シラバス参照

科目名 卒業研究ゼミナール 
担当者氏名

和田 実

全開講対象学科 人間学部人間学科
年次 4年次 
クラス  
講義学期 通年 
単位数
必選区分 必修科目 
学期・曜日・時限  
部門 専門教育部門-ゼミナール 
備考  



準備学習・事後学習
心理学研究法,統計などの授業内容について復習しておく。先行研究を調べ,きちんと読んで各自の卒論計画を具体化し,実施できるようにするために,毎回,ゼミ時間と同じ時間の自学自習をすること。卒論計画を立てるまでは,先行研究をしっかりとレビューし,何が明らかになっているのか,どういう課題が残っているのかを把握し(事前準備学習),発表にのぞむ。授業後は,授業中に紹介された論文等をしっかり読み(事後学習),次の発表(研究計画)にいかす。 
課題・定期試験に対するフィードバック
履修上の留意
「心理学実験演習」,「基幹ゼミ」を受講した者のみが履修できる。 ゼミなので欠席しないこと。 
授業の概要と目的
本科目はCP3およびDP1、DP2、DP3に位置する。4年間の集大成として,卒業論文をまとめる。いろいろな問題に対して,仮説を立て,それを検証するためのデータを収集し,分析し,さらに,それを論文にまとめ,公表する力をつける。(科目ナンバリングコード:HH41601) 
該当するCP(カリキュラム・ポリシー)およびDP(ディプロマ・ポリシー)
実務経験と授業内容の関係
科目ナンバリングコード
サブタイトル
卒業論文をまとめ上げる。 
到達目標
まず,データを収拾し,分析し,論文としてまとめあげる。さらに,人間に関わる諸問題に疑問を持った時は,自ら資料を調べ,それでも足りない時は自らデータを収集し,それらの問題を解決できるようになる。 
授業計画
【項目欄】 【内容欄】
1. ガイダンス  授業の内容と進め方について話す。 
2. 発表1  各自が何を明らかにしようとするかについて発表し,テーマを確定していく。 
3. 発表2  各自が何を明らかにしようとするかについて発表し,テーマを確定していく。 
4. 発表3  各自が各自のテーマについての研究計画を発表し,目的と方法を確定していく。 
5. 発表4  各自が各自のテーマについての研究計画を発表し,目的と方法を確定していく。 
6. 発表5  各自が各自のテーマについての研究計画を発表し,目的と方法を確定していく。 
7. 発表6  各自が各自のテーマについての研究計画を発表し,目的と方法を確定していく。 
8. 発表7&データ収集1  各自が各自のテーマについての研究計画を発表し,目的と方法を確定していく。テーマが確定した者はデータを取る。 
9. 発表8&データ収集2  各自が各自のテーマについての研究計画を発表し,目的と方法を確定していく。テーマが確定した者はデータを取る。 
10. 発表9&データ収集3  各自が各自のテーマについての研究計画を発表し,目的と方法を確定していく。テーマが確定した者はデータを取る。 
11. 発表10&データ収集4&データ入力1  各自が各自のテーマについての研究計画を発表し,目的と方法を確定していく。テーマが確定した者はデータを取り,データが収集できた者はデータを入力する。 
12. 発表11&データ収集5&データ入力2  各自が各自のテーマについての研究計画を発表し,目的と方法を確定していく。テーマが確定した者はデータを取り,データが収集できた者はデータを入力する。 
13. 発表12&データ収集6&データ入力3  各自が各自のテーマについての研究計画を発表し,目的と方法を確定していく。テーマが確定した者はデータを取り,データが収集できた者はデータを入力する。 
14. 発表13&データ収集7&データ入力4  各自が各自のテーマについての研究計画を発表し,目的と方法を確定していく。テーマが確定した者はデータを取り,データが収集できた者はデータを入力する。 
15. 発表14&データ収集8&データ入力5&分析1  各自が各自のテーマについての研究計画を発表し,目的と方法を確定していく。テーマが確定した者はデータを取り,データが収集できた者はデータを入力し,データ入力が済んだ者は仮説に基づいて分析する。 
16. 発表15&データ収集9&データ入力6&分析2  各自が各自のテーマについての研究計画を発表し,目的と方法を確定していく。テーマが確定した者はデータを取り,データが収集できた者はデータを入力し,データ入力が済んだ者は仮説に基づいて分析する。 
17. 発表16&データ収集10&データ入力7&分析3  各自が各自のテーマについての研究計画を発表し,目的と方法を確定していく。テーマが確定した者はデータを取り,データが収集できた者はデータを入力し,データ入力が済んだ者は仮説に基づいて分析する。 
18. 発表17&データ収集11&データ入力8&分析4  各自が各自のテーマについての研究計画を発表し,目的と方法を確定していく。テーマが確定した者はデータを取り,データが収集できた者はデータを入力し,データ入力が済んだ者は仮説に基づいて分析する。 
19. 発表18&データ収集12&データ入力9&分析5  各自が各自のテーマについての研究計画を発表し,目的と方法を確定していく。テーマが確定した者はデータを取り,データが収集できた者はデータを入力し,データ入力が済んだ者は仮説に基づいて分析する。 
20. 発表19&データ収集13&データ入力10&分析6  各自が各自のテーマについての研究計画を発表し,目的と方法を確定していく。テーマが確定した者はデータを取り,データが収集できた者はデータを入力し,データ入力が済んだ者は仮説に基づいて分析し,データ分析が済んだ者は分析結果を発表する。 
21. 発表20&データ収集14&データ入力11&分析7  各自が各自のテーマについての研究計画を発表し,目的と方法を確定していく。テーマが確定した者はデータを取り,データが収集できた者はデータを入力し,データ入力が済んだ者は仮説に基づいて分析し,データ分析が済んだ者は分析結果を発表する。 
22. 発表21&データ収集15&データ入力12&分析8  各自が各自のテーマについての研究計画を発表し,目的と方法を確定していく。テーマが確定した者はデータを取り,データが収集できた者はデータを入力し,データ入力が済んだ者は仮説に基づいて分析し,データ分析が済んだ者は分析結果を発表する。 
23. 発表22&データ収集16&データ入力13&分析9  各自が各自のテーマについての研究計画を発表し,目的と方法を確定していく。テーマが確定した者はデータを取り,データが収集できた者はデータを入力し,データ入力が済んだ者は仮説に基づいて分析し,データ分析が済んだ者は分析結果を発表する。 
24. 発表23&データ収集17&データ入力14&分析10  データを取る。データが収集できた者はデータを入力し,データ入力が済んだ者は仮説に基づいて分析し,データ分析が済んだ者は分析結果を発表する。 
25. 発表24&データ収集18&データ入力15&分析11  データを取る。データが収集できた者はデータを入力し,データ入力が済んだ者は仮説に基づいて分析し,データ分析が済んだ者は分析結果を発表する。 
26. 発表25&データ収集19&データ入力16&分析12  データを取る。データが収集できた者はデータを入力し,データ入力が済んだ者は仮説に基づいて分析し,データ分析が済んだ者は分析結果を発表する。 
27. 発表26&分析13  データ入力が済んだ者は仮説に基づいて分析し,データ分析が済んだ者は分析結果を発表する。 
28. 発表27&論文化1  仮説に基づいて分析結果を発表し,卒論をまとめ上げる。 
29. 発表28&論文化2  仮説に基づいて分析結果を発表し,卒論をまとめ上げる。 
30. 発表29&論文化3  仮説に基づいて分析結果を発表し,卒論をまとめ上げる。 
テキスト
【書籍名】 【著者】 【出版社】
1. 使用しない     
参考文献
【書籍名】 【著者】 【出版社】
1. その都度紹介する     
授業方法の形式
ゼミナール(対面授業) 
成績評価方法
授業中の発表内容と議論への参加度(40%),および最終成果である卒業論文の出来(60%)によって評価する。議論への参加度とは,他者の卒論計画も理解し,コメントできるかどうかである。C(合格)となるためには、到達目標を最低限達成することが必要である。 
成績評価基準
受講生へのメッセージ
調べて発表するという形をとるので,調べることをいとわないこと。また,他者の卒論内容についての議論にも積極的に参加すること。他者の発表への指摘,コメントを自分の発表にもいかす。 各自の進み具合によって,取り組む内容が異なってくる。遅れないようにしっかりやって欲しい。 
参考URL
画像
ファイル
更新日時 2021/01/30 14:50


PAGE TOP