シラバス参照

科目名 生物化学2 
担当者氏名

平野 達也

全開講対象学科 農学部生物資源学科
年次 2年次 
クラス A・B 
講義学期 後期 
単位数
必選区分 選択科目 
学期・曜日・時限  
部門 専門教育部門-専門教育科目群選択 
備考  



準備学習・事後学習
授業時間内に実施する確認問題は、次回の授業時に返却し、解説を行うので、授業内容と合わせて復習を行うこと。また、次回の授業で取り上げる内容をあらかじめ伝えるので、指定の教科書の該当部分をよく読んでくること。それらにより、講義時間の2倍の自学自習を行うこと。 
課題・定期試験に対するフィードバック
履修上の留意
生物化学1(1年生必修科目)を履修済みであること.また,授業は連続性が高い内容であるため,欠席すると次の授業の内容を理解することが困難となる.よってすべての授業に出席するようにしてほしい. 
授業の概要と目的
生物化学2は生物の代謝について解説する講義であり、学位授与方針の第2項目ならびに教育課程編成方針の第2項目に該当し、生物資源学に関する高度で幅広い専門的知識を修得し、農と食に係わる科学的背景を理解するために開講する。本講義では,特に、生命活動における代謝の意義,代謝を制御する酵素の特性,生体内の主要な代謝経路の概要と制御機構について理解することを目的とする.なお、授業時間内に理解度の確認のための確認問題を実施し、その解答を返却した上で解説を行う。

(科目ナンバリングコード:AA21113) 
該当するCP(カリキュラム・ポリシー)およびDP(ディプロマ・ポリシー)
実務経験と授業内容の関係
科目ナンバリングコード
サブタイトル
代謝に関する生理・生化学 
到達目標
細胞がエネルギーを獲得する意味と仕組み、ならびに炭素を中心とした代謝過程の概要を説明することができる。 
授業計画
【項目欄】 【内容欄】
1. 講義の概要  生物化学2の全体構成の説明.代謝とは 
2. 生命におけるエネルギーおよび生物圏におけるエネルギーと炭素の循環  生命の秩序維持とエネルギー,細胞のエネルギー獲得,生物による有機化合物の合成と分解、生物の栄養様式,光合成と呼吸,炭素循環の概要 
3. 生体内での酸化還元反応  生体内で生じる酸化還元反応について,自由エネルギー変化と代謝の起こりやすさ 
4. 活性型運搬体分子の役割  エネルギーを運搬する分子であるATP,NADHおよびNADPHについて 
5. 酵素の性質1  酵素の性質,酵素の反応速度論 
6. 酵素の性質2  酵素活性の調節機構,酵素活性の阻害剤 
7. 細胞のエネルギー獲得  糖と脂肪の分解によるエネルギー生産の概要 
8. 解糖系  解糖系の反応の詳細について,解糖系の制御機構 
9. ピルビン酸代謝  好気的および嫌気的なピルビン酸の代謝とその生理的意義 
10. クエン酸回路  クエン酸回路の反応の詳細について 
11. 脂肪酸の酸化  脂肪酸に関する基礎知識、脂肪酸のβ酸化経路 
12. 酸化的リン酸化によるATP合成  ミトコンドリア電子伝達系での反応の仕組み、酸化的リン酸化によるATP合成の仕組み,細胞におけるエネルギー生産効率 
13. 糖新生  糖新生の意義と代謝経路 
14. 植物の炭素代謝(1)  植物に特徴的な炭素代謝の概要、光合成からデンプンおよび糖代謝への流れ 
15. 植物の炭素代謝(2)  スクロース合成と分解経路、デンプン合成経路、それらの制御機構 
テキスト
【書籍名】 【著者】 【出版社】
1. Essential細胞生物学(原著第4版)  中村桂子・松原謙一(監訳)  南江堂 
参考文献
【書籍名】 【著者】 【出版社】
1. ヴォート基礎生化学  田宮信雄他(訳)  東京化学同人 
2. ホートン生化学  鈴木紘一他(監訳)  東京化学同人 
授業方法の形式
講義 
成績評価方法
毎授業後に提出する質問カードの記載内容および確認テストの解答内容を20%、定期試験の成績を80%として評価する。なお、授業回数の3分の2以上の出席に満たない場合は欠格とする。C(合格)となるためには、到達目標を最低限達成することが必要である。 
成績評価基準
受講生へのメッセージ
生物が生命を維持することができるのは,細胞内で秩序を保った化学反応(代謝)が絶えず行われているからである.また,われわれの食料は,植物をはじめとする生物の代謝作用によって合成された物質である.さらに,環境の変化に対して生物体が適切な状態を保つためには代謝が常に精密に制御されていなければならない.つまり,代謝を理解することは,生命と食料,環境の調和を理解することであり,それによって農学を化学的に捉えることのおもしろさを知ってほしい. 
参考URL
画像
ファイル
更新日時 2021/02/10 13:38


PAGE TOP