シラバス参照

科目名 農場実習4 
担当者氏名

森田 隆史

中尾 義則

森田 裕将

片山 好春

松井 宏樹

全開講対象学科 農学部生物資源学科
年次 3年次 
クラス A・B 
講義学期 後期 
単位数
必選区分 選択科目 
学期・曜日・時限  
部門 専門教育部門-専門教育科目群選択 
備考  



準備学習・事後学習
植物生理・生態・形態学、作物学、園芸学および動物生理・生態・形態学、畜産学並びに関連分野で植物と動物の発育について理解しておく。農場実習テキストなどにより準備学習すると共に事後学習を合わせて3時間程度を目安に実施し,疑問点を次の実習に持ち越さないこと。 
課題・定期試験に対するフィードバック
履修上の留意
事故防止のため農作業に適した服装、軍手などの手袋、履物の準備と夏の暑さと冬の寒さ対策が必要。畜産では清潔な作業着を持参し、農場で作業着に着替えることが必須。実習に不適な服装や対策が不十分な場合は危険防止のため受講させない。別に配付する資料を合わせて読んでおくこと。予定は気象条件で変更がありうる。家畜の防疫上、畜産の実習前1週間は国外への渡航がないこと。 
授業の概要と目的
学生の希望に基づいて5分野から1分野を選択し、半年間継続的かつその分野の専門的実習を行う。また実習材料の飼育・栽培の継続した取扱い、観察を行うことで、その分野独特の技術、思考を理解できるようにする。さらにその分野の経営を理解できるようにする。花卉分野においては、国の研究機関(基礎生物学研究所、花き研究所)での経験を活かし、植物研究の実践的教育を行う。本科目はDP1,2および3、CP2に該当する。

(科目ナンバリングコード:生資AA31122、環境AE11108) 
該当するCP(カリキュラム・ポリシー)およびDP(ディプロマ・ポリシー)
実務経験と授業内容の関係
科目ナンバリングコード
サブタイトル
作物、果樹、そ菜、花き、畜産分野から1分野選択の専門実習で半年間でその分野の特徴的な技術等を習得。 
到達目標
選択した分野の基本的かつ独特な技術、技能を実際の作物や家畜を扱いながら習得するとともに、その分野の特徴を講義等における理論との関連で理解し、実践的な知恵を身に付ける。 
授業計画
【項目欄】 【内容欄】
1. 選択分野の決定

分野別:季節的事項 
共通:選択分野の決定、実習上のリスクについて

分野別:ラッキョウ植え付け、ラッカセイ収穫・調製、園の管理,除草など、ビワ剪定、露地キャベツ・レタス定植、葉菜の収穫・調製、秋まき一年草ポット上げ、牧草地の土壌分析と牧草種子の播種、ヤギの搾乳 
2. 分野別:季節的事項  分野別:イネ機械刈り、イネ品種別手刈り、クリ収穫・調製、園の施設管理,施設の補修,、露地葉菜の播種と間引き、抑制果菜の整枝・誘引、秋植え球根類の定植と秋まき一年草の開花調節、牧草の生育調査、ヤギの搾乳と石鹸作製 
3. 分野別:季節的事項  分野別:サツマイモ蔓切りと収穫・調製、サトイモ収穫・調製、カキの収穫と脱渋、防鳥網撤収など園の管理、サトイモの収穫と品種間比較、秋まき切り花と鉢花の管理、牧草の生育調査、家禽の行動調査 
4. 分野別:季節的事項  分野別:タマネギ定植、イモ類の種芋貯蔵、イネ㎡調査・収穫構成要因、キウイフルーツの収穫と追熟、クリなどのせん定、ダイショの収穫と系統間比較、無加温ハウス内軟弱野菜の管理、輪ギクの摘らいと小ギクの整枝(姿)、ストック播種、シクラメン葉組み・整花、牧草の生育調査、ウシの行動調査 
5. 分野別:季節的事項  分野別:ダイコンの間引きと収穫・調製、休耕地の管理と緑肥播種、秋ジャガイモ品種別収穫、ブドウなどのせん定、タマネギ定植、ストック八重判定、電照菊の管理、牧草の生育調査、ヤギの行動調査 
6. 分野別:季節的事項  分野別:秋ダイズ脱穀、圃場耕起とトレーラーけん引、カキなどのせん定、園の管理,寒害対策、抑制果菜の接ぎ木、圃場データの集計と解析、新テッポウユリの播種、ヤギの繁殖 
テキスト
【書籍名】 【著者】 【出版社】
1. 農場実習テキスト  名城大学農学部附属農場テキスト編集委員会   
参考文献
【書籍名】 【著者】 【出版社】
1. なし     
授業方法の形式
実習 
成績評価方法
実習目的、方法および対象動植物の特性等を理解しているか、その理解に基づき適正かつ意欲的に作業しているか、観察は十分か等を評価する(70%)とともに、毎回課しているレポートなどを考慮(30%)して評価する。欠席や遅刻の場合は補講を受けること。出席回数が満たない場合は欠格とする。C(合格)となるためには、到達目標を最低限達成することが必要である。 
成績評価基準
受講生へのメッセージ
実習は作業をすることが目的ではなく、その日の実習内容と意義を理解するために対象物に興味を持って、良く観察、思考しながら実行する必要がある。また、実習では自身に危険が及ぶことがあり、さらに不本意に対象作物や家畜を傷つけることがあるので、事前の説明や注意を良く聞き、理解しておく必要がある。ここでは専門的実習であるから、積極的に取り組むことが望まれる。 
参考URL
画像
ファイル
更新日時 2021/02/10 13:38


PAGE TOP