シラバス参照

科目名 専門演習2 
担当者氏名

伊藤 亮吉

全開講対象学科 法学部法学科
年次 4年次 
クラス  
講義学期 通年 
単位数
必選区分 選択科目 
学期・曜日・時限  
部門 専門教育科目-演習部門 
備考 学生便覧に基づき全体として講義時間の2倍程度の事前・事後学習が必要です。 



準備学習・事後学習
刑法総論、刑法各論を復習しておくこと。毎回ゼミ時間の2倍の自主学習が求められる。 
課題・定期試験に対するフィードバック
課題・レポートに関しては授業時に説明する。 
履修上の留意
ゼミ生全員が、刑法1、2を履修し、担当教員の昨年度の専門演習で行ったゼミ水準に達していること、授業開始までにもう一度教科書等を熟読していることを前提として授業を行う。課題・レポートに関しては授業時に説明する。 
授業の概要と目的
授業の進行は、前期は報告者に担当する問題点について調べた判例や学説、報告者の見解をレジュメに基づいて報告してもらい、その後全員で討論、検討する。これにより刑法解釈学の訓練を行う。報告者が図書館などを利用して発表の準備に最大限の努力をすることは当然だが、報告者以外のゼミ生もテキストの該当部分やその他の文献を十分読んで考えてきたうえで出席することも当然である。後期はゼミ生の卒業論文の作成を目的として中間報告を行う。 
該当するCP(カリキュラム・ポリシー)およびDP(ディプロマ・ポリシー)
本授業はCP3およびDP1に該当する。 
実務経験と授業内容の関係
科目ナンバリングコード
LL41101 
サブタイトル
刑法理論のさらなる探求 
到達目標
理論刑法学における重要事項の理解と、刑法的思考力の養成を目的とする。刑法学は精緻な体系的学問なので、ゼミでの議論や刑法理論上の問題点を詳細に考察して、場当たり的な発想ではなく、首尾一貫した思考方法、説得力ある論理展開を心がけてほしい。 
授業計画
【項目欄】 【内容欄】
1. ガイダンス  授業内容と進行方法の説明、ゼミ員紹介、報告者・テーマの決定 
2. 演習1  報告と討論 
3. 演習2  報告と討論 
4. 演習3  報告と討論 
5. 演習4  報告と討論 
6. 演習5  報告と討論 
7. 演習6  報告と討論 
8. 演習7  報告と討論 
9. 演習8  報告と討論 
10. 演習9  報告と討論 
11. 演習10  報告と討論 
12. 演習11  報告と討論 
13. 演習12  報告と討論 
14. 演習13  報告と討論 
15. 演習14  報告と討論 
16. 演習15  報告と討論 
17. 演習16  報告と討論 
18. 演習17  報告と討論 
19. 演習18  報告と討論 
20. 演習19  報告と討論 
21. 演習20  報告と討論 
22. 演習21  報告と討論 
23. 演習22  報告と討論 
24. 演習23  報告と討論 
25. 演習24  報告と討論 
26. 演習25  報告と討論 
27. 演習26  報告と討論 
28. 演習27  報告と討論 
29. 演習28  報告と討論 
30. 演習29  報告と討論 
テキスト
【書籍名】 【著者】 【出版社】
1. 必要に応じて指示する     
参考文献
【書籍名】 【著者】 【出版社】
1. 必要に応じて指示する     
授業方法の形式
演習 
成績評価方法
出席(全出席が当然であるが、遅刻2回で欠席1回とし、欠席5回で合格対象としない)、報告(前後期あわせて2回以上。自分の報告に欠席した場合はそれだけで合格対象としない)、ゼミ論文(10000字以上)を評価の前提として(これらの1つでも欠ければ合格対象とはならない)、これらの内容(報告20%、ゼミ論文60%)と授業態度(発言、積極性)(20%)で評価する。 
成績評価基準
C(合格)となるためには、到達目標を最低限達成することが必要である。 
受講生へのメッセージ
主体的に勉強すること。友達を作ること。友達と一緒に勉強できる環境を作ることを推奨する。ゼミ生同士が打ち溶けあい、一生つきあえるような関係を築いてもらえれば幸いである。その一環として、希望により、コンパ、ゼミ合宿、刑務所参観、裁判傍聴などを行う。学生生活最後のゼミになるであろうから、これを大いに楽しんでほしい。 
参考URL
画像
ファイル
更新日時 2022/01/05 15:53


PAGE TOP