シラバス参照

科目名 建築構造工学特別演習・実験1A 
科目名(英字) Advanced Seminar and Experiments in Structural Engineering Ⅰ A 
担当者氏名

大塚 貴弘

対象研究科・専攻 理工学研究科建築学専攻修士課程 
講義学期 前期 
単位数



準備学習・事後学習
各種設計規準、設計指針および設計例を読み、演習を行うのに必要な項目について復習しておくこと。各盲目の演習を自宅で行うこと。

毎回、演習・実験の半分の自学実習が求められます。 
授業の概要と目的
構造物の安全で合理的な設計法を習得するためには、地震時における構造物の弾塑性挙動や保有耐力性能を十分に理解する必要がある。本演習では、構造計算書及びレポートを作成、数回の発表会を実施する。各部材の軸力や曲げに対する耐力、柱や耐震壁のせん断強度に関する基礎知識を習得し、また静的弾塑性シミュレーションを自ら実施することによって骨組全体の弾塑性挙動や保有耐力の算定法、解析結果の評価方法について学ぶ。これらの演習を通して構造物の設計、特に耐震設計法を習得する。
本授業はDP3およびCP2に該当する 
該当するCP(カリキュラム・ポリシー)およびDP(ディプロマ・ポリシー)
科目ナンバリングコード
到達目標
構造物の設計演習を通して鉄筋コンクリート構造や鉄骨構造の設計方法を具体的に体得し、特に弾塑性挙動を理解し、静的弾塑性解析が適切に実施できる。ここでは自ら実際に骨組をモデル化し数値解析を実施することで耐震設計法に関する多くの知見を習得する。 
授業内容
番号 【項目欄】 【内容欄】
1. ガイダンス  課題内容の説明(構造物の特徴と構造計画の概要説明)とシミュレーション全般の概要説明(構造物の保有耐力と評価、振動解析と評価) 
2.   構造計画、設計ルートと使用材料などの設定;荷重・外力;準備計算と骨組のモデル化;骨組の弾性応力解析 
3.   構造計画、設計ルートと使用材料などの設定;荷重・外力;準備計算と骨組のモデル化;骨組の弾性応力解析 
4.   構造計画、設計ルートと使用材料などの設定;荷重・外力;準備計算と骨組のモデル化;骨組の弾性応力解析 
5.   構造計画、設計ルートと使用材料などの設定;荷重・外力;準備計算と骨組のモデル化;骨組の弾性応力解析 
6.   構造計画、設計ルートと使用材料などの設定;荷重・外力;準備計算と骨組のモデル化;骨組の弾性応力解析 
7. 中間報告  設計用図書の提出 
8.   設計した骨組の特徴と保有耐力算定結果のプレゼンテーション 
9. 演習・断面設計と二次設計  各部材の断面設計(はり、柱、接合部、ブレース・耐震壁、基礎、杭);二次設計(層間変形角、剛性率、偏心率の検討)、弾塑性解析による骨組の保有耐力の算定 
10.   各部材の断面設計(はり、柱、接合部、ブレース・耐震壁、基礎、杭);二次設計(層間変形角、剛性率、偏心率の検討)、弾塑性解析による骨組の保有耐力の算定 
11.   各部材の断面設計(はり、柱、接合部、ブレース・耐震壁、基礎、杭);二次設計(層間変形角、剛性率、偏心率の検討)、弾塑性解析による骨組の保有耐力の算定 
12.   各部材の断面設計(はり、柱、接合部、ブレース・耐震壁、基礎、杭);二次設計(層間変形角、剛性率、偏心率の検討)、弾塑性解析による骨組の保有耐力の算定 
13.   各部材の断面設計(はり、柱、接合部、ブレース・耐震壁、基礎、杭);二次設計(層間変形角、剛性率、偏心率の検討)、弾塑性解析による骨組の保有耐力の算定 
14.   各部材の断面設計(はり、柱、接合部、ブレース・耐震壁、基礎、杭);二次設計(層間変形角、剛性率、偏心率の検討)、弾塑性解析による骨組の保有耐力の算定 
15. 最終報告  構造物の特徴と構造計画及び設計結果のプレゼンテーションと討議 
その他(履修条件・関連科目など)
授業形態・方法
課題説明を行った後、受講者は関連資料を用いて構造設計の演習を行い、実務の視点から問題点や課題をまとめ、途中で数回の発表と討議を行う。構造物を設計する際、弾塑性解析などのシミュレーションを実施し、その結果を構造計算書及びレポートとしてまとめる。 
成績評価方法
構造計算書及びプレゼンテーション、レポートなどの内容により総合的に評価する(100%)。C(合格)となるためには、到達目標を最低限達成することが必要である。 
成績評価基準
テキスト
参考資料文献等
参考URL
画像
ファイル
更新日付 2021/11/22 16:42


PAGE TOP