シラバス参照

科目名 情報管理の応用 
担当者氏名

酒井 順哉

全開講対象学科 都市情報学部都市情報学科
年次 2年次 
クラス  
講義学期 後期 
単位数
必選区分 必修科目 
学期・曜日・時限  
部門 専門基礎部門-専門基礎科目 
備考  



準備学習・事後学習
毎回のシラバス項目名とその内容を確認し、あらかじめどのようなことを学習するかを把握してほしい。また、わからない用語がある場合はgoogle検索などで調べておくことが望ましい。毎回、講義時間の2倍の自学自習をすること。 
課題・定期試験に対するフィードバック
毎回の講義終了後にWebClassで確認テストと課題レポートを課し、次回の授業の開始時に設問の解説と正解とともに正答率を示す。また、定期試験については、講評、解説等を纏めたペーパーを、追・再試験終了後に研究室前に掲示する。 
履修上の留意
講義の出欠および遅刻は教室入口横のICカードリーダでチェックするので、学生証を必ず持参し、入室時に必ずタッチすること。講義サブノートはWebClass「資料」で講義日2日前からダウンロードできるので、講義には各自印刷して持参すること。
講義内容の理解度を評価するため、講義日にWebClass「テスト」に確認テストを掲載するので、「5者択一問題」は講義日を含め3日以内、「記述問題」は講義日を含め5日以内に解答すること。これらの内容を合計して出席点として評価する。
また、講義内容全体の理解度を確認するため、定期試験で実施する。 
授業の概要と目的
インターネットが世界規模で使われるようになったIT社会に至るまでの歴史的変遷を通し、ネットワークの管理技術、インターネット犯罪、リスクマネジメント手法を通し、情報倫理、情報システムの評価やリスク分析の考え方を身に付ける。また、バンキングシステム、PОSシステム、病院情報システムの具体事例を照会し、現在社会での情報管理の重要性を理解する。
カリキュラムポリシーの②およびディプロマポリシー②に該当し、ディプロマポリシー③にも関係する。
(科目ナンバリングコード:UU21002) 
該当するCP(カリキュラム・ポリシー)およびDP(ディプロマ・ポリシー)
本授業は、CP1およびDP1に該当する。 
実務経験と授業内容の関係
科目ナンバリングコード
UU21002 
サブタイトル
高度情報化社会に必要な情報システムとネットワークセキュリティ 
到達目標
コンピュータやネットワークを扱う上で不可欠な基礎知識を習得するとともに、現代社会におけるインターネットやソフトウェア利用において安全で快適な活用ができる素養を身に付けることを目標とする。 
授業計画
【項目欄】 【内容欄】
1. インターネットの誕生と機能  軍事目的として開発されたインターネットが現在どのように発展してきたかを学ぶとともに、インターネット利用におけるモラルと法的規制の限界について探る。また、近年使われているWebブラウザを機能面からどのような違いがあるかを知る。 
2. インターネットWeb検索からYouTube、Blogへの動向  自分に有用な情報の入手方法として、ニュースグループの活用、サーチエンジンによるネットサーチがあるが、これらの仕組みがどのようになっているかを学ぶとともに、情報発信として広がりを見せているBlog・SNSの動向を考える。 
3. 広がりを見せてきたSNS  人と人とのコミュニケーションを円滑する手段として、広がりを見せているSNSに、Facebook、Tuitter、Instaguram、LINEなどがあるが、その使うわけや諸注意について学ぶ。 
4. 顧客獲得のためのWeb2.0(第2世代型Web)  従来のWWWにおけるサービスやユーザ体験を超えて、次第に台頭しつつあるWeb2.0について学び、ロングテール理論に基づくニッチ商品の販売戦略など、従来のWebとどのように違うかを理解する。 
5. オンラインストレージサービス
の有用性とそのリスク 
オンラインストレージサービスとは、インターネットを介して利用できるクラウド上のサーバーを使い、ファイルの保存をおこなうサービスであるが、クラウドを使うことによる情報漏えいや改ざんに注意しなければならないことを学ぶ。 
6. ネットワーク犯罪とその安全対策  ネットワーク社会における様々なコンピュータ犯罪に目を向け、どのような手口で犯罪が行われるかを明らかにするとともに、各種コンピュータウィルスの特性について学ぶ。 
7. インターネット社会の個人情報漏洩とその対策  個人情報保護法を理解するとともに、インターネットで個人情報を漏えいさせる手法(Cookie、Phishing、Spyware)に対する留意点や、企業や団体が積極的に導入を進めているプライバシーポリシーについて学ぶ。 
8. 2次元シンボル・ICタグが社会を変える  モノの識別管理やヒトの所在管理にバーコードが使われてきた時代から、バーコードが使い難い場面で2次元シンボルやICタグが使われるようになった。バーコードと2次元シンボル、ICタグの原理と応用事例から利用面の功罪について考える。 
9. 高度情報化社会の到来とDX進展による期待  ITによって空間的・時間的制約が解消されるようになったが、一方でデジタル・ディバイドの問題も生じている。わが国が国家戦略として、高度情報化社会に向けてどのようなアプローチをしようとしているかを学ぶ。 
10. 物流のシステム化に貢献するPOSとバーコード  物流(Physical Distribution)の基本的機能と補完機能を理解し、物流に求められるスピード、安全性、ローコスト、ネットワーク化、国際化に必要となるPOSや標準バーコードGS1-128の役割について学ぶ。 
11. 金融情報システムの役割と今後の展望  金融の情報機能の側面性に焦点をあて、情報管理による戦略性拡大とリスク回避のため、預貯金管理、データ評価分析、資産・負債管理がどのように行われているかを学ぶ。また、クレジット、デビット、電子マネーの相違についても理解する。 
12. 医療の質的向上と効率化に寄与する医療情報システム  病院では、患者安全、医療の質の向上、病院経営の向上のために、オーダリングシステムや電子カルテシステムなどが導入されている。これらの病院情報システムをさらに機能的にするためにコード標準化やバーコードシステムの導入の意義について理解する。 
13. 図書館システムと情報管理の役割  図書館の種類と役割を知り、どのように図書館を活用するかを学ぶ。特に、インテーネットを活用した情報検索の各種活用サイトとともに、その技術も理解し、ビジンスや研究に役立てるための知識を修得する。 
14. ヒューマンエラーとリスク管理(リスクを如何に回避するか)  人間は知覚・思考・行動の中でミスは付き物である。経営や災害の際に発生するリスク要因を静的リスク(純粋リスク)と動的リスク(投機リスク)に類別し、安全なシステム管理の手法や意思決定の最適化についての考え方を理解する。 
15. 変革の世紀における情報管理の役割  21世紀の訪れとともに、テロ、BSE(狂牛病)問題、景気低迷に経営破綻など様々な事件が起きている状況において、情報を総合的に把握し役立てるには、スキルが重要であることを理解する。また、ピーター・ドラッガーのマネジメント論に触れ、顧客を創造し、特定のニーズに応える続けるためにはマーケティングとイノベーションをマネジメントで制御することが重要であることを理解する。 
テキスト
【書籍名】 【著者】 【出版社】
1. 毎回サブノートを配布し、対応する。     
参考文献
【書籍名】 【著者】 【出版社】
1. 特になし     
授業方法の形式
PowerPointおよびサブノートを利用した講義(遠隔授業) 
成績評価方法
成績は確認テストと課題レポートを50%、定期試験を50%として評価する。
WebClassによる全15回の確認テスト(100点換算)と定期試験(100点換算)との平均が60点以上の者を合格とする。なお、確認テストの提出がない場合、「欠席」として扱い、欠席回数が全体の1/3以上の場合は「欠格」として扱う。
C(合格)となるためには、到達目標を最低限達成することが必要である。 
成績評価基準
確認テスト・課題レポート(50%):毎回の講義内容から理解度を確認する。
定期試験(50%):講義内容の基礎的五者択一問題60点、応用的説明問題40点で出題し、学修達成度を評価する。
出席は加点要素とはしないが、授業回数の3分の2に満たない場合は欠格とする。
なお、確認テスト等と定期試験の平均が60点となるためには、到達目標を最低限達成することが必要である。 
受講生へのメッセージ
情報管理の応用は情報を扱うための技術の習得に留まらず、データベース構築方法やシステム監査、リスクマネジメントなど極めて奥深い学問です。したがって、情報の用語習得に終わるのではなく、その効用や問題点まで明確に把握するよう努力してほしい。 
参考URL
1. 必要に応じて授業で案内する   
画像
ファイル
更新日時 2022/03/06 09:32


PAGE TOP