シラバス参照

科目名 ゼミナール【4年次】 
担当者氏名

酒井 順哉

全開講対象学科 都市情報学部都市情報学科
年次 3年次 
クラス  
講義学期 通年 
単位数
必選区分 必修科目 
学期・曜日・時限  
部門 専門部門-総合科目 
備考  



準備学習・事後学習
ゼミナールでは、現在、医療や介護が抱えている問題点を情報の観点から分析するため、1年次履修の「人間と社会の演習」、2年次履修の「情報管理の基礎」、「情報管理の応用」、3年次では「知覚情報と脳の働き」、「都市生活とストレス」を取得していることが望ましい。



毎回、ゼミ時間の半分の自学自習をすること。 
課題・定期試験に対するフィードバック
毎回の講義終了後にWebClassで確認テストと課題レポートを課し、次回の授業の開始時に設問の解説と正解とともに正答率を示す。また、定期試験については、講評、解説等を纏めたペーパーを、追・再試験終了後に研究室前に掲示する。 
履修上の留意
卒業研究テーマを中心にゼミで各自進捗状況を発表してもらいながら、卒業研究が進展しているかを確認するため、自主的に卒業研究を進めてもらいたい。なお、研究内容で種々調べたが行き詰った場合、ゼミ時間以外での相談について受付ける。 なお、病欠(講義回数の1/3以上の場合は認めない)、忌引き、就職活動(企業から試験・面接等で出頭を求められた書類やメールがある場合に限る)で欠席した場合には、状況を勘案の上、レポート提出で出席扱いとする。 
授業の概要と目的
情報技術のスキル向上とともに、医療・介護の専門用語・法制度や役割・機能の学習を通して、益々社会ニーズの高くなる「医療情報技師」や「医療機器情報コミュニケータ(MDIC)」の学会認定の合格を目指す。また、現在の医療・介護の政策面・技術面における課題を明確にするための分析方法を身につける。
カリキュラムポリシーの③およびディプロマポリシー②と③に該当する。 
該当するCP(カリキュラム・ポリシー)およびDP(ディプロマ・ポリシー)
本授業は、CP1およびDP1に該当する。 
実務経験と授業内容の関係
科目ナンバリングコード
UU31602 
サブタイトル
卒業研究テーマを決め、医療や介護に関する様々な問題を解決のためのスキルを身につけ、新たな提案を通して社会貢献を目指すゼミナール 
到達目標
ゼミで学習した知識や技術で「医療情報技師」や「医療機器情報コミュニケータ」の学会認定に合格し、4年次からの就職活動を優位に役立てるとともに、卒業後の企業における即戦力となる資質を身につけることを目標とする。 
授業計画
【項目欄】 【内容欄】
1. 卒業研究オリエンテーション  卒業研究を進めるにあたり、卒業研究進捗表および研究進捗工程表を使ったゼミ研究報告方法について理解する。また、学会発表に向けた準備作業や卒業論文のまとめ方について指導する。 
2. 卒業研究テーマの確定に伴う、研究目的・方法のプレゼン報告  卒業研究としてまとめたテーマおよび研究目的、方法とともに、その研究中間結果をゼミで紹介することを通して、プレゼンテーテョン資料の作成技能および発表技術、さらにはディベート能力の急所を修得する。 
3. 卒業研究の進捗報告と調査・集計・分析における問題点の明確化(1)  各ゼミ生の卒業研究として、フィールド調査やWeb検索が必要なテーマについて調査・集計の進捗を卒業研究進捗表および研究進捗工程表を使って報告させる。その進捗報告から、研究内容の問題点や質問事項を明らかにし、今後の研究の軌道修正などを個別に指導する。 
4. 卒業研究の進捗報告と調査・集計・分析における問題点の明確化(2)  各ゼミ生の卒業研究として、フィールド調査やWeb検索が必要なテーマについて調査・集計の進捗を卒業研究進捗表および研究進捗工程表を使って報告させる。その進捗報告から、研究内容の問題点や質問事項を明らかにし、今後の研究の軌道修正などを個別に指導する。 
5. 卒業研究の進捗報告と調査・集計・分析における問題点の明確化(3)  各ゼミ生の卒業研究として、フィールド調査やWeb検索が必要なテーマについて調査・集計の進捗を卒業研究進捗表および研究進捗工程表を使って報告させる。その進捗報告から、研究内容の問題点や質問事項を明らかにし、今後の研究の軌道修正などを個別に指導する。 
6. 卒業研究の進捗報告と調査・集計・分析における問題点の明確化(4)  各ゼミ生の卒業研究として、フィールド調査やWeb検索が必要なテーマについて調査・集計の進捗を卒業研究進捗表および研究進捗工程表を使って報告させる。その進捗報告から、研究内容の問題点や質問事項を明らかにし、今後の研究の軌道修正などを個別に指導する。 
7. 卒業研究の進捗報告と調査・集計・分析における問題点の明確化(5)  各ゼミ生の卒業研究として、フィールド調査やWeb検索が必要なテーマについて調査・集計の進捗を卒業研究進捗表および研究進捗工程表を使って報告させる。その進捗報告から、研究内容の問題点や質問事項を明らかにし、今後の研究の軌道修正などを個別に指導する。 
8. 卒業研究の進捗報告と調査・集計・分析における問題点の明確化(6)  各ゼミ生の卒業研究として、フィールド調査やWeb検索が必要なテーマについて調査・集計の進捗を卒業研究進捗表および研究進捗工程表を使って報告させる。その進捗報告から、研究内容の問題点や質問事項を明らかにし、今後の研究の軌道修正などを個別に指導する。 
9. 卒業研究の進捗報告と調査・集計・分析における問題点の明確化(7)  各ゼミ生の卒業研究として、フィールド調査やWeb検索が必要なテーマについて調査・集計の進捗を卒業研究進捗表および研究進捗工程表を使って報告させる。その進捗報告から、研究内容の問題点や質問事項を明らかにし、今後の研究の軌道修正などを個別に指導する。 
10. 卒業研究の進捗報告と調査・集計・分析における問題点の明確化(8)  各ゼミ生の卒業研究として、フィールド調査やWeb検索が必要なテーマについて調査・集計の進捗を卒業研究進捗表および研究進捗工程表を使って報告させる。その進捗報告から、研究内容の問題点や質問事項を明らかにし、今後の研究の軌道修正などを個別に指導する。 
11. 卒業研究の進捗報告と調査・集計・分析における問題点の明確化(9)  各ゼミ生の卒業研究として、フィールド調査やWeb検索が必要なテーマについて調査・集計の進捗を卒業研究進捗表および研究進捗工程表を使って報告させる。その進捗報告から、研究内容の問題点や質問事項を明らかにし、今後の研究の軌道修正などを個別に指導する。 
12. 卒業研究の進捗報告と調査・集計・分析における問題点の明確化(10)  各ゼミ生の卒業研究として、フィールド調査やWeb検索が必要なテーマについて調査・集計を実施する。調査結果については、中間報告し、問題点や質問事項をディスカッションによって明らかにする。プレゼンをPowerPointとともに配布資料でレジュメを作成し、プレゼン技術を向上させる。 
13. 卒業研究の進捗報告と調査・集計・分析における問題点の明確化(11)  各ゼミ生の卒業研究として、フィールド調査やWeb検索が必要なテーマについて調査・集計の進捗を卒業研究進捗表および研究進捗工程表を使って報告させる。その進捗報告から、研究内容の問題点や質問事項を明らかにし、今後の研究の軌道修正などを個別に指導する。 
14. 学会・研究会の会場スタッフを経験  医療関連学会や研究会にゼミ研修の一環として会場スタッフとして参加し、発表者の発表方法や学会や研究会の準備段取り、運営方法について学ぶ。 
15. 学会発表用抄録の作成(1)  各ゼミ生の卒業研究の成果を、学会・研究会で発表するため、今までに研究してきたことを抄録にまとめる。抄録内容については、資料プレゼンから抄録書式・文字数などとともに、内容における問題点や質問事項をディスカッションによって明らかにする。 
16. 学会発表用抄録の作成(2)  各ゼミ生の卒業研究の成果を、学会・研究会で発表するため、今までに研究してきたことを抄録にまとめる。抄録内容については、資料プレゼンから抄録書式・文字数などとともに、内容における問題点や質問事項をディスカッションによって明らかにする。 
17. 学会発表用抄録の作成(3)  各ゼミ生の卒業研究の成果を、学会・研究会で発表するため、今までに研究してきたことを抄録にまとめる。抄録内容については、資料プレゼンから抄録書式・文字数などとともに、内容における問題点や質問事項をディスカッションによって明らかにする。 
18. 学会プレゼン資料の準備とデータ分析(1)  学会発表を前提としたPowerPointスライドの作成内容をプレゼンリハーサルを交えて精査する。なお、研究内容、プレゼン資料、発表方法について問題点があれば、個別指導をおこなう。 
19. 学会プレゼン資料の準備(2)  学会発表を前提としたPowerPointスライドの作成内容をプレゼンリハーサルを交えて精査する。なお、研究内容、プレゼン資料、発表方法について問題点があれば、個別指導をおこなう。 
20. 学会プレゼン資料の準備(3)  学会発表を前提としたPowerPointスライドの作成内容をプレゼンリハーサルを交えて精査する。なお、研究内容、プレゼン資料、発表方法について問題点があれば、個別指導をおこなう。 
21. 大学祭ゼミ研究発表会での研究発表  卒業研究の内容を大学祭ゼミ研究発表会において卒業研究概要を発表するための、プレゼン資料の準備や発表方法について確認する。 
22. 学会発表のためのプレゼンのためのリハーサル  学会発表を前提としたPowerPointスライドの作成内容をプレゼンリハーサルを交えて精査する。なお、研究内容、プレゼン資料、発表方法について問題点があれば、個別指導をおこなう。 
23. 日本医療福祉設備学会での研究発表  卒業研究の内容を日本医療福祉設備学会において卒業研究概要を発表するための、プレゼン資料の準備や発表方法について確認する。 
24. 医療の安全に関する研究会の研究発表  卒業研究の内容を医療の安全に関する研究会において卒業研究概要を発表するための、プレゼン資料の準備や発表方法について確認する。 
25. 卒業研究論文の作成(1)  学会発表した内容を卒業論文としてまとめ上げる際の要約、本文書式の設定や図表の作り方、参考文献の記載方法を修得する。必要により、ゼミ時間以外で個別相談を受付ける。 
26. 卒業研究論文の作成(2)  学会発表した内容を卒業論文としてまとめ上げる際の要約、本文書式の設定や図表の作り方、参考文献の記載方法を修得する。必要により、ゼミ時間以外で個別相談を受付ける。 
27. 卒業研究論文の作成(3)  学会発表した内容を卒業論文としてまとめ上げる際の要約、本文書式の設定や図表の作り方、参考文献の記載方法を修得する。必要により、ゼミ時間以外で個別相談を受付ける。 
28. 卒業研究論文の作成(4)  学会発表した内容を卒業論文としてまとめ上げる際の要約、本文書式の設定や図表の作り方、参考文献の記載方法を修得する。必要により、ゼミ時間以外で個別相談を受付ける。 
29. 卒業研究論文の作成(5)  学会発表した内容を卒業論文としてまとめ上げる際の要約、本文書式の設定や図表の作り方、参考文献の記載方法を修得する。必要により、ゼミ時間以外で個別相談を受付ける。 
30. 冬季ゼミ合宿  ゼミ合宿において、卒業研究のテーマについて発表およびディベートする場をつくり、考え方を広めるとともに、ゼミ生間の連帯感・協調性を強める。なお、昼間はスキー・スノボなどのスポーツを通して、持久力と集中力を磨くとともに、団体行動の規範を理解する。 
テキスト
【書籍名】 【著者】 【出版社】
1. 令和元年度版 厚生労働白書  日本医療情報学会医療情報技師育成部会編  篠原出版新社 
参考文献
【書籍名】 【著者】 【出版社】
1. 医療情報(第6版)(医学医療編、情報処理技術編、医療情報システム編)  日本医療情報学会医療情報技師育成部会編  篠原出版新社 
2. 医療機器安全実践必須ガイド(医療概論編、臨床医学編、臨床工学編、医療情報編)  日本医療機器学会監修  エム・イー振興協会 
授業方法の形式
ゼミ形式(対面授業) 
成績評価方法
3年次前期は、特打式Officeの自主学習による理解度と医療情報技師検定試験対策勉強会の理解度を模擬テスト(50%)で評価するとともに、3年次後期は、厚生労働白書プレゼン発表とゼミホームページ作成等(50%)で評価する。
また、4年次は、ゼミ研究の活動状況(50%)とともに、関連学会やゼミ研究発表を含めた卒業論文の完成度(50%)で評価する。
C(合格)となるためには、3年次および4年次の到達目標を最低限達成することが必要である。 
成績評価基準
ゼミ研究の活動状況(50%):毎回のゼミ発表における進捗状況から評価する。
卒業論文の完成度(50%):関連学会やゼミ研究発表を含めた卒業論文の完成度を評価する。
出席は加点要素とはしないが、授業回数の3分の2に満たない場合は欠格とする。
なお、確認テスト等と定期試験の平均が60点となるためには、到達目標を最低限達成することが必要である。 
受講生へのメッセージ
医療や介護は自分や両親が一生に必ず提供を受けるサービスです。医療・介護サービスに無知なため、適切サービスを受けれなかったり、医療トラブルに遭遇するケースも少なくありません。酒井ゼミでは、医療や介護に関心を持ち、自らの健康意識を向上してもらうとともに、医療系コンピュータ企業や病院の情報システム部門の即戦力となる優秀な学生を輩出することを目指しています。したがって、学習意欲があり、真面目でやる気のある学生のゼミ入講を期待します。 
参考URL
1. 酒井ゼミホームページ  
2. 厚生労働白書  
画像
ファイル
更新日時 2022/03/22 10:11


PAGE TOP