シラバス参照

科目名 基礎演習1 
担当者氏名

野口 大作

全開講対象学科 法学部法学科
年次 1年次 
クラス  
講義学期 前期 
単位数
必選区分 選択科目 
学期・曜日・時限  
部門 専門教育科目-演習部門 
備考 学生便覧に基づき全体として講義時間の2倍程度の事前・事後学習が必要です。 



準備学習・事後学習
グループ発表については、メンバーで協力してレジュメを作成し、事前に議論しておくこと。読書レポートについては、社会科学に関する本1冊を選び、読書後、レポートにまとめて提出すること。 
課題・定期試験に対するフィードバック
課題・レポートに関しては、授業で解説します。 
履修上の留意
社会問題について、発表とディスカッションを行いますので、事前の予習を行ったうえで、毎回必ず1回は発言してください。無断欠席3回で欠格とします。また、遅刻2回で欠席1回とみなします。 
授業の概要と目的
法律学習の方法を学ぶとともに、グループ発表・ディスカッションを通じて、他人の意見を理解したうえで自分の意見を言うことに慣れる。また、レポート作成・添削を通じて、文章理解力・文章作成マナーを身につけるほか、社会問題に対する関心を高める。 
該当するCP(カリキュラム・ポリシー)およびDP(ディプロマ・ポリシー)
本授業はCP3およびDP1に該当する。 
実務経験と授業内容の関係
科目ナンバリングコード
LL11101 
サブタイトル
法学入門演習、法律学習の方法を学びディスカッション力と文章基礎力を身につける講座 
到達目標
他人の意見を理解したうえで、自分の意見を言える表現力を身につけるとともに、文章表現基礎力を養い、社会人基礎力におけるチームワーク力、考え抜く力を身につける第一歩とする。 
授業計画
【項目欄】 【内容欄】
1. ガイダンス  就職活動と卒業(ゴール)までに身につけるべき能力を意識し、今後4年間をいかに有意義に過ごすべきかを考える講義を行う。 
2. 自己紹介  グループに分かれて、自己紹介を行い、学び合う仲間と親しい関係を築くきっかけとする。 
3. 法律学習の方法を学ぶ  六法の使い方、法学部の講義の受講方法、ゼミへの参加など、法学部生として知っておくべき基礎知識を学ぶとともに、卒業までのスケジュールを熟知し、学習や課外活動等のモチベーションを上げる。 
4. 図書館ガイダンス  大学図書館の利用法を受講し、資料の調べ方を身につける。 
5. 将来の進路と就職
グループ発表とディスカッション(1) 
3人1組程度のグループで、法律問題や社会問題に関するテーマを選び、レジュメを作成して発表する。発表後、皆で議論したうえで、ゼミとして一定の結論を出すことを行う。 
6. 社会人基礎力
グループ発表とディスカッション(2) 
3人1組程度のグループで、法律問題や社会問題に関するテーマを選び、レジュメを作成して発表する。発表後、皆で議論したうえで、ゼミとして一定の結論を出すことを行う。 
7. 法律学の特徴
グループ発表とディスカッション(3) 
3人1組程度のグループで、法律問題や社会問題に関するテーマを選び、レジュメを作成して発表する。発表後、皆で議論したうえで、ゼミとして一定の結論を出すことを行う。 
8. 法律学の講義
グループ発表とディスカッション(4) 
3人1組程度のグループで、法律問題や社会問題に関するテーマを選び、レジュメを作成して発表する。発表後、皆で議論したうえで、ゼミとして一定の結論を出すことを行う。 
9. レポート作成と文章作法(1)  各自が作成した読書レポートについて、全員で添削することによって、文章の作法を学ぶ。また、作者の意見に対して、皆で議論を行う。 
10. レポート作成と文章作法(2)  各自が作成した読書レポートについて、全員で添削することによって、文章の作法を学ぶ。また、作者の意見に対して、皆で議論を行う。 
11. レポート作成と文章作法(3)  各自が作成した読書レポートについて、全員で添削することによって、文章の作法を学ぶ。また、作者の意見に対して、皆で議論を行う。 
12. レポート作成と文章作法(4)  各自が作成した読書レポートについて、全員で添削することによって、文章の作法を学ぶ。また、作者の意見に対して、皆で議論を行う。 
13. 裁判員制度について考える(1)  裁判員制度に関する映画を鑑賞し、自分の意見を発表する。 
14. 裁判員制度について考える(2)  裁判員制度に関する映画について、自分の意見を発表するとともに、裁判について学習する。 
15. まとめ  この講義における取組みを通じて、どの程度、またどのような力が自分についたのかを確認し、次学期以降の過ごし方に役立てる。 
テキスト
【書籍名】 【著者】 【出版社】
1. 法律学習マニュアル 第4版  弥永真生  有斐閣 
参考文献
【書籍名】 【著者】 【出版社】
1. 大学生と大学院生のためのレポート・論文の書き方  吉田健正  ナカニシヤ出版 
2. 文章力の基本  阿部紘久  日本実業出版社 
授業方法の形式
演習 
成績評価方法
平常点70%(授業中の発言頻度と内容、グループ発表への参加程度等で総合的に判断する)、レポート提出30%で評価します。理由なき欠席は、3回で欠格とします。遅刻2回を欠席1回とみなします。 
成績評価基準
C(合格)となるためには、到達目標を最低限達成することが必要です。 
受講生へのメッセージ
何事もスタートが大切です。大学卒業というゴールを見据えて、この3年間(就職活動まで)でどういう能力を身につけなければならないかを意識して、充実した大学生活の第一歩として、この授業を受講して下さい。 
参考URL
画像
ファイル
更新日時 2022/01/05 14:08


PAGE TOP