シラバス参照

科目名 通信システム 
担当者氏名

小林 健太郎

全開講対象学科 理工学部電気電子工学科
年次 2年次 
クラス  
講義学期 後期 
単位数
必選区分 選択科目 
学期・曜日・時限  
部門 専門教育部門-電気電子工学専門科目 
備考  



準備学習・事後学習
以下について講義時間の2倍を目安に自学自習を行うこと.
事前学習:次回の授業範囲を予習し,専門用語の意味等を理解しておくこと.
事後学習:毎回授業内容の復習の小テストを実施するので,前回の授業内容を復習すること. 
課題・定期試験に対するフィードバック
授業内容の復習の小テストについては授業内で解説を行う. 
履修上の留意
・WebClassに講義資料等を掲載するため確認すること.
・三角関数,複素数表示,フーリエ級数展開を理解していることが望ましい.
・確率統計の基礎を理解していることが望ましい.
・関連科目:基礎通信工学,デジタル信号処理,情報理論 
授業の概要と目的
携帯電話や無線LANなどの通信システムは我々の生活に欠かせないものとなっている.本講義では,通信システムの基礎となる信号の時間領域と周波数領域の表現について学ぶとともに,高速・大容量通信を実現するための信号の変復調方式やスペクトル拡散技術,多重化通信技術,多元接続技術を学ぶ. 
該当するCP(カリキュラム・ポリシー)およびDP(ディプロマ・ポリシー)
本授業はCP2・4およびDP2に該当する 
実務経験と授業内容の関係
科目ナンバリングコード
TE21303 
サブタイトル
高速・大容量通信を実現するための基礎理論と応用技術を学ぶ 
到達目標
通信信号を時間領域と周波数領域で数学的に記述できる.通信信号の各種変復調方式を説明できる.スペクトル拡散技術・多重化通信技術・多元接続技術を説明できる. 
授業計画
【項目欄】 【内容欄】
1. 通信システムの概要  通信システムの基本構成要素を理解する. 
2. 信号の表現と性質(1)
・周期信号と周波数スペクトル 
周期信号と周波数スペクトルを関係付けるフーリエ級数を理解する. 
3. 信号の表現と性質(2)
・非周期信号と周波数スペクトル 
非周期信号と周波数スペクトルを関係付けるフーリエ変換を理解する. 
4. システムの時間領域表現と周波数領域表現  信号の処理・伝送を行う線形システムの入出力関係の時間領域表現と周波数領域表現を理解する. 
5. 狭帯域信号と等価低域信号表現  搬送波の周波数帯だけにスペクトルを持つ狭帯域信号と搬送波成分を取り除いた表現(等価低域表現)の関係を理解する. 
6. 自己相関関数と電力スペクトル密度  不確定信号と確定信号の両方で扱える自己相関数と電力スペクトル密度を理解する. 
7. 通信路の性質  送信機と受信機の間を結ぶ通信路の性質(フェージング・雑音)を理解する. 
8. アナログ変調方式(1)
・AM 
AMラジオ等で用いられるアナログ振幅変調方式(AM)の原理を理解する. 
9. アナログ変調方式(2)
・FM 
FMラジオ等で用いられるアナログ角度変調方式(FM)の原理を理解する. 
10. デジタル変調方式(1)
・BPSK 
2値位相変調方式(BPSK)を通して線形デジタル変調方式の原理を理解する. 
11. デジタル変調方式(2)
・QPSK
・QAM 
各種線形デジタル変調方式(QPSK・QAM)の原理を理解する. 
12. デジタル変調方式(3)
・FSK
・MSK 
非線形デジタル変調方式(FSK・MSK)の原理を理解する. 
13. OFDM  効率的に通信を行うための多重化通信技術(OFDM)を理解する. 
14. スペクトル拡散/多元接続  効率的に通信を行うためのスペクトル拡散技術を理解する.複数のユーザが効率的に通信を行うための多元接続技術を理解する. 
15. 総括  これまでの授業を総括する. 
テキスト
【書籍名】 【著者】 【出版社】
1. 新インターユニバーシティ 無線通信工学  片山 正昭(編著)  オーム社 
参考文献
【書籍名】 【著者】 【出版社】
1. 改訂 ディジタル通信  岩波 保則  コロナ社 
授業方法の形式
講義・演習 
成績評価方法
理解度確認の小テスト(30%)および定期試験(70%)で評価する. 
成績評価基準
C(合格)となるためには、到達目標を最低限達成することが必要である。 
受講生へのメッセージ
参考URL
画像
ファイル
更新日時 2022/02/01 11:01


PAGE TOP