シラバス参照

科目名 薬学卒業研究基礎(薬剤学) 
担当者氏名

灘井 雅行

加藤 美紀

榊原 有季子

全開講対象学科 薬学部(6年)薬学科
年次 4年次 
クラス  
講義学期 後期 
単位数
必選区分 必修科目 
学期・曜日・時限  
部門 薬学アドバンスト教育部門-薬学研究科目群 
備考  



準備学習・事後学習
薬物動態学1、薬物動態学2、薬物投与設計の講義内容を十分理解しておくこと。なお、毎回、講義時間の2倍以上の自学自習をすること。 
課題・定期試験に対するフィードバック
課題等へのフィードバックは、随時行う。 
履修上の留意
4年次前期まで講義を通して専門薬学教育科目群を学んできたが、4年次後期からは、それぞれの配属研究室で、また実務実習でより深い薬学を学ぶことになる。したがって、これまでのように単に教科書を読む勉強から、基礎研究、臨床研究に関する新しい情報を自分で集め、自分で読み、自分の知識にする勉強へとシフトしてゆくとこが必要になる。
本科目では英語で書かれた文献(学術論文)をいかに読み、そこから得られる知識をいかに自らの研究に利用して行くかについて学習する。したがって、これまで学んできた専門薬学の知識を基に、自分自身で調べ、考え、積極的に教員と学生間で議論する姿勢で臨むこと。なお本科目は大学独自のアドバンストの内容で実施する。 
授業の概要と目的
単に教科書を読む勉強から、基礎研究、臨床研究に関する新しい情報を自分で集め、自分で読み下し、自分の知識にする勉強へとシフトすることを目指して、薬物動態学および薬物治療学、製剤学に関連する英語論文(学術論文)を利用して、その内容を科学者の視点で理解し、そこから得られる知識を問題解決のために如何に利用して行くかについて学習する。
授業は1つの論文について、以下の手順で進める。
1.学術論文を読む。
2.学術論文の内容を科学的に理解するために必要な知識を整理し、を科学者の視点で理解する。
3.学術論文の内容についてプレゼンテーションし、科学的な評価について教員、学生間で討論する。
4.学術論文から得られた知識が、基礎研究、臨床研究にどのように利用できるかについて教員、学生間で討論する。 
該当するCP(カリキュラム・ポリシー)およびDP(ディプロマ・ポリシー)
本授業はCP④およびDP④、⑤に該当する。 
実務経験と授業内容の関係
科目ナンバリングコード
PP41602 
サブタイトル
学術論文を読む。 
到達目標
薬学卒業研究のGIO:薬学•医療の進歩と改善に資するために、研究を遂行する意欲と問題発見•解決能力を身につける。
○医療人としての論理的思考力、科学的視点を身につけるため、薬学および生命科学研究に関する国際学術雑誌に掲載された文献を調査し、それを読解する能力を身につける。 
授業計画
【項目欄】 【内容欄】
1. 学術論文1
[G(1)(2)] 
薬物動態学、臨床薬物動態学に関連する学術論文 
2. 学術論文2
[G(1)(2)] 
薬物動態学、臨床薬物動態学に関連する学術論文 
3. 学術論文3
[G(1)(2)] 
薬物動態学、臨床薬物動態学に関連する学術論文 
4. 学術論文4
[G(1)(2)] 
薬物動態学、臨床薬物動態学に関連する学術論文 
5. 学術論文5
[G(1)(2)] 
薬物動態学、臨床薬物動態学に関連する学術論文 
6. 学術論文6
[G(1)(2)] 
薬物動態学、臨床薬物動態学に関連する学術論文 
テキスト
【書籍名】 【著者】 【出版社】
1. 特になし     
参考文献
【書籍名】 【著者】 【出版社】
1. 特になし     
授業方法の形式
セミナー(対面授業) 
成績評価方法
薬学卒業研究基礎評価表を用いて評価を行う。3分の2以上の出席がない場合は欠格とする。 
成績評価基準
C(合格)となるためには、到達目標を最低限達成することが必要である。 
受講生へのメッセージ
学術論文を読み、その内容を科学的に理解し、基礎研究、臨床研究に応用してゆく力は、医療人であり、かつ科学者である薬剤師にとって必須のものである。薬剤師が生涯にわたって自己研鑚し、患者の支えとなってゆくためにも、科学者の目で物事を捉え、考えられる力を身に付けて欲しい。 
参考URL
画像
ファイル
更新日時 2022/02/18 11:18


PAGE TOP