シラバス参照

科目名 コンピューターシミュレーション 
担当者氏名

目黒 淳一

全開講対象学科 理工学部機械工学科・機械システム工学科
年次 2年次 
クラス  
講義学期 前期 
単位数
必選区分 選択科目 
学期・曜日・時限  
部門 専門教育部門-共通 
備考  



準備学習・事後学習
授業前までに前回の内容の復習と予習を実施すること
授業前に前回の課題の復習と,配布する資料を基に予習をそれぞれ2時間程度必要とする 
課題・定期試験に対するフィードバック
課題については、授業内で継続的に解説、講評、質問対応等を行う 
履修上の留意
1年後期「コンピュータープログラミング」を修得していることが望ましい
授業中は自ら考え、与えられたプログラミング課題に積極的に取り組んでほしい 
授業の概要と目的
コンピュータプログラミングで学んだ内容とC言語をベースとして、一般的な開発環境を用いて、数値的計算方法の基本的な考え方と、よく使われる重要なアルゴリズム、及び、数値評価の方法を学習する。また、コンピュータシミュレーションで使われる開発環境の特徴を理解することで、目的に応じた開発環境を選択可能にする。 
アクティブ・ラーニング
特になし 
該当するCP(カリキュラム・ポリシー)およびDP(ディプロマ・ポリシー)
本授業はCP3・4およびDP1・2に該当する 
実務経験と授業内容の関係
  
科目ナンバリングコード
TM21501 
サブタイトル
到達目標
C言語、Matlabといった開発言語の基礎を理解する

また、力学モデルから定式化した結果から数値シミュレーションを行い、かつ、最小二乗法等、統計的解析手法を理解する 
授業計画
【項目欄】 【内容欄】
1. ガイダンス  工学における各種設計、計算問題をコンピューターで再現するためにもちいられる数値解法、アルゴリズムに関して説明をする。


レベル:数値解法、アルゴリズムの概要をつかむ。 
2. C言語による数値解析(1)  C言語のソースコードの規則を理解する


レベル:C言語の基礎を理解する 
3. C言語による数値解析(2)  C言語による四則演算を代表とする数値計算の基礎を習得する


レベル:C言語の数値演算の基礎を理解する 
4. C言語による数値解析(3)  C言語により計算した結果を可視化する方法を習得する


レベル:C言語を用いたシミュレーションの基礎を理解する 
5. C言語による数値解析(4)  質点の運動を例にして、物理シミュレーションを行う


レベル:質点の運動の数値解析ができる 
6. C言語による数値解析(5)  バネマスダンパ系の運動を例にして、物理シミュレーションを行う


レベル:バネマスダンパ系の数値解析ができる 
7. C言語による数値解析(6)  モンテカルロ法を例にして、統計的シミュレーション手法を習得する


レベル:モンテカルロ法を用いた数値解析ができる 
8. C言語による数値解析(7)  実例を用いながら、ガウスニュートン法、最小二乗法等の数値計算手法を習得する


レベル:実例にそった数値解析ができる 
9. Matlabによる数値解析(1)  Matlabの基礎的な操作、演算方法を習得する


レベル:Matlabの基本的な操作ができる 
10. Matlabによる数値解析(2)  Matlabにおいて、C言語で習得した数値計算方法を習得する


レベル:Matlabで数値解析ができる 
11. Matlabによる数値解析(3)  演算結果の可視化、及び統計的な評価手法を習得する


レベル:Matlabで解析結果の可視化ができる 
12. Matlabによる数値解析(4)  質点、バネマスダンパ系の運動を例にして、物理シミュレーションをMatlabで行う


レベル:Matlabで物理シミュレーションができる 
13. Matlabによる数値解析(5)  Matlabでモンテカルロシミュレーションを例にして、統計的シミュレーション手法を習得する


レベル:Matlabでモンテカルロ法を用いた数値解析ができる 
14. Matlabによる数値解析(6)  Matlabを用いて、ガウスニュートン法、最小二乗法等の数値計算手法を習得する


レベル:Matlabを用いた数値解析ができる 
15. まとめ  いままでの授業を振り返り、コンピュータをもちいたシミュレーション手法についてまとめる 
テキスト
【書籍名】 【著者】 【出版社】
1. テキストは必要に応じて配布する     
参考文献
授業方法の形式
講義と演習 
授業の実施方法
対面授業 
成績評価方法
評価はレポート 20%,小テスト80%で行う
授業回数の3分の2以上の出席に満たない場合は欠格とする
本授業の対応する学習・教育到達目標A-2 
成績評価基準
C(合格)となるためには、到達目標を最低限達成することが必要である 
受講生へのメッセージ
参考URL
画像
ファイル
更新日時 2024/02/08 20:07


PAGE TOP