シラバス参照

科目名 刑法1 
担当者氏名

伊藤 亮吉

全開講対象学科 法学部法学科
年次 1年次 
クラス  
講義学期 後期 
単位数
必選区分 選択必修科目 
学期・曜日・時限  
部門 専門教育科目-刑事法部門 
備考 学生便覧に基づき全体として講義時間の2倍程度の事前・事後学習が必要です。 



準備学習・事後学習
わからなくてもいいので、教科書、判例集にざっと目を通してほしい。毎回講義時間の2倍の自主学習が求められる。 
課題・定期試験に対するフィードバック
定期試験に関しては、試験終了後に、適宜質問に応じる。 
履修上の留意
教科書、判例集、六法は必携である(1回目の授業から講義を行う)。予習復習を要請する。大学は自主的に勉強する場であり、教科書等をよく読み、自分自身で考える習慣を身につけてほしい。講義はそのための一助にすぎない。 
授業の概要と目的
犯罪論の体系(構成要件論、違法性論、責任論)と構成要件の修正形式である未遂犯論、共犯論が刑法総論の中核をなす。授業は原則としてこの順序で犯罪論を講義していく。刑法総論は議論が抽象的で理論が錯綜しているので理解が難しいが、具体的な事案を考える際は、犯罪論のどこの問題でありなぜ問題となるのかを常に意識して、適切な解決を目指してほしい。 
該当するCP(カリキュラム・ポリシー)およびDP(ディプロマ・ポリシー)
本授業はCP2およびDP2に該当する。 
実務経験と授業内容の関係
科目ナンバリングコード
LL11401 
サブタイトル
刑法総論-難しいからこそおもしろい理論刑法学 
到達目標
刑法総論における基本的問題点を理解するとともに、具体的な問題状況においてそれを解決する法的思考力を養成すること、そして、自分自身の犯罪論の体系を確立できることを目的とする。 
授業計画
【項目欄】 【内容欄】
1. 刑法の基本的理解1  刑法の意義、機能、基本的概念 
2. 刑法の基本的理解2  刑法の意義、機能、基本的概念 
3. 刑法の基本的理解3  刑法の意義、機能、基本的概念 
4. 刑法の基本的理解4  刑法の意義、機能、基本的概念 
5. 刑法の基本的理解5  刑法の意義、機能、基本的概念 
6. 罪刑法定主義1  罪刑法定主義とその派生原則 
7. 罪刑法定主義2  罪刑法定主義とその派生原則 
8. 構成要件論1  犯罪論の体系、構成要件の概念 
9. 構成要件論2  因果関係 
10. 構成要件論3  因果関係 
11. 構成要件論4  故意の概念 
12. 構成要件論5  事実の錯誤 
13. 構成要件論6  事実の錯誤 
14. 違法性論1  違法性の概念、正当行為 
15. 違法性論2  正当防衛 
16. 違法性論3  緊急避難 
17. 違法性論4  被害者の承諾 
18. 責任論1  責任の概念、責任能力 
19. 責任論2  原因において自由な行為 
20. 責任論3  違法性(法律)の錯誤、期待可能性 
21. 不作為犯論  不作為 
22. 過失犯論  過失犯、結果的加重犯 
23. 未遂犯論1  未遂犯の概念、実行の着手、予備・陰謀 
24. 未遂犯論2  不能犯 
25. 未遂犯論3  中止犯 
26. 共犯論1  共犯の概念 
27. 共犯論2  犯共同正犯、教唆犯、幇助犯 
28. 共犯論3  間接正犯、共犯の諸問題 
29. 罪数論  罪数 
30. 刑罰論  刑罰 
テキスト
【書籍名】 【著者】 【出版社】
1. 刑法総論入門講義  伊藤亮吉  成文堂 
参考文献
【書籍名】 【著者】 【出版社】
1. 法律学小辞典(第5版)  高橋和之他  有斐閣 
授業方法の形式
講義 
成績評価方法
定期試験100%。 
成績評価基準
C(合格)となるためには、到達目標を最低限達成することが必要である。 
受講生へのメッセージ
刑法学、特に刑法総論は判例学説の対立が非常に激しい学問である。A説、B説、と単に説を羅列するのではなく、一貫した精緻な学問体系に配慮しつつも、自分の頭でよく考えて勉強することが大切である。法律学に正解は一つだけではない。私が授業で述べることだけが正しいのもない(それが正解といえるかもあやしい)。正解は学生諸君自身の頭で考え出した結論それ自体である。先輩や友人と、そして私とも、「楽しく」議論してほしい。刑法総論は、難しいけれども、それゆえに面白い、となってくれれば望外の喜びである。 
参考URL
画像
ファイル
更新日時 2022/02/03 21:05


PAGE TOP