シラバス参照

科目名 建築応用力学特論2 
科目名(英字) Advanced Theory of Applied Structural Mechanics II 
担当者氏名

大塚 貴弘

対象研究科・専攻 理工学研究科建築学専攻修士課程 
講義学期 後期 
単位数



準備学習・事後学習
学部の構造力学および各種構造

毎回、講義時間の2倍の自学実習が求められます。 
授業の概要と目的
同・特論Ⅰに引き続き、鋼構造の設計における各種理論について解説する。また、建築構造物の崩壊解析で用いられる理論について講じるとともに、構造実験を行うことで、理論・数値解析・実験・設計相互のかかわりについて論じる。
本授業はDP1およびCP1に該当する 
該当するCP(カリキュラム・ポリシー)およびDP(ディプロマ・ポリシー)
科目ナンバリングコード
到達目標
鋼構造の設計における各種理論および崩壊解析に用いられる理論を理解し、構造設計に応用できる。 
授業内容
番号 【項目欄】 【内容欄】
1. ガイダンス  建築構造設計における力学の活用 
2. 圧縮材の設計1  単一圧縮材の設計 
3. 圧縮材の設計2  組立圧縮材の設計 
4. 筋かい材の設計  筋かい材の設計,座屈拘束ブレース 
5. はり材の設計1  薄肉開断面の曲げねじり 
6. はり材の設計2  はりの横座屈 
7. 柱材の設計1  柱材の弾塑性挙動 
8. 柱材の設計2  繰返し荷重を受ける柱材の挙動 
9. 骨組の不安定現象1  骨組の座屈 
10. 骨組の不安定現象2  P⊿効果 
11. スペースフレームの不安定現象1  座屈現象と境界条件 
12. スペースフレームの不安定現象2  設計上の留意点 
13. 立体骨組の大たわみ弾塑性解析  数値解析上の留意点 
14. 不安定現象を評価するための簡易部材モデル  解析モデルの特徴と留意点 
15. まとめ  建築学会規準の現状と今後の課題について説明する。 
その他(履修条件・関連科目など)
建築応用力学特論Ⅰ 
授業形態・方法
関連資料を用いて講義を行い、構造設計上の留意点、問題点や課題をまとめる。また、それらの問題点や対応策について討論する。 
成績評価方法
関連する課題についてのレポートにより評価する(100%)。C(合格)となるためには、到達目標を最低限達成することが必要である。 
成績評価基準
テキスト
参考資料文献等
参考URL
画像
ファイル
更新日付 2021/11/22 16:42


PAGE TOP