを確定し、研究計画を立案する。 
授業計画
【項目欄】 【内容欄】
1. ガイダンス  授業の進め方や研究テーマの見つけ方について説明する。 
2. 研究テーマの見つけ方(1)  各自の関心のある内容や分野の発表。 研究テーマをどのように見つけるか、また、深めていくかについていくつかの例を紹介。 各自の関心をどのように心理学的研究に結びつけていけるかを考える。 
3. 論文検索・収集方法  心理学の学術雑誌の紹介と基本的な文献検索方法の説明をした上で、指定した学術雑誌から興味のある論文を実際に探してみる。心理学の論文の様式・構成や講読時の留意点も説明する。 
4. 論文の読み方とまとめ方  論文の読み方・まとめ方について説明し、次回以降に行う各自の論文発表の準備を始める。論文発表の授業の進め方に関する留意事項を確認する。 
5. 論文の発表(1)  各自が収集した論文の内容をレジュメにまとめ発表し、全員で討議する。研究手法について理解を深め、各研究の問題点や改善方法について議論する。 
6. 論文の発表(2)  各自が収集した論文の内容をレジュメにまとめ発表し、全員で討議する。研究手法について理解を深め、各研究の問題点や改善方法について議論する。 
7. 論文の発表(3)  各自が収集した論文の内容をレジュメにまとめ発表し、全員で討議する。研究手法について理解を深め、各研究の問題点や改善方法について議論する。 
8. 論文の発表(4)  各自が収集した論文の内容をレジュメにまとめ発表し、全員で討議する。研究手法について理解を深め、各研究の問題点や改善方法について議論する。 
9. 論文の発表(5)  各自が収集した論文の内容をレジュメにまとめ発表し、全員で討議する。研究手法について理解を深め、各研究の問題点や改善方法について議論する。 
10. 論文の発表(6)  各自が収集した論文の内容をレジュメにまとめ発表し、全員で討議する。研究手法について理解を深め、各研究の問題点や改善方法について議論する。 
11. 論文の発表(7)  各自が収集した論文の内容をレジュメにまとめ発表し、全員で討議する。研究手法について理解を深め、各研究の問題点や改善方法について議論する。 
12. 研究目的の設定と研究計画の立案  各自の関心や興味をより具体化し、疑問点や知りたいことを明確にする。各自の疑問を探求するために、何についてどのように調べればよいか、どのような方法が考えられるか受講生同士の議論やブレーンストーミングを通して検討する。 
13. 卒業研究のテーマと研究計画の構想発表(1)  興味を持っているテーマを明確にし、これまでの文献講読をふまえ、どのような研究方法が考えられるかを検討し、研究計画立て発表する。発表された研究計画の問題点や改善方法について全員で議論する。議論をふまえ、次年度の開始までに各自で進めるべき課題を考える。 
14. 卒業研究のテーマと研究計画の構想発表(2)  興味を持っているテーマを明確にし、これまでの文献講読をふまえ、どのような研究方法が考えられるかを検討し、研究計画立て発表する。発表された研究計画の問題点や改善方法について全員で議論する。議論をふまえ、次年度の開始までに各自で進めるべき課題を考える。 
15. 卒業研究のテーマと研究計画の構想発表(3)  興味を持っているテーマを明確にし、これまでの文献講読をふまえ、どのような研究方法が考えられるかを検討し、研究計画立て発表する。発表された研究計画の問題点や改善方法について全員で議論する。議論をふまえ、次年度の開始までに各自で進めるべき課題を考える。 
テキスト
【書籍名】 【著者】 【出版社】
1. 特に指定しません     
参考文献
【書籍名】 【著者】 【出版社】
1. 授業時に紹介します     
授業方法の形式
ゼミナール(対面授業) 
成績評価方法
発表内容(論文講読発表25%、卒論構想発表25%の計50%)、議論への参加の程度(50%)から評価します。授業の形式上、出席が原則です(特別の理由がない限り、欠席・遅刻は認めません)。C(合格)となるためには、到達目標を最低限達成することが必要である。 
成績評価基準
受講生へのメッセージ
論文を探したり、読んだり、発表や議論の準備をしたり、と授業時間外の作業が多くなります。単に授業に出席すればよいだけではないので、そのつもりで受講してください。卒業論文の作成の基礎となる授業です。この授業での取り組みによって、スムーズに卒論が作成できるかどうかが決まりますので、頑張ってください。 
参考URL
画像
ファイル
更新日時 2021/01/30 14:33


PAGE TOP