シラバス参照

科目名 基幹ゼミナール 
担当者氏名

宮嶋 秀光

全開講対象学科 人間学部人間学科
年次 3年次 
クラス  
講義学期 後期 
単位数
必選区分 必修科目 
学期・曜日・時限  
部門 専門教育部門-ゼミナール 
備考  



準備学習・事後学習
ゼミナールが始まるまでに、各人が関心をもっている教育、文化、社会の問題について論じている書籍を、新書版程度のものでもかまいませんので、一冊だけ決めてその内容を説明できるようにしておいてください。授業後は、ゼミナールの発表等で指摘された事項について再確認し、不明な点は次回に質問できるようにしておいてください。毎回、授業時間の半分の自学自習をしてください。授業で取り組んだ課題については、授業内で継続的に解説・講評等を行っていきます。 
課題・定期試験に対するフィードバック
履修上の留意
授業の概要と目的
本科目はCP3およびDP1、DP2、DP3に位置する。このゼミは、卒業論文を執筆していくための基礎的な事項について学ぶことを目的としています。論理的な文章の書き方を身につけることや、自分の関心に沿った文献を検索・入手する方法を学ぶことから始め、4年生になって本格的に取り組む卒論のテーマの確定と基本的な資料の確保までを到達目標としています。授業は、各自の発表を踏まえて、グループ討論や全体討論を通じて理解を深めることを中にします。(科目ナンバリングコード:HH31601) 
該当するCP(カリキュラム・ポリシー)およびDP(ディプロマ・ポリシー)
実務経験と授業内容の関係
科目ナンバリングコード
サブタイトル
教育、文化、社会を研究するための基礎を学ぶ 
到達目標
教育やそれと関連する領域に関する文献と資料の検索・収集・分析を的確に実行することができる。文献の検討結果や調査結果を踏まえて、簡潔な論文を作成することができる。 
授業計画
【項目欄】 【内容欄】
1. ガイダンス   ゼミのメンバーを互いによく理解し合うために、二人ずつペアを組み、お互いの人となりや関心等を聴き取り、全員の前で発表してもらいます。授業後、紹介した内容をA41枚程度に文章化しておくこと。 
2. 論文の書き方(1)   まず、一般的に「悪文」と呼ばれる文章を取り上げ、どのような文章が読みにくいものであるかを検討してもらい、赤ペンの入れ方も含め、具体的に文章を読みやすくする練習をする。授業後、赤ペン入れをした文章を清書し、次回に提出すること。 
3. 論文の書き方(2)   一般的な文章課題を提起し、分かりやすい文章を実際に作成する。(それぞれの結果に赤ペンを入れて返却し、再度書き直しを試みてもらいます。)授業後、指摘された事項に関して修正し、文章を完成させ、次回に提出すること。 
4. 論文の書き方(3)   より論理的な文章を書くために、各自が卒論に取り組もうとしている課題を文章にまとめて発表する。授業後、発表後の議論で指摘された事項を組み入れ、文章を完成し、次回に提出すること。 
5. 文献・資料の収集と分析の手法1   教育関連の文献・資料の収集や分析の方法について解説するとともに、図書館等で実際に即した指導を行なう。授業後、関心をもった書籍一覧表を作成し、次回に提出すること。 
6. 文献・資料の収集と分析の手法2   前回に続き、教育関連の文献・資料の収集や分析の方法について解説するとともに、図書館等で実際に即した指導を行なう。授業後に、関心をもった論文一覧を作成し、次回に提出すること。 
7. 検索結果一覧の作成とその成果の報告(1)   各自が入手した文献・資料の検討結果を発表してもらい、これ以降の研究の方向性について全員で討議・検討する。授業後に、討議の結果を踏まえて、改善点をコメント欄に追記しておくこと。 
8. 検索結果一覧の作成とその成果の報告(2)   前回に続き、各自が入手した文献・資料の検討結果を発表してもらい、これ以降の研究の方向性について全員で討議・検討する。授業後に、討議の結果を踏まえて、改善点を課題用紙のコメント欄に追記しておくこと。 
9. 論文のまとめ方   研究論文について、その準備、様式、構成の仕方などについて解説する。授業後に、各自がどのようなテーマを選択するか検討しておくこと。 
10. グループ研究  3ないし4名の班を作り、共同のテーマを設定して、文献の収集から、論文の執筆準備に取り組む。授業後に、グループで集まり、準備として必要な作業について役割分担を決めておくこと。 
11. グループ研究   上記の課題について、特にテーマ設定の背景や理由に関する検討を中心に討議をする。授業後、討議で指摘された事項について、グループごとに話し合い、今後の方針を決めておくこと。 
12. グループ研究   上記の課題について、一次資料の適切性を検討することを中心に討議をする。授業後、討議で指摘された事項について、グループごとに話し合い、今後の方針を決めておくこと。 
13. グループ研究   上記の課題について、発表原稿のもとになる各班のレジュメの検討を中心に討議する。授業後、討議で指摘された事項について、グループごとに話し合い、今後の方針を決めておくこと。 
14. グループ研究の発表(1)  グループ研究でまとめた論文の発表を行う。授業後、討議で指摘された事項を踏まえ、発表原稿を修正し、完成したものを提出すること。  
15. グループ研究の発表(2)と授業のまとめ   上記の続きの発表をするとともに、授業のまとめをする。 
テキスト
【書籍名】 【著者】 【出版社】
1. 特になし     
参考文献
【書籍名】 【著者】 【出版社】
1. 特になし     
授業方法の形式
ゼミナール 
成績評価方法
各自、ファイルを一ずつもってもらい、各回の課題はすべて保管してもらいます。授業の最後に各自のファイルを提出してもらい、全体を通じて取り組んだ課題の成果を総合的に評価をします(配点の80%)。これ以外に、配点の20%については、授業への積極的な参加状況(発言やグループ活動におけるリーダーシップなど)も評価の対象とします。C(合格)となるためには、到達目標を最低限達成することが必要である。 
成績評価基準
受講生へのメッセージ
教育問題をはじめ、このゼミで取り上げる社会的問題や文化的問題は、一見すると誰でも何らかの意見が表明できるほど判りやすい印象がありますが、いざそれらの問題に取り組んでみると、なかなか一筋縄ではいかないことが多々あります。このゼミでは、各人の自由な関心から出発しながら、そこで取り組む課題の背後にある複雑な現実や思想をしっかり理解し、そうすることで卒論を単なる教育評論にとどまらない水準まで高めるきっかけをつかんでほしいと思います。 
参考URL
画像
ファイル
更新日時 2021/01/30 14:33


PAGE TOP