シラバス参照

科目名 遺伝学 
担当者氏名

寺田 理枝

全開講対象学科 農学部生物資源学科
年次 2年次 
クラス A・B 
講義学期 前期 
単位数
必選区分 必修科目 
学期・曜日・時限  
部門 専門教育部門-専門教育科目群必修 
備考  



準備学習・事後学習
準備学習;生物学の遺伝子情報・遺伝子発現・タンパク質・バイオテクノロジーについて高校教科書と「Essential細胞生物学」南江堂,参考書等により充分予習しておくこと.事後学習;講義内容の配布プリントを復習し該当する「Essential細胞生物学」の部分を読み込み理解を深めること.毎回,講義時間の2倍程度の予習と復習の時間を確保すること.小テストは返却し, 解答の解説を行います. 
課題・定期試験に対するフィードバック
履修上の留意
生物学の遺伝子情報・遺伝子発現・タンパク質・バイオテクノロジーについて高校教科書,「Essential細胞生物学」南江堂,参考書等による予習が行われていること.とくに専門的な用語について初歩的な把握ができている. 
授業の概要と目的
本科目は生物資源学科の学位授与方針のDP2及びCP2の遺伝・育種科目に位置する.遺伝現象とDNA等の細胞分子を互いに対応させながら,DNAの構造,細胞分裂とDNA複製,遺伝子発現の分子機構,遺伝子情報からタンパク質を作る仕組みについて原核生物,真核生物の違いも含めて説明する.またウイルスやトランスポゾン,生殖により遺伝子変異がおきる仕組みや遺伝子修復について解説する.遺伝子の不変と変異のバランスから多様な生物が進化したことへの洞察力を深め,DNA分子機構の基本を正確に理解できる様にする.
教員の実務経験;国立の研究機関でのバイテク育種技術の開発経験を活かして遺伝学で遺伝子組換え作物の基礎に関する実践的教育を行う.
(科目ナンバリングコード:AA21301) 
該当するCP(カリキュラム・ポリシー)およびDP(ディプロマ・ポリシー)
実務経験と授業内容の関係
科目ナンバリングコード
サブタイトル
遺伝子の実体と情報伝達の仕組み 
到達目標
DNAの構造や機能を十分に理解し,メンデル遺伝等の様々な遺伝変異が表現型に現れる分子機構,DNA情報が生殖細胞を通して子孫へ伝えられる分子メカニズムをきちんと理解でき,説明できるようにする.育種学の基礎となる遺伝の基礎を身につける.身近な生物資源への関心を深め興味を持つ様にする. 
授業計画
【項目欄】 【内容欄】
1. 履修ガイダンス  本講義の履修にあたっての注意,試験および評価について説明する. 
2. 遺伝子と遺伝現象  メンデル遺伝の概念が見出された歴史と遺伝現象を遺伝子DNA(デオキシリボ核酸)の仕組みからも含めて概説する. 
3. 遺伝現象の原理  何が遺伝現象(正確な情報伝達)を成立させているかをDNA分子の特徴から説明する. 
4. DNAの複製  DNA二重らせんが正確に素早く複製する過程と仕組みについて説明する. 
5. DNAと染色体  DNAの複製,染色体として濃縮され細胞分裂する仕組みについて説明する. 
6. 原核生物と真核生物のDNA  原核生物のDNAの特徴,真核生物の染色体構造と機能を解説する. 
7. DNA複製の開始と終了  真核生物のDNA複製の開始と終了の特徴,細胞周期について解説する. 
8. 遺伝子の転写  原核生物のRNA転写機構について説明する. 
9. 真核生物における転写  真核生物のmRNA合成過程で転写RNAのスプライシング, 5’と3’の修飾,細胞質で翻訳が行われる過程について説明する. 
10. 遺伝子の翻訳  mRNAの塩基配列情報からタンパク質ができる過程について概説する. 
11. 真核生物と原核生物における翻訳  真核生物と原核生物のリボゾームの比較,tRNA,rRNA,mRNAによりタンパク質合成が起きる過程を説明する. 
12. タンパク質の保全  タンパク質の構造,正確な翻訳の重要性とタンパク質異常による病気について説明する. 
13. 遺伝子変異と修復  遺伝子破壊と修復,減数分裂を介した遺伝子相同組換えの仕組みについて説明し,遺伝子情報の保持と変化について考察する. 
14. 遺伝子変異  トランスポゾンとウイルスによる遺伝子変異の仕組みを概説し,進化と遺伝子多様性について考察する. 
15. 組換え育種と遺伝子ターゲティング  組換え育種の原理と実用化の状況,相同組換えの原理と遺伝子ターゲティング法について概説し,組換え育種, ゲノム編集等の改良について考察する. 
テキスト
【書籍名】 【著者】 【出版社】
1. 「Essential細胞生物学」     南江堂 
参考文献
【書籍名】 【著者】 【出版社】
1. 「エッセンシャル」遺伝学     培風館 
授業方法の形式
講義 
成績評価方法
理解度確認テスト(10%)、定期試験(90%)で評価(70%)します。授業回数の2/3以上の出席に満たない場合は欠格とする。C(合格)となるためには、到達目標を最低限達成することが必要である。 
成績評価基準
受講生へのメッセージ
講義の内容を理解できるようになれば身近な生物の遺伝現象への興味が深まります.学習方法は図書館,インターネットなど様々な工夫を通して自主的に理解力,応用力の向上を進めて下さい. 
参考URL
1. 特になし   
画像
ファイル
更新日時 2021/02/10 13:39


PAGE TOP