シラバス参照

科目名 卒業研究ゼミナール 
担当者氏名

神谷 俊次

全開講対象学科 人間学部人間学科
年次 4年次 
クラス  
講義学期 通年 
単位数
必選区分 必修科目 
学期・曜日・時限  
部門 専門教育部門-ゼミナール 
備考  



準備学習・事後学習
各回の演習内容に対応する準備(資料収集,文献整理,レジュメの作成,研究計画の立案など)を行ってくること。研究を進めていく各段階で有用と思われる資料をWeb Classに掲載するので事前に閲覧し準備学習に活用すること。事後学習として,講義で指摘された問題点を中心に善後策を考えること。毎回授業時間の2倍の自学自習をすること。 
課題・定期試験に対するフィードバック
履修上の留意
自発的な取組が求められる。大学でこのような『研究』をしたと自己アピールできるような卒業研究を目指すこと。 心理学研究法(データ収集法,統計的手法など)の知識は十分もっていることを前提に演習を進めるので,予備知識に不安がある場合は,これまで履修した授業で学んだ内容を復習して各自で補っておくこと(下に示した参考文献が役立つ)。 
授業の概要と目的
本科目はCP3およびDP1、DP2、DP3に位置する。特定のテーマに関する心理学研究を行い,その成果を論文(卒業論文)にまとめる。この研究プロセスの中で,問題発見能力,課題解決能力を身につける。また,他の受講生の発表に対する質疑応答を通じて,社会的スキルを高める。(科目ナンバリングコード:HH41601) 
該当するCP(カリキュラム・ポリシー)およびDP(ディプロマ・ポリシー)
実務経験と授業内容の関係
科目ナンバリングコード
サブタイトル
到達目標
1. 課題解決に必要な情報を収集し,適切にまとめることができる。 2. 心理学関係の学術論文を読解できる。 3. さまざまな事象に内在する問題点を指摘できる。 4. コミュニケーション力を身につける。 5.日常の心理的事象に興味や関心をもつ。 
授業計画
【項目欄】 【内容欄】
1. ガイダンス  授業目標,授業計画,個人研究の進め方について説明する。 
2. 心理学研究法の理解(1)  心理学研究で用いられる主要な研究技法を学ぶ。 「人間科学研究法ハンドブック 第2版」を分担発表する。 
3. 心理学研究法の理解(2)  心理学研究で用いられる主要な研究技法を学ぶ。 「人間科学研究法ハンドブック 第2版」を分担発表する。 
4. 心理学研究法の理解(3)  心理学研究で用いられる主要な研究技法を学ぶ。 「人間科学研究法ハンドブック 第2版」を分担発表する。 
5. 研究構想の発表(1)  卒業論文で取り組むテーマについての発表し,ブレーンストーミングを行う。 
6. 研究構想の発表(2)  卒業論文で取り組むテーマについての発表し,ブレーンストーミングを行う。 
7. 研究構想の発表(3)  卒業論文で取り組むテーマについての発表し,ブレーンストーミングを行う。 
8. 研究計画の考え方  研究計画の立案の仕方を学ぶ。 
9. 文献収集活動  各自の研究テーマに関する文献収集を行う。 
10. 研究計画の立案と発表(1)  各自の研究計画について討論を行う。 
11. 研究計画の立案と発表(2)  各自の研究計画について討論を行う。 
12. 研究計画の立案と発表(3)  各自の研究計画について討論を行う。 
13. 研究計画の立案と発表(4)  各自の研究計画について討論を行う。 
14. 研究計画の立案と発表(5)  各自の研究計画について討論を行う。 
15. これまでのまとめと今後の方針の確認  これまでのまとめを行い,各自の研究の方向づけをする。 (なお,夏季休暇中のゼミ合宿で各自の研究計画を具体的に詰める) 
16. データ収集の具体的な方法や計画の発表(1)  各自の研究計画に即したデータ収集方法を発表し議論する。 
17. データ収集の具体的な方法や計画の発表(2)  各自の研究計画に即したデータ収集方法を発表し議論する。 
18. データ収集の具体的な方法や計画の発表(3)  各自の研究計画に即したデータ収集方法を発表し議論する。 
19. データ収集の具体的な方法や計画の発表(4)  各自の研究計画に即したデータ収集方法を発表し議論する。 
20. 卒論の書き方  資料に基づいて卒論の書き方や注意事項を学ぶ。 
21. 研究背景の紹介(1)  受講生各自の研究テーマに関する研究の背景(卒論の問題部の大枠)を先行研究に基づいて発表する。 
22. 研究背景の紹介(2)  受講生各自の研究テーマに関する研究の背景(卒論の問題部の大枠)を先行研究に基づいて発表する。 
23. 研究背景の紹介(3)  受講生各自の研究テーマに関する研究の背景(卒論の問題部の大枠)を先行研究に基づいて発表する。 
24. 研究背景の紹介(4)  受講生各自の研究テーマに関する研究の背景(卒論の問題部の大枠)を先行研究に基づいて発表する。 
25. データ分析(1)  収集したデータの分析と分析の相談を行う。 
26. データ分析(2)  収集したデータの分析と分析の相談を行う。 
27. 分析結果の考察  分析結果の確認と解釈をする。 
28. 卒業論文の下書きの修正  卒業論文の構成や要旨を確認する。 
29. 研究成果報告会の準備  卒業論文発表会に向けてプレゼンテーションの準備をする。 
30. まとめ  1年間を振り返り,卒業研究への取り組みを各自で自己評価する。 
テキスト
【書籍名】 【著者】 【出版社】
1. 使用しない     
参考文献
【書籍名】 【著者】 【出版社】
1. よくわかる卒論の書き方  白井利明・高橋一郎  ミネルヴァ書房 
2. 心理学論文・書き方マニュアル  ロスノウ・ロスノウ  新曜社 
3. 心理学研究法入門:調査・実験から実践まで  南風原・市川・下山  東京大学出版会 
4. 心理学研究法:心を見つめる科学のまなざし  高野陽太郎・岡隆  有斐閣アルマ 
5. 人間科学研究法ハンドブック(第2版)  高橋・渡辺・大渕  ナカニシヤ出版 
授業方法の形式
ゼミナール形式(対面授業) 
成績評価方法
授業中の学習活動および討論30%,卒業論文50%,卒業研究に対する自己評価20%
C(合格)となるためには、到達目標を最低限達成することが必要である。 
成績評価基準
受講生へのメッセージ
行き詰ったら早めに相談にきてください。来室に際しては、必ず事前にメールでアポを取るようにしてください。予約なしの面談には応じかねます。 
参考URL
画像
ファイル
更新日時 2021/02/03 15:48


PAGE TOP