シラバス参照

科目名 設計機能特殊研究2 
科目名(英字) Advanced Research on Mechanical Design and Function Ⅱ 
担当者氏名

相馬 仁

対象研究科・専攻 理工学研究科機械工学専攻-博士後期課程 
学期 後期 
単位数



準備学習・事後学習
設計機能特殊研究1について復習しておくこと。

予習として、次回の内容に関する事項を調査・整理しておくこと。



復習として、実施した内容をまとめ、進捗レポートを作成すること。



毎回、特殊研究の半分の自学実習が求められます。 
授業の概要と目的
計算機シミュレーションを通じて、自動運転システムに関する課題解決が図れるよう、基礎的な技法・手法を学ひ、自動運転システムに関する研究を遂行できるだけの知識および能力を身につける。

習得した技法・手法を博士論文の研究に役立てる。

交通機械との関連:自動車(ITS、自動運転)
本授業はDP1.2およびCP1.3に該当する。 
到達目標
博士論文に関する課題を解決するための技法・手法について習得し、計算機シミュレーションを自力で遂行できる能力を身につける。 
授業内容
番号 【項目欄】 【内容欄】
1. MATLAB等の数値計算用ソフトの取り扱い1  MATLAB等の数値計算用ソフトウェアの使い方について習得する。 
2. MATLAB等の数値計算用ソフトの取り扱い2  MATLAB等の数値計算用ソフトウェアの使い方について習得する。 
3. MATLAB等の数値計算用ソフトの取り扱い3  MATLAB等の数値計算用ソフトウェアの使い方について習得する。 
4. MATLAB等の数値計算用ソフトの取り扱い4  MATLAB等の数値計算用ソフトウェアの使い方について習得する。 
5. MATLAB等の数値計算用ソフトの取り扱い5  MATLAB等の数値計算用ソフトウェアの使い方について習得する。 
6. MATLAB等の数値計算用ソフトの取り扱い6  MATLAB等の数値計算用ソフトウェアの使い方について習得する。 
7. MATLAB等の数値計算用ソフトの取り扱い7  MATLAB等の数値計算用ソフトウェアの使い方について習得する。 
8. 計算機シミュレーション技法1  計算機によるシミュレーション方法について習得する。 
9. 計算機シミュレーション技法2  計算機によるシミュレーション方法について習得する。 
10. 計算機シミュレーション技法3  計算機によるシミュレーション方法について習得する。 
11. 計算機シミュレーション技法4  計算機によるシミュレーション方法について習得する。 
12. 計算機シミュレーション技法5  計算機によるシミュレーション方法について習得する。 
13. 計算機シミュレーション技法6  計算機によるシミュレーション方法について習得する。 
14. 計算機シミュレーション技法7  計算機によるシミュレーション方法について習得する。 
15. まとめ  内容#1~#14についてまとめを行い、総括する。 
授業形態・方法
演習およびゼミ形式。毎週進捗レポートを作成して報告し、討論する。 
成績評価方法及び評価基準
進捗レポートおよび討論の内容で80%、課題解決における自発性で20%評価し、100点満点で60点以上を合格とする。C(合格)となるためには、到達目標を最低限達成することが必要である。 
その他(履修条件・関連科目など)
マンマシンシステム学特論1、マンマシンシステム学特論2、設計機能特殊研究1 
テキスト
番号 【書籍名】 【著者】 【出版社】
1. 自動車の運動と制御  安部正人  東京電機大学出版会 
参考資料文献等
番号 【書籍名】 【著者】 【出版社】
1. 自動車工学―基礎―  自動車技術会 編  自動車技術会 
2. 自動車プロジェクト開発工学  藤岡健彦、鎌田実  技報堂出版 
3. 自動車の運動と制御  安部正人  東京電機大学出版局 
4. 自動車運動力学  酒井英樹  森北出版 
5. 自動車工学の基礎  近森 順 編  名古屋大学出版会 
参考URL
1. なし   
画像
ファイル
更新日付 2021/01/30 14:54


PAGE TOP