シラバス参照

科目名 微生物利用学 
担当者氏名

志水 元亨

全開講対象学科 農学部応用生物化学科
年次 2年次 
クラス C・D 
講義学期 後期 
単位数
必選区分 選択科目 
学期・曜日・時限  
部門 専門教育部門-専門教育科目群選択 
備考  



準備学習・事後学習
高校の生物および大学での生物化学、微生物学を履修していることが望ましい。また、各回の講義内容について、講義時間の2倍の自学自習をすること。課題(試験や小テスト等)については、講評、解説等を纏めたペーパーを、追・再試験終了後に研究室前に掲示する。 
課題・定期試験に対するフィードバック
履修上の留意
微生物利用学は微生物機能をわれわれの社会に役立てる学問であるため、微生物学1と微生物学2の理解が必須である。また、生物学、生物化学など基礎生物関連科目を充分に理解していることが必要となる。 
授業の概要と目的
はじめに本学問発展の歴史とその展望について具体例を挙げて解説。次に微生物の生理機能である呼吸や発酵と呼吸を主体とする物質代謝および代謝制御機構等について説明し、それらの応用であるアルコール類、有機酸、アミノ酸類などの微生物生産の現状とバイオエタノール生産などその将来について解説する。本講義は微生物利用の現状把握とその将来への創造力を身につけることを目的とする。本科目はDP2、CP2の専門教育科目群(生命科学系)に位置する。

(科目ナンバリングコード:AB21210) 
該当するCP(カリキュラム・ポリシー)およびDP(ディプロマ・ポリシー)
実務経験と授業内容の関係
科目ナンバリングコード
サブタイトル
微生物利用の実際とその未来 
到達目標
微生物の生物機能について理解し、それらが具体的にどのように効率化されて我々に利用されているか現状を把握する。さらに、微生物利用の未来を創造できる力を身につけさせる。 
授業計画
【項目欄】 【内容欄】
1. 緒言1  微生物利用学の概要。 
2. 緒言2  微生物利用学の歴史。また、微生物利用において重要になる研究倫理についても説明する。 
3. 緒言3  微生物の形態と構造およびその分類について学ぶ。 
4. 緒言4  微生物の生理(微生物のエネルギー源や増殖および増殖に影響する環境因子など)について理解する。 
5. 微生物の代謝1  微生物の好気的代謝(解糖系、クエン酸サイクル、酸化的リン酸化など)について学ぶ。 
6. 微生物の代謝2  微生物の発酵とエネルギー代謝の関係ついて理解する。 
7. 微生物における代謝制御  タンパク質合成の調節および酵素活性の阻害など微生物の代謝調節機構について学ぶ。 
8. 微生物利用と遺伝子工学  遺伝子工学的手法を導入した微生物利用学について学ぶ。 
9. 微生物機能の利用1  アルコール類および有機酸類の発酵生産。 
10. 微生物機能の利用2  乳酸発酵。 
11. 微生物機能の利用3  微生物によるヒアルロン酸の生産と利用。 
12. 微生物機能の利用4  アミノ酸発酵と代謝制御。 
13. 微生物機能の利用5  微生物によるバイオレメディエーションについて学ぶ。 
14. 微生物機能の利用6  微生物を利用したバイオマスからのバイオエタノール生産などこれからの微生物利用学について解説する。 
15. 微生物機能の利用7  さらに微生物を利用した木質バイオマスからのバイオエタノール生産などこれからの微生物利用学について解説する。 
テキスト
【書籍名】 【著者】 【出版社】
1. 新版 生物反応工学   山根恒夫ら   産業図書  
2. プリントも用いる     
参考文献
【書籍名】 【著者】 【出版社】
1. 応用微生物学  塚越規弘  朝倉書店 
授業方法の形式
講義 
成績評価方法
復習の習慣をつけるため、適宜講義内容の小テストを行う。定期試験90%、小テストの成績10%。出席回数が授業回数の3分の2を満たさない場合は、欠格として試験の受験資格を認めない。C(合格)となるためには、到達目標を最低限達成することが必要である。 
成績評価基準
受講生へのメッセージ
応用生物化学科の学生としてバイオに関連した幅広い知識は必須である。本講義では現在および将来の微生物利用技術やそれに基づく産業全般を理解できると考える。また、この講義を受講して将来微生物を利用した関連分野で活躍したいという意欲がわくような講義にしたい。 
参考URL
画像
ファイル
更新日時 2021/02/10 13:39


PAGE TOP