シラバス参照

科目名 微生物学1 
担当者氏名

加藤 雅士

全開講対象学科 農学部応用生物化学科
年次 2年次 
クラス C・D 
講義学期 前期 
単位数
必選区分 必修科目 
学期・曜日・時限  
部門 専門教育部門-専門教育科目群必修 
備考  



準備学習・事後学習
生物化学1の内容を良く復習しておくこと。身の回りの微生物について自分なりに考えておくこと。事後には、微生物学2の学習に備えて、よく復習しておくこと。

毎回の授業の際に、あらかじめポータルサイトより授業のプリントをPDF形式で配布する。各自でプリントアウトし、参考文献で関連事項をあらかじめチェックしながら目を通しておくこと(予習:毎回2時間程度)。講義後、配布プリントと授業時の説明を元に、レポート用紙等に学修内容をまとめておく。発展学習として、関連事項を自分で調べ追記しておくこと(復習:毎回2時間程度)。適宜、課題として提出してもらう。課題返却時に全体に向けて、解説や講評を行う。スケジュール上、一部の課題や試験へのフィードバックについては、研究室前の掲示により解説や講評を行うので、各自確認をすること。 
課題・定期試験に対するフィードバック
履修上の留意
微生物学は暗記物のように捉えられがちであるが、実際には論理的なものである。有機化学、生物化学の知識に上に成り立っている部分が多いので、1年次に履修した有機化学、生物化学を今一度見直しておいていただきたい。それぞれの知識が互いに関連しあっていることを理解しながら履修し,覚えていくことが望まれる。 
授業の概要と目的
地球上での生命の誕生は微生物に始まる。微生物の存在なくしては地球上の物質循環は行われないし,人が生きて行くこともできない。古代から人と微生物は深くかかわり合っている。一方,微生物学が確立されて以来,微生物を最小単位としての生命科学が確立されつつある。微生物を通して、生命についての基礎を学ぶ。本科目はCP2, DP2の専門教育科目群(生命科学)に位置する。

(科目ナンバリングコード:AB21204) 
該当するCP(カリキュラム・ポリシー)およびDP(ディプロマ・ポリシー)
実務経験と授業内容の関係
科目ナンバリングコード
サブタイトル
目にみえない微生物により,地球も人類も大きな恩恵を受けている。微生物の分類・構造・機能・生理を学ぶ。 
到達目標
微生物学の基礎的知見(分類、形態、生理、構造、遺伝、代謝の基礎)が説明できる。 
授業計画
【項目欄】 【内容欄】
1. 微生物学とは  微生物学入門:微生物学の定義、人間と微生物のつながりについて概観する。 
2. 微生物学の歴史  古代の人間と微生物の関わりから現代に至るまでの歴史を学ぶ。微生物学を発展させたレーウェンフック、パスツール、コッホの研究など。 
3. 微生物学の研究法1  研究法に関して基本的な知識を習得する。滅菌法、純粋培養法など。 
4. 微生物の研究法2  研究法に関して基本的な知識を習得する。顕微鏡(各種染色法)など。 
5. 微生物の代謝の基礎  解糖系、TCA回路、電子伝達系など微生物学に必要な代謝の基礎を学ぶ。 
6. 微生物の栄養と生育  微生物が生育するのに必要な栄養素、培地についての基礎知識。微生物の生育環境(温度、塩濃度、pH、塩濃度など)について学ぶ。 
7. 微生物の培養と増殖  微生物の生育を定量的に考える(生育曲線、増殖速度など)。 
8. 微生物遺伝の基礎  微生物学に必要な分子遺伝学の基礎を学ぶ(セントラルドグマ。DNAの構造。転写、翻訳など)。 
9. バクテリオファージと微生物遺伝  微生物分子遺伝学に必要なバクテリオファージ(バクテリアに感染するウイルス)についての基礎知識を得る。 
10. 微生物と遺伝子の移動  遺伝子操作技術に必要な遺伝子の各種移動様式(形質転換、形質導入、転移)について学ぶ。 
11. 遺伝子操作の基礎  遺伝子操作の基礎(制限酵素、電気泳動、遺伝子組換え)について学ぶ。 
12. 微生物の進化と分類  微生物の進化を遺伝子解析の観点から見つめる(16sリボソーマルRNAによる分類、系統樹、アーキアなど)。 
13. 微生物の構造  微生物の細胞構造について学ぶ(真核細胞と原核細胞の違いなど)。 
14. 微生物の構造2  微生物の細胞構造について学ぶ(細胞構造、表層構造など)。 
15. 総括  これまでの授業を総括し、微生物学の基礎知識を体系的にまとめる。理解を深めることにより、個々のの知識を有機的につなげてゆき、微生物学2の学修に備える。 
テキスト
【書籍名】 【著者】 【出版社】
1. 「遺伝子・細胞から見た 応用微生物学」  阪井康能・竹川 薫・橋本 渉・片山高嶺 編著  朝倉書店 
参考文献
【書籍名】 【著者】 【出版社】
1. 「応用微生物学(第2版)」  清水、堀之内編  文永堂出版 
2. 「応用微生物学」  塚越規弘  朝倉書店 
3. 「Brock微生物学」  M.T.マディガンら  オーム社 
4. 「新版生物反応工学」  山根恒夫他  産業図書 
授業方法の形式
講義 
成績評価方法
課題(提出物、小テストなど)(50%)、定期試験(50%)。C(合格)となるためには、到達目標を最低限達成することが必要である。 
成績評価基準
受講生へのメッセージ
食品、製薬、化学会社などの入社試験で微生物関係の問題が出されることが多いが,その内容は微生物学1で学ぶことがほとんどである。分類や形態は暗記すればよいと言うものではない。生物の体は機能を果たすために構造を作り出してきている。構造の丸暗記をすることは苦痛でしかないが,その構造によりしかるべき機能が果たせることを理解すれば自然と覚えられるであろう。 
参考URL
画像
ファイル
更新日時 2021/02/10 13:39


PAGE TOP