シラバス参照

科目名 文献講読B 
担当者氏名

畑中 美穂

全開講対象学科 人間学部人間学科
年次 2年次 
クラス  
講義学期 前期 
単位数
必選区分 選択科目 
学期・曜日・時限  
部門 専門教育部門-文献講読 
備考  



準備学習・事後学習
テキストの内容を理解するために、心理学、特に、社会心理学の基礎知識を網羅した日本語の文献を平行して読むことを奨める。予習すべきトピックは、各回の授業時間に指示する。なお毎回、講義時間の2倍程度の自学自習することが必要である。 
課題・定期試験に対するフィードバック
履修上の留意
英和辞典(電子辞書可)を授業時に持参する。英文を読むとともに、当該トピックに関わる心理学的知見の解説を行う。  
授業の概要と目的
本科目はCP3およびDP1、DP2、DP3に位置する。社会心理学の基礎的知見に関する英語文献を講読し、人間の心の働きについて理解する。また、人間に関わる諸問題を探求する力を養うことを目指す。(科目ナンバリングコード:HH21502) 
該当するCP(カリキュラム・ポリシー)およびDP(ディプロマ・ポリシー)
実務経験と授業内容の関係
科目ナンバリングコード
サブタイトル
英語文献で社会心理学を学ぶ 
到達目標
英文を正確に読解できる。英語文献で学んだ心理学の知見を自分の言葉で説明できる。 
授業計画
【項目欄】 【内容欄】
1. 文献講読受講に関する諸注意
文献講読のための基礎知識 
テキストの解説、受講姿勢、評価方法など 
2. An Invitation to Social Psychology  講読・発表と、社会心理学の研究対象・アプローチの解説 
3. The Methods of Social Psychology  講読・発表と、社会心理学の研究手法の解説 
4. The Social Self  講読・発表と、自己に関する研究知見の解説 
5. Thinking about People and Situations  講読・発表と、社会的認知に関する研究知見の解説 
6. Explaining Behavior  講読・発表と、原因帰属に関する研究知見の解説 
7. Emotion  講読・発表と、情動に関する研究知見の解説 
8. Attitudes Behavior and Rationalization  講読・発表と、態度に関する研究知見の解説 
9. Persuasion  講読・発表と、説得に関する研究知見の解説 
10. Social Influence  講読・発表と、社会的影響に関する研究知見の解説 
11. Relationships and Attraction  講読・発表と、対人関係・対人魅力に関する研究知見の解説 
12. Stereotyping Prejudice and Discrimination  講読・発表と、偏見・差別に関する研究知見の解説 
13. Groups  講読・発表と、集団に関する研究知見の解説 
14. Aggression  講読・発表と、攻撃に関する研究知見の解説 
15. Altruism and Cooperation  講読・発表と、愛他的行動に関する研究知見の解説 
テキスト
【書籍名】 【著者】 【出版社】
1. Social Psychology (Fifth Edition) 講読部分のコピーを配布する  Tom Gilovich, Dacher Keltner, Serena Chen, Richard E. Nisbett  W. W. Norton & Company 【ISBN-13】978-0393667707 
参考文献
【書籍名】 【著者】 【出版社】
1. 英語で学ぶ社会心理学  大坪庸介, アダム・スミス  有斐閣 【 ISBN-13】978-4641184367 
2. ザ・ソーシャル・アニマル―人と世界を読み解く社会心理学への招待  Elliot Aronson (原著), 岡 隆 (翻訳)  サイエンス社【 ISBN-13】978-4781913360 
授業方法の形式
英語文献を輪読し、内容について適宜解説を行う。 
成績評価方法
平常点(課題への取り組み状況、発表、発表資料の分かりやすさ、討論への参加、各回で実施する理解度確認のための課題等) 100%
C(合格)となるためには、到達目標を最低限達成することが必要である。 
成績評価基準
受講生へのメッセージ
英語での文献講読ですが、よく理解できるように予習・復習をして、心理学の面白さを味わってもらいたいです。 
参考URL
画像
ファイル
更新日時 2021/02/03 13:10


PAGE TOP