シラバス参照

科目名 生物化学1 
担当者氏名

森上 敦

全開講対象学科 農学部生物資源学科
年次 1年次 
クラス A・B 
講義学期 前期 
単位数
必選区分 必修科目 
学期・曜日・時限  
部門 専門教育部門-専門教育科目群必修 
備考  



準備学習・事後学習
毎回,講義時間の2倍の自学自習をすること. 準備学習として、配布するプリントに従い,毎回テキストの関連部分を前もって自分でノートにまとめておくこと(2時間程).事後学習として、授業理解度を確認する問題集を配付するので,自力で解答作成に取り組むこと.また、授業の不明点についは、図書館の書籍で調べること.それでも分からないことをまとめ、次回講義の際の質問準備をしておくこと(2時間程). 
課題・定期試験に対するフィードバック
履修上の留意
テキスト「Essential 細胞生物学」は,この講義では一部しか用いないが,「生物化学2」・「遺伝学」・「細胞生物学」・「分子生物学」・「生命科学の技術」等の講義でもテキストもしくは参考書として用いられる. 
授業の概要と目的
本講義は,生物資源学の専門講義の基礎として,生命体(細胞)を作り上げている基本的な部品(糖質・タンパク質・核酸)の構造やはたらきを理解することを目的としている.本科目は,生物資源学科の他の多くの科目と接点がある学系共通科目の一つとして,DP(2),CP(2)に該当する.
(科目ナンバリングコード:AA11103) 
該当するCP(カリキュラム・ポリシー)およびDP(ディプロマ・ポリシー)
実務経験と授業内容の関係
科目ナンバリングコード
サブタイトル
生物を形づくる成分の化学 
到達目標
糖質・タンパク質・核酸などの生体成分に関する構造と生体内での機能を化学の言葉を用いて説明することができる. 
授業計画
【項目欄】 【内容欄】
1. 生物化学とは何か  生命を化学の言葉で統一的に理解する 
2. 糖質1  糖の定義と単糖のかたち 
3. 糖質2  単糖の環状構造 
4. 糖質3  いろいろな形の単糖 
5. 糖質4  糖類がつくる化学結合と少糖類 
6. 糖質5  単糖が連なってできる多糖類の構造と機能
糖質の項のまとめとして,身近な糖質材料について全体でディスカッションを行う時間を設ける. 
7. アミノ酸・ペプチド・タンパク質1  アミノ酸の構造上の特徴とその特性 
8. アミノ酸・ペプチド・タンパク質2  アミノ酸がつくる化学結合とペプチド 
9. アミノ酸・ペプチド・タンパク質3  タンパク質の基本的性質 
10. アミノ酸・ペプチド・タンパク質4  タンパク質の立体構造 
11. アミノ酸・ペプチド・タンパク質5  タンパク質のいろいろな機能 
12. アミノ酸・ペプチド・タンパク質6  タンパク質と栄養
タンパク質関連の項のまとめとして,身近なタンパク質について全体でディスカッションを行う時間を設ける 
13. 核酸1  核酸の基本構造 
14. 核酸2  核酸のはたらき
核酸の項のまとめとして,身近な核酸含有材料について全体でディスカッションを行う時間を設ける 
15. 授業のまとめ  演習問題を題材として,全体で解答作成に取り組み,これまでの授業で学んだ生体成分の役割についてまとめる. 
テキスト
【書籍名】 【著者】 【出版社】
1. 「Essential 細胞生物学」  中村桂子   南江堂 
参考文献
【書籍名】 【著者】 【出版社】
1. 「食品学総論 食べ物と健康1」  森田潤司、成田宏史著  化学同人 
2. 「マクマリー生物有機化学」  マクマリー著  丸善 
3. 「生体分子の化学」  相本三郎、赤路健一著  化学同人 
4. 「ヴォート基礎生化学 」  ヴォート著  東京化学同人 
5. 「食品の科学」  上野川修一、田之倉優著  東京化学同人 
授業方法の形式
講義 
成績評価方法
定期試験100%で評価する.ただし、授業回数の3分の2以上の出席に満たない場合は欠格とする。試験の講評、解説等については、追再試験終了後に研究室前に掲示する。C(合格)となるためには、到達目標を最低限達成することが必要である。 
成績評価基準
受講生へのメッセージ
今後履修する生物関連科目や食品科学関連科目の土台となることから,「生物化学1」は,生物資源学科における最初の必修講義に設定されています. 
参考URL
画像
ファイル
更新日時 2021/02/10 13:39


PAGE TOP