シラバス参照

科目名 道徳教育の理論と指導法 
担当者氏名

権田 昭

宮嶋 秀光

全開講対象学科 人間学部人間学科
年次 2年次 
クラス  
講義学期 後期 
単位数
必選区分 必修科目 
学期・曜日・時限  
部門 教職・学芸員部門-教職専門科目 
備考  



準備学習・事後学習
毎回、授業時間の2倍の準備学習・事後学習をしてください。また特に準備学習に関しては、その回の授業内容に関連する『中学校学習指導要領』および『学習指導要領解説』の該当箇所に目を通しておいてください。道徳教育の理論や歴史に関する授業回では、3回ほど基礎事項に関する理解を確認するチェックペーパーを授業の最後に配布しますが、それについては次の授業で解説します。また道徳授業に関する授業回で作成した指導案に関しては、提出してもらった次の回の授業で講評します。定期試験に関しては、講評・解説を、追・再試実施後に研究室前に掲示する予定です。 
課題・定期試験に対するフィードバック
履修上の留意
授業の概要と目的
本授業では、まず道徳性とは何か、という問題について、基本的な見解を整理した上で、道徳性の発達理論と日本における道徳教育の歴史を振り返ることを通じて、道徳教育を実践するための予備的な知識を解説する。後半は、それらを踏まえながら、今日の中学校における道徳教育の基本方針を、学習指導要領に即して説明した上で、全体計画、年間指導計画の作成法、ならびに道徳科の授業案の立案に必要な指導過程論や資料論を解説しながら、実際に一人一人が指導案を作成し、模擬授業を実施する。またその過程で、グループを編成し、その中で指導案や模擬授業の相互批評を重ねることで、授業終了後も指導力を継続的に向上させていく態度や資質を形成する。 
該当するCP(カリキュラム・ポリシー)およびDP(ディプロマ・ポリシー)
実務経験と授業内容の関係
科目ナンバリングコード
サブタイトル
到達目標
【授業のテーマ】
道徳教育の基礎理論と学校における道徳教育の指導方法
【到達目標】
①道徳性の本質およびその発達に関して理解することができる
②日本における道徳教育の歴史を踏まえ、今日における道徳教育の基本方針を理解できる
③中学校において道徳科を中心とした道徳教育を運営するために必要な予備知識を踏まえ、実際に授業指導案を立案し実践することができる 
授業計画
【項目欄】 【内容欄】
1. 現代における道徳教育の課題について
 (担当:宮嶋) 
現代の道徳教育に対する懐疑や誤解の検討を通じて、道徳教育の今日的な意義と課題を説明する 
2. 道徳性の本質について(1)
 (担当:宮嶋) 
道徳的な「心情」と「実践意欲と態度」との関係を中心にして道徳性の本質を解説する 
3. 道徳性の本質について(2)
 (担当:宮嶋) 
道徳的な「判断力」と「実践意欲と態度」との関係を中心にして道徳性の本質を解説する 
4. 道徳教育の歴史について(1)
 (担当:宮嶋) 
第二次世界大戦後の道徳教育をめぐる試行錯誤から、「道徳の時間」の特設までの経緯を概観する 
5. 道徳教育の歴史について(2)
 (担当:宮嶋) 
主に中学校学習指導要領の変遷をたどりながら、「道徳の時間」特設以降の道徳教育の発展をたどることで、現代の道徳教育の課題を明らかにする 
6. 道徳性の発達について(1)
 (担当:宮嶋) 
道徳性の発達の基本方向と主にピアジェとコールバーグの道徳性の発達理論を紹介する 
7. 道徳性の発達について(2)
 (担当:宮嶋) 
道徳性の発達理論の基本的な理解を前提にして、それをめぐる論争点や授業への応用例について説明する 
8. 道徳科授業を立案するための前提
 (担当:権田) 
「全体計画」及び「年間指導計画」の意義と作成法について概説する 
9. 道徳科授業の基本
(担当:権田) 
「特別の教科 道徳」の目標と指導内容、並びに多様な指導方法について解説する 
10. 道徳科指導案の作成(1)
(担当:権田) 
学習指導案の意味や形式、作成法などを解説するとともに、幾つかの指導案例を紹介し、その特徴を解説する 
11. 道徳科指導案の作成(2)
(担当:権田) 
道徳科に関わる「教材(資料)論」を紹介し、5~8名の班に分かれ、実際に資料を分析し、中心発問等の検討を通じて、授業の構想を議論する 
12. 道徳科指導案の作成(3)
(担当:権田) 
代表的な「指導過程論」を紹介した上で、前回の授業で取り上げた教材(資料)を用いて、各自で指導案を作成する 
13. 道徳科模擬授業(1)
(担当:権田) 
5~8名の班に分かれ、班ごとに主に採用する指導法や教材(資料)を自分たちで選択し、共同して班ごとの指導案にまとめ、班の中で模擬授業を実施する 
14. 道徳科模擬授業(2)
(担当:権田) 
道徳科の教育評価に関する基本的な考え方を説明し、その視点を踏まえながら、前回検討した指導案を、班ごとに分担を決めて模擬授業として発表する 
15. 道徳科模擬授業(3)
(担当:権田) 
前回に発表できなかった班の模擬授業を実施した上で、模擬授業の成果を総括するとともに、将来の現場における授業を念頭に置いた諸課題についてまとめる 
テキスト
【書籍名】 【著者】 【出版社】
1. 中学校学習指導要領     
2. 中学校学習指導要領解説 特別の教科 道徳編     
参考文献
【書籍名】 【著者】 【出版社】
1. 第2回目の授業の冒頭で、必要な資料を一括して配付します     
授業方法の形式
講義と模擬授業 
成績評価方法
定期試験(50%)、指導案(20%)、模擬授業(30%)C(合格)となるためには、到達目標を最低限達成することが必要である。 
成績評価基準
受講生へのメッセージ
道徳教育は、単純に「教えるもの」ということではなく、誰もが考えなくてはならない一人一人の生き方を、子どもたちと一緒に考えていくものです。この授業を通じて、そうした営みを導き、支えることができる力をつけてもらいたいと思います。 
参考URL
画像
ファイル
更新日時 2021/01/30 14:38


PAGE TOP