シラバス参照

科目名 生命有機分析化学 
科目名(英字) Organic and Biological Analytical Chemistry 
担当者氏名

田浦 大輔

田中 正剛

中村 忠司

永田 央

対象研究科・専攻 理工学研究科応用化学専攻修士課程 
講義学期 後期 
単位数



準備学習・事後学習
各回ごとに担当教員から指示する。

毎回、講義時間の2倍の自学実習が求められます。 
授業の概要と目的
有機物質に焦点を絞り,質量分析、核磁気共鳴分光法、赤外分光法、ガス・液体クロマトグラフィー、円偏光二色性分光法のそれぞれについて、具体的な測定方法や測定例を挙げながら,データ取得からデータ解析・解釈に至るまでの総合的なデータ読解力の修得を目指す。 
該当するCP(カリキュラム・ポリシー)およびDP(ディプロマ・ポリシー)
本授業はCP1およびDP2に該当する。 
科目ナンバリングコード
GTO11403 
到達目標
取り上げられた分析方法のそれぞれについて、原理・解析方法・測定上の問題点を学び、実践に近い測定技術や解析法について説明できる。 
授業内容
番号 【項目欄】 【内容欄】
1. 概要説明  履修方法の説明,および,生命有機分析化学で取り扱う分析法の概要を説明し,本講義の位置づけを行う。担当:永田 
2. 高度な質量分析法  高度な質量分析法を取り扱う.具体的には,MALDI, ESI 等のソフトイオン化法,質量数が大きな分子の精密質量分析などについて,実例に基づいた測定法と解釈上の注意点について講述する.担当:永田 
3. 高度な核磁気共鳴分光法(1H, 13C測定)  核磁気共鳴分光法(NMR)を取り扱う.1H及び13C NMRの測定原理, 試料作製上の注意およびスペクトル解釈のコツと注意点について学ぶ. 簡単な分子の構造−スペクトル間の変換を容易に行う事ができるようになることを目標とする.担当:田浦 
4. 高度な核磁気共鳴分光法(二次元NMRなど)  高度な核磁気共鳴分光法として, 二次元NMRやNOE, DOSYを中心とした応用測定の測定原理と複雑な分子構造決定の流れについて学ぶ。各測定法によりどのような情報が得られるかを理解することを目標とする。担当:田浦 
5. 高度な赤外分光法  高度な赤外分光法を取り扱う.透過法とATR法の測定原理と測定法、スペクトル解釈のコツと注意点について学ぶ。水素結合などの非共有結合性相互作用の分析も触れる。担当:中村 
6. ガスクロマトグラフィー  ガスクロマトグラフィーを用いた分析法を取り扱う.具体的には,分離の原理,装置構成,および測定事例について講述する.担当:中村 
7. 液体クロマトグラフィー  液体クロマトグラフィーを用いた分析法を取り扱う。特に高速液体クロマトグラフィーの基礎と理論について、実際の測定例を基にその解釈の仕方を講述する。担当:田中 
8. 円偏光二色性分光法  光学異性体やタンパク質の構造評価に用いられる円偏光二色性分光法を取り扱う。測定の原理から実例に基づいた分析法の活用の仕方について講述する。担当:田中 
授業方法の形式
講義(対面授業) 
授業の実施方法
対面授業 
成績評価方法
担当教員ごとにレポート課題を課す。(100%) 
成績評価基準
C(合格)となるためには、到達目標を最低限達成することが必要である。 
その他(履修条件・関連科目など)
物理化学,無機化学,有機化学の基礎知識は必須である. 
テキスト
番号 【書籍名】 【著者】 【出版社】
1. 特に指定しない  各担当教員からの配布資料   
参考資料文献等
番号 【書籍名】 【著者】 【出版社】
1. 講義中に随時紹介     
参考URL
1. 特になし   
画像
ファイル
更新日付 2024/01/26 13:08


PAGE TOP