シラバス参照

科目名 基幹ゼミナール 
担当者氏名

和田 実

全開講対象学科 人間学部人間学科
年次 3年次 
クラス  
講義学期 前期 
単位数
必選区分 必修科目 
学期・曜日・時限  
部門 専門教育部門-ゼミナール 
備考  



準備学習・事後学習
「心理学研究法」の授業を履修していない人は,授業開始までに心理学研究法の書物を読んで理解しておく。また,統計の授業内容について復習しておく。さらに,興味ある心理学の分野の概説書や専門書を読み,どのような研究がどのような方法でなされているのかをおおまかに把握しておく。毎回,ゼミ時間と同じ時間の自学自習をすること。

前半の論文紹介に関しては,興味あるテーマの論文を調べ,書いてある内容(研究デザイン,分析方法等も)を理解する。統計手法等で理解できないところがあれば調べて授業にのぞむ(事前準備学習)。授業後は,発表された論文に出てきた研究方法,分析手法を確実に身につけられるように復習しておく(事後学習)。

後半の各自の卒得論計画発表では,先行研究をしっかりとレビューし,何が明らかになっているのか,どういう課題が残っているのかを把握して(事前準備学習)発表にのぞむ。授業後は,授業中に紹介された論文等をしっかり読んで(事後学習)次の発表(研究計画)にいかす。 
課題・定期試験に対するフィードバック
履修上の留意
心理学関連の科目をたくさん受講していること。心理学実験演習を履修していない者は受講できない(履修していない者は3年次で履修すること)。 ゼミなので欠席しないこと。 
授業の概要と目的
本科目はCP3およびDP1、DP2、DP3に位置する。前半は指定した心理学関連の学術雑誌から学生さん自身が興味を持つ論文を選び,その論文の研究内容を報告する。その際には,研究方法,分析方法,論文の書き方などを同時に学んでいく。さらに,その研究方法およびその論文の問題点などを考えていく。後半は前半をいかして,卒業論文で取り組む内容について各自発表する。(科目ナンバリングコード:HH31601) 
該当するCP(カリキュラム・ポリシー)およびDP(ディプロマ・ポリシー)
実務経験と授業内容の関係
科目ナンバリングコード
サブタイトル
興味ある研究テーマを選び,卒業研究に結びつける。 
到達目標
自分の卒業研究のテーマと研究方法を絞って,確定させる。数多くの論文,資料に当たることにより,さまざまな観点から人間に関わる諸問題をとらえられるようになる。  
授業計画
【項目欄】 【内容欄】
1. ガイダンス  授業の進め方と内容について話す。その後,自分が読む論文を選ぶ。 
2. 発表1  学生さんが一人ずつ順番に論文内容を紹介し,議論する。 
3. 発表2  学生さんが一人ずつ順番に論文内容を紹介し,議論する。 
4. 発表3  学生さんが一人ずつ順番に論文内容を紹介し,議論する。 
5. 発表4  学生さんが一人ずつ順番に論文内容を紹介し,議論する。 
6. 発表5  学生さんが一人ずつ順番に論文内容を紹介し,議論する。 
7. 発表6  学生さんが一人ずつ順番に論文内容を紹介し,議論する。 
8. 発表7  学生さんが一人ずつ順番に論文内容を紹介し,議論する。 
9. 発表8  学生さんが卒論で取り組む内容を一人ずつ順番に発表し,議論し,テーマを絞っていく。 
10. 発表9  学生さんが卒論で取り組む内容を一人ずつ順番に発表し,議論し,テーマを絞っていく。 
11. 発表10  学生さんが卒論で取り組む内容を一人ずつ順番に発表し,議論し,研究計画を具体化していく。 
12. 発表11  学生さんが卒論で取り組む内容を一人ずつ順番に発表し,議論し,研究計画を具体化していく。 
13. 発表12  学生さんが卒論で取り組む内容を一人ずつ順番に発表し,議論し,研究計画を具体化していく。 
14. 発表13  学生さんが卒論で取り組む内容を一人ずつ順番に発表し,議論し,研究計画を具体化していく。 
15. 発表14  学生さんが卒論で取り組む内容を一人ずつ順番に発表し,議論し,研究計画を具体化していく。 
テキスト
【書籍名】 【著者】 【出版社】
1. 使用しない     
参考文献
【書籍名】 【著者】 【出版社】
1. その都度紹介する     
授業方法の形式
ゼミナール 
成績評価方法
授業中の発表内容(60%)と議論への参加度(40%)によって評価する。前半の論文紹介は,論文内容を理解し,わかりやすく発表できたかを評価する。後半の各自に卒論計画は,どれくらい先行研究を調べ,それらを自身の計画の具体化に生かせているかを評価する。授業回数の3分の2以上の出席に満たない場合は欠格とする。C(合格)となるためには、到達目標を最低限達成することが必要である。 
成績評価基準
受講生へのメッセージ
講義とは違い,調べて発表するという形をとるので,調べることをいとわないこと。また,議論に積極的に参加すること。他者の発表内容や他者の発表で議論となったことを自分の発表に生かすようにすること。 
参考URL
画像
ファイル
更新日時 2021/01/30 14:33


PAGE TOP