シラバス参照

科目名 栄養科学2 
担当者氏名

湊 健一郎

全開講対象学科 農学部応用生物化学科
年次 2年次 
クラス C・D 
講義学期 後期 
単位数
必選区分 必修科目 
学期・曜日・時限  
部門 専門教育部門-専門教育科目群必修 
備考  



準備学習・事後学習
1年次後期より履修している生物化学関連科目の代謝反応は必ず理解しておくこと。また,前期に開講された栄養科学1とも非常に関連しているので,必ず理解してから受講すること。予習と復習は少なくとも2時間ずつ必要である。 
課題・定期試験に対するフィードバック
履修上の留意
栄養科学1に続いて微量栄養素を中心に学修をするが,栄養科学1の際に学修した3大栄養素の代謝反応に関連する部分も多いので,必ず栄養科学1の内容を理解しておくこと。

栄養科学は、私たちヒトが健康に生きていくために食物を摂取し、またその食物が体内で利用される過程全般を研究する分野である。農学部における栄養科学は、農業生産物である食品の価値を研究する食品化学を学ぶために必要な基礎的知識を提供する分野であるとともに、医学・薬学とも密接にかかわりあう分野である。 
授業の概要と目的
本科目は応用生物化学科学位授与方針の2番の食品科学分野に関連する科目である。栄養科学2ではビタミンやミネラルといった微量栄養素の栄養科学について学修する。これら微量栄養素は、脂質、タンパク質、糖質の代謝にも補酵素として作用をするので栄養素全般の知識を学修する事になる。更に非栄養素と理解されている成分(色素類など)も体内では大切な働きをしている場合がある。即ち,本科目では微量栄養素や非栄養素の人体への作用について理解する。
本科目はDP2、CP2に該当する。

(科目ナンバリングコード:AB21304) 
該当するCP(カリキュラム・ポリシー)およびDP(ディプロマ・ポリシー)
実務経験と授業内容の関係
科目ナンバリングコード
サブタイトル
微量栄養素,非栄養素の栄養機能について 
到達目標
栄養科学1に引き続いてビタミン、ミネラル、非栄養成分の化学的性質と三大栄養素の代謝反応にどのように作用するかなど身体に対する栄養機能についての理解を深め,体内でどのような働きを担っているのかを理解する。 
授業計画
【項目欄】 【内容欄】
1. 微量栄養素および非栄養素  微量栄養素および非栄養素の位置付けと意義 
2. 栄養素の化学と機能(ビタミン)  ビタミン概論 
3. 栄養素の化学と機能(ビタミン)  水溶性ビタミンの化学 
4. 栄養素の化学と機能(ビタミン)  水溶性ビタミンの機能 
5. 栄養素の化学と機能(ビタミン)  脂溶性ビタミンの化学 
6. 栄養素の化学と機能(ビタミン)  脂溶性ビタミンの機能 
7. 栄養素の化学と機能(ミネラル)  ミネラル各論 
8. 栄養素の化学と機能(ミネラル)  ミネラル各論 
9. 栄養素の化学と機能(ミネラル)  ミネラルの機能 
10. 栄養素の化学と機能(ミネラル)  ミネラルの機能 
11. 栄養素の化学と機能(ミネラル)  ミネラルの生体内作用 
12. 非栄養素の化学と機能(植物性食品成分)  ポリフェノールの化学と機能 
13. 非栄養素の化学と機能(植物性食品成分)  ポリフェノールの化学と機能 
14. 非栄養素の化学と機能(フードファクターと疾病予防)  食品因子と生活習慣病予防 
15. 非栄養素の化学と機能(フードファクターと疾病予防)  食品因子と生活習慣病予防 
テキスト
【書籍名】 【著者】 【出版社】
1. 栄養機能化学 第3版  栄養機能化学研究会  朝倉書店 
参考文献
【書籍名】 【著者】 【出版社】
1. 最新栄養化学  野口忠、伏木亨他  朝倉書店 
2. 食品栄養学  木村修一、吉田昭編  文永堂書店 
3. 栄養学原論  渡辺昌  南江堂 
授業方法の形式
講義 
成績評価方法
定期試験にて次の基準によって評価する。ビタミン(35%)、ミネラル(35%)、非栄養成分(30%)の化学的性質と三大栄養素の代謝反応にどのように作用するかなど身体に対する栄養機能についての理解度を評価する。60%以上を合格とする。C(合格)となるためには、到達目標を最低限達成することが必要である。 
成績評価基準
受講生へのメッセージ
本科目も必須科目なので,再履修にならないように学修を進めること。そのためには,しっかり自学自修ができるノートを作成すること。 
参考URL
画像
ファイル
更新日時 2021/02/10 13:39


PAGE TOP