シラバス参照

科目名 集中演習2 
担当者氏名

市川 明彦

井上 真澄

太田 利夫

大原 賢一

佐伯 壮一

関山 浩介

畑 良幸

星野 昭広

楊 剣鳴

野々川 勝治

全開講対象学科 理工学部メカトロニクス工学科
年次 3年次 
クラス  
講義学期 前期 
単位数
必選区分 必修科目 
学期・曜日・時限  
部門 専門教育部門-根幹科目 
備考 本授業では、100点満点中60点以上を合格とする。本授業の対応する学習・教育到達目標 (7) (8) (10)

本授業はCP3・4およびDP3に該当する 



準備学習・事後学習
準備学習:事前に教材配布用フォルダに提示した次回の授業資料を予習しておくこと(2時間程度)。
事後学習:各授業において課題レポートを課すので取り組み提出のこと(2時間程度)。
課題レポートについては、授業内で継続的に解説、講評、質問対応を行う。 
課題・定期試験に対するフィードバック
履修上の留意
集中演習は集中演習Ⅰ(機構設計)、集中演習Ⅱ(電気回路設計)及び集中演習Ⅲ(制御系設計とソフトウェア設計)から構成される。これら3つの演習を本履修では、メカトロニクスの基本的な機能要素を順次解析・設計していく。授業で学んだことが設計に活かせることを主眼にしているので、授業で理解できなかったこと、忘れたことは自主的に学習し、授業と実践が等価なものであることをしっかりと認識できるよう心がけること。授業は週3日の全日を使って、集中授業として実施する。 
授業の概要と目的
主として電気系の設計・計測試験に係る演習を行う。具体的には、供試体回路の動作を理解するための回路解析を通じ、すでに存在するものに対する解析・設計方法の習得を目指す。続いて自身での回路製作を通じ、回路設計・製作の手順と計測評価方法の理解を深めることを目的とする。本授業はCP②③及びDP④に該当する。(科目ナンバリングコード:TR31107) 
該当するCP(カリキュラム・ポリシー)およびDP(ディプロマ・ポリシー)
実務経験と授業内容の関係
科目ナンバリングコード
サブタイトル
電気・電子回路設計、要求仕様・諸元、開発プロセス、電子部品の特性、回路解析、実装設計、性能・特性評価試験等を総合的に学ぶ。 
到達目標
電子応用機器の開発プロセスが理解できる。基本的な電気・電子回路の解析及び設計ができる。電子応用機器の基本的な性能評価方法が理解でき実施できる。基本的な電子応用機器の仕様や評価試験内容を説明できる。 
授業計画
【項目欄】 【内容欄】
1. 集中演習Ⅱの進め方(オリエンテーション)  授業の目的と進め方を理解する。当該演習実施時の留意事項を学ぶ。 
2. 供試電子応用機器の構造・機能・性能把握  供試電子応用機器の動作確認、構造・仕様の調査、性能評価試験を実施することで、機器の基本仕様・機能・性能を理解する。 
3. 供試電子応用機器の主回路の調査・分析  供試電子応用機器の分解調査を実施し、主回路の部品表、主回路の回路図を作成することで、主回路を構成する部品と主回路の動作・機能を理解する。 
4. 供試電子応用機器の制御基板の調査・分析  供試電子応用機器の制御基板の構成部品及び回路の調査を実施し、部品表、回路図を作成することで、制御基板の動作・機能を理解する。 
5. 回路動作解析1  電子回路シミュレータを用いて、供試電子応用機器の回路解析モデルを作成することで、モデリング手法を理解する。 
6. 回路動作解析2  電子回路シミュレータを用いて、供試電子応用機器の性能・特性の予測計算を実施することで、定常・過渡特性を理解する。 
7. 中間発表  供試電子応用機器の基本仕様、機能・性能及び定常・過渡特性を説明できる。
供試電子応用機器の制御基板の復元(製作)手順を計画し、説明できる。 
8. 半田付け作業習熟演習  半田付け作業の目的やあるべき姿を理解する。簡単な電子回路基板の半田付け作業と動作確認が実施できる。 
9. 電子応用機器制御基板の復元(製作)作業 1  供試電子応用機器の制御基板の部品配置図と実体配線図を電子回路基板エディタを用いて作図できる。 
10. 電子応用機器制御基板の復元(製作)作業 2  供試電子応用機器の制御基板の復元(製作)を行う。制御基板単体の動作確認試験方案の作成及び動作確認が実施できる。



      
11. 電子応用機器制御基板の復元(製作)作業 3  復元(製作)した制御基板を用いて、供試電子応用機器が復元できたことを計測・評価試験により確認できる。 
12. 復元完了発表会  制御基板の復元(製作)作業のプロセスを纏め、各プロセスの内容と結果を説明できる。
検証試験結果から復元(製作)ができていることを説明できる。 
13. 電源・コントローラ・モータシステム構築  電源・コントローラ・モータを組み合わせたシステムを用いて、モータの速度制御ソフトウエアが構築できる。MATLABを適用した動作予測シミュレーションが実施できる。 
14. 電源・コントローラ・モータシステム動作検証  電源・コントローラ・モータを組み合わせたモータの速度制御システムの動作検証をGUI (Grafical User Interface)を適用して実施できる。 
15. 電源・コントローラ・モータシステム動作検証発表会  電源・コントローラ・モータを組み合わせたモータの速度制御システムの構築内容と動作検証結果を理解し説明できる。 
テキスト
【書籍名】 【著者】 【出版社】
1. 授業配布資料     
参考文献
【書籍名】 【著者】 【出版社】
1. ロボット工学ハンドブック    コロナ社 
2. ISO設計便覧    日本規格協会 
授業方法の形式
演習、実験・実習、討論 
成績評価方法
成績は、課題への取り組み姿勢及び課題レポートの評価 80%、プレゼンテーション・質疑・討論 20% で評価する。C(合格)となるためには、到達目標を最低限達成することが必要である。 
成績評価基準
受講生へのメッセージ
電気・電子回路の製図、解析、製作及び計測試験評価は研究アイデアの仮設や電気・電子設計結果を検証する上で、必要不可欠な手段となる。本演習にてこれらの手段を体感することで、研究開発や設計に係る技術力の向上を図られたい。 
参考URL
画像
ファイル
更新日時 2021/11/22 16:15


PAGE TOP